今週は、メール作法とは一見関係なさそうな読書についてです。
いつもとちょっと短めのShort Version でお送りします。

◆───────────────────────────◆
仕 事 ‎Begin の メ ー ル 作 法   <【しごび】流読書のススメ(4)
◆────────────────────────────◆
                    読書をススメるそのわけは…

 今回、なぜ「読書」をテーマにしようかと思ったか。

 それは、読書によって鍛えられる力がある、と信じているからです。
 その力とは「察する」「気づく」「推し量る」力です。

 子どもの時、本を読んでいて、そこからいろいろな想像をしませんでした
 か? 大人になっても、映画のワンシーンのように一行の描写が頭にイメ
 ージされたりはしませんか。小説だと特に…。

 活字で書かれた場面を頭の中のスクリーンに映し出してみる、もっと単純
 に言えば、活字を絵に置き換える作業、それが読書です。読書を続けるこ
 とは、感性が忙しく動き回る状態の連続ですから、想像力も筋肉のように
 鍛えらていきます。

 でも、想像するだけではダメ。

 頭でっかちな理屈たれで終わってしまいます。その想像力を、実生活に結
 びつけていくことが次のステップです。

 読書で養った想像力は、表情から人の気持ちを察したり、心の動きに気づ
 いたり、動作から意図を推し量る助けになります。

 「察する」「気づく」「推し量る」力が、すべて読書から養われるとは思
 いません。本なんか読まなくてもそれができる人はいるし、読んでいても
 できない人もいます。ですが、読書で鍛えた感性が体験に結びついた時、
 その人に深みを与えるのは確か。

 日々、仕事をする中で、人間関係や仕事の流れを円滑にするちょっとした
 気遣いや心配り。それは想像力の産物です。

 「想像力が足りない」ことが原因で起こるミスやトラブルも少なくありま
 せん。今どきの凶悪な事件も、「その結果、どうなるか」という想像力が
 働けば、起こることのなかったような事件が目につきます。

 想像力が足りないのは、単純に読書する機会が減っているから。それだけ
 は断言できます。

 あなたが最近読んだ本はなんですか? ビジネス系のノウハウ本だけで満
 足していませんか? 

 ほんの少しでも心を運動させ続け、感性を鈍らせないためにも読書をおす
 すめしたいです。“感じる心”は仕事や人と関わる上での原点になると思
 うから。