今週は接点を持った相手に送るメールについてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法         < その後のメール(3)
◆─────────────────────────────────◆
質問の後で

質問や相談、お願いをメールでするということが増えてきました。
自分では見当や判断がつかないことは、それを専門とする人や詳しい人に
尋ねてみるのが近道でもあります。

ですが、メールで質問した後、質問した相手にお礼や経過報告をする人は
意外と多くありません。質問までは熱心にしても、いざ回答が返ってくる
と、それに安心・納得してしまい、その後のフォローまで気が回らないの
かもしれません。

▼ 「結果」という情報を共有する意識
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
質問者が切羽詰っていたり、真剣であるほど、回答する側も少しでも相手
の役に立ちたいと調べたり、考えて回答したりするものです。
場合によっては、質問者より回答する側のほうが時間や手間がかかってい
ることもあります。

質問したら回答者にお礼を述べるのは当たり前のことですが、それに加え、
その後どうなったか、どうしたかを折をみて知らせると、回答した側も経
過が分かり安心します。

誰かに情報を得たら、その結果を報告することで、さらに情報を共有でき
ます。たとえ、うまくいかなかった場合でも「では、こうすれば?」とい
う次のアイデアやヒントが生まれるきっかけにもなります。

聞きっぱなしで終わることがないよう、質問後のやりとりも大切にしたい
ものです。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中
「まぐまぐ大賞 2017」ジャンル別賞の知識・ノウハウ部門で5位に入賞しました!

2018.01.26【しごびトーク・カフェ】スペシャル開催。ゲスト:木村タカヒロさん

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」絶賛発売中!

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室