今週は、読者のかたからいただいた質問にお答えします
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法        < 読者からの質問(2)>
◆─────────────────────────────────◆
とんでもございません

<読者からの質問>————————————————

電話でのやりとりで、よく使ってしまう言葉で、
「とんでもございません」
があります。

しかしながら、この言葉、正しく使うのであれば
「とんでもないことでございます」となると
あるラジオ番組を通じて知ることとなりました。

自分なりに調べた結果、近似する言葉で
「めっそうにない」があるようですが、
どうも言い慣れなせいか、使いづらいです。

「とんでもございません」にかわる言葉で、何かすっきり
するものがあれば、大変恐縮ですが教えていただけませんでしょうか?

読者 N.U 様
——————————————————————

N.U さんがおっしゃるとおり、「とんでもございません」はもともと
「とんでもないことで(ございま)す」が正式な言い方とされます。

ですが、私もつい「とんでもございません」「とんでもありません」と
言ってしまいます。

相手に対して恐縮する気持ちを表す言葉としては
「おそれいります」
が代わりになるのではないでしょうか。
「めっそうもございません」よりは使いやすいように思います。

やりとりの内容にもよりますが、少し砕けた調子で
「お互い様ですから」「大丈夫ですよ」という表現もいいかもしれません。

どれが正解とは言い切れませんが、私ならこのように言い換えるという
表現を挙げてみました。

ビジネスメールを書くときのコツを7000人以上が愛読。
2005年から配信してい る無料メールマガジン
【仕事のメール心得帖】登録はこちらから

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

読んだら旅に出たくなる本「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」刊行
神垣が企画・編集を担当しました。

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。
ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。