今週は、「?」と思う言葉の使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法                 < 疑問な言葉
◆─────────────────────────────────◆
                             立場に立つ

「後で後悔する」
「犯罪を犯す」
「募金を募る」
これらは、意味が重複して使われている言葉です。

「後悔」は「後で悔やむ」ことなので、「後で」は不要。
「犯罪」は「罪を犯す」ことなので、「犯」を取って「罪を犯す」に。
「募金」は「寄付金などを募る」ことなので、「募金を行う」
「寄付金を募る」という表現が適切です。

このように同じ意味の言葉を繰り返して使っていることがあります。
メールなどでよく見かけるのが「立場に立って」。例えば

お客様の立場に立って運営方法を考えています

という一文。この場合の「立場」は「その人が置かれている、境遇・条件・
地位など」を指しますが、もともとの意味は、その字の通り「立つ場所」。

お客様の立場になって運営方法を考えています
お客様の立場で運営方法を考えています

「立場に立つ」を「立場になる」「立場で」と書き換えられます。

今週は、このようによく考えると「ちょっと変」な言葉をピックアップ
してみましょう。

ビジネスメールを書くときのコツを7000人以上が愛読。
2005年から配信してい る無料メールマガジン
【仕事のメール心得帖】登録はこちらから

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】