今週は、読者のかたからいただいた質問にお答えします
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法      < 読者からの質問(2)>
◆─────────────────────────────────◆
「小職」の使い方

企業にお勤めの女性読者からいただいた質問です。

<読者からの質問>————————————————

【しごび】愛読者の27歳OLです。
今回、質問がありメールをさせて頂きました。

メールの文中などで、自分を表現するのに使う
「小職」という言葉についてです。
これは男性言葉だという認識なのですが、あっていますでしょうか。

また、女性がメールの文中で自分のことを指し示す場合、
適当な言葉がありますか?
読者 N.O さん
——————————————————————

N.O さんは、他部署の新卒の女性社員から
「質問等ございましたら、小職までご連絡ください」
というメールを受け取り、小職の使い方に疑問を持ったとのこと。

辞書で調べますと、「小職」とは
官職についている人が自分をへりくだっていう語
とありました。

ですから、官職にあるかたであれば、男女関係なく
「小職」を使用できることになります。

民間企業の場合は、上記の意味から「小職」を使うのは適切ではないので
「質問等ございましたら、当方までご連絡ください」
のように「当方」と言い換えることができるのではないでしょうか。

あるいは
「質問等ございましたら、総務部 神垣までご連絡ください」
のように、具体的な問い合わせ先を明記するのもよいでしょう。

女性がメールの文中で自分のことを指す言葉としては
「当方」「わたくし」を私はよく使います。

「私」と漢字で書いてもよいのですが
丁寧に相手に伝えたいときは、敢えて平仮名書きで
「わたくし」としています。

「当方」「わたくし」ほど頻度は高くないですが
「神垣までお知らせください」のように
自分の姓を書くこともあります。

女性らしい表現ではないのですが
男性が相手のときは、意識して使うことが多いです
(気分的なものですが…)。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

メールの書き方に困ったら・・・

仕事で差がつくできるメール術 (青春新書INTELLIGENCE 167)