今週は、同じ読みで意味が違う言葉についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法     < 言葉の違い
◆─────────────────────────────────◆
「用件」と「要件」

パソコンで文字を入力するのが習慣化すると、
画面に出てきた言葉をうのみにしてしまい、
同じ読みで意味が違う言葉を混同したり、間違ったまま使っていることが
少なくありません。

今週は、間違いやすい同音異義語を挙げ、
意味や用法の違いを今一度確認してみましょう。

▼「用件」と「要件」
用件は「用事、伝えるべき事柄」を意味します。
例)用件のみで失礼します。 どのようなご用件でしょうか。

要件は「必要な条件」を指します。
例)資格要件 要件を満たしている。

▼「要項」と「要綱」
要項は「必要な事柄」を意味します。
例)募集要項 実施要項は下記のとおりです。

要綱は「要約した大綱」を指します。
例)バリアフリー化推進要綱 取引要綱の改定

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
【 神垣あゆみメールマガジン 】

「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で
【神垣あゆみメールマガジン】が2位に入賞しました!

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室