今週は、トラブルの元となるNGメールについてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法 < メールの「してはいけない」(5)
◆─────────────────────────────────◆
ネガティブメール

今週は、メール対応で
トラブルの元になるようなNGな内容について
取り上げてきました。

「だめ」「いや」「~ない」といった
打消し表現の多用や
相手を否定する内容など
ネガティブなメールにならないように気を付けましょう

例えば

「前例がないからだめです」
「やったことがないので無理です」
といった尻込みメール

「いやなんでパスします」
「こういう配色は好きじゃないので」
といった好き嫌いの感情に走った客観性のないメール

「どうせ、納期に間に合いません」
「多分また売れないと思います」
といった諦めメール

「だから、あのとき言ったのに」
「以前もこんなことがありましたよね」
といった過去の蒸し返しメール

「私だったら、こうしたのに」
「先に言ってくれればやったのに」
といった今さら遅い「たら・れば」メール

などが挙げられます。

そのときは面と向かって注意や指摘をせず
後になって「やはり頼むべきではなかった」と
否定したり

きちんとした指示や説明をせず、後から
「こんなことになるとは思わなかった」と文句を言ったりする
後出しジャンケンのような対応も
いただけません。

いずれも、根底にあるのは
ネガティブな感情や意識。

行動を起こす前から否定したり
自分は何もせず安易に人を批判したり
起きたことをあれこれあげつらったり
したところで、何の変化も起こりません。

「いやだ」「できない」「無理」とあらかじめ制限をかけて
やり過ごすのではなく

「こうしたらできる」「できるようにするにはどうするか」
を考え、行動に移すことが大切。

そうした前向きな意識があれば
メールの表現やメールの内容も
“人を動かす”ものに
変わっていきます。

より良い結果を引き寄せ、良好な人間関係を築くためにも
否定より肯定
ネガティブよりポジティブな
メールでのやりとりを心がけましょう。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 か ら お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

誰もがやってしまいがちな“メールでの失敗”について
紹介した過去のメルマガ記事が
『まぐまぐニュース』に掲載されています!

——————————————
社外秘をうっかり得意先にメール……
どう対処すればいいの?
——————————————

日々のメール対応にお役立てください!

記事全文を読む