今週は、ビジネスメールに取り入れられる大和言葉をご紹介
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 Begin の メ ー ル 作 法      < メールで使える大和言葉(2)
◆─────────────────────────────────◆
                          連続して何度も

今週は、ビジネスメールでも使える
大和言葉をご紹介しています。

連続して何度もメールを送ったり
一度電話を切った後、すぐに電話かけるようなときに使える
大和言葉が

「続けざま」

です。

物事が次から次へと起こる様子を指します。

「何度もメールを送って、すみません」と書く代わりに
続けざまにメールを送ってしまい、すみません」
のように使います

「続けざま」に似た言葉に
立て続けに」があります。

「客先から立て続けに問い合わせの電話がありました」
のように使います。

「矢継ぎ早」「畳み掛ける」も
「続けざま」と同じ意味の言葉です。

矢を手早く次々と弓につがえることから、
素早く続けざまに行動することが
「矢継ぎ早」

相手が考えたり反対したりする暇を与えないで、
続けざまに働きかけることを
「畳み掛ける」と言います。

例)参加者から矢継ぎ早に質問があった。

  畳み掛けるような口調に圧倒された。

「矢継ぎ早」「畳み掛ける」は
行動や動作に例えられた言葉のため
「続けざま」よりも、さらにスピード感のある
表現といえます。

 

検索して、このブログへたどり着いたあなたへ

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

好評につき、2月から第2弾の講座がスタート!

第2回め2月16日(火)のテーマは「かけひき」。
相手との駆け引き、やりとりを
もめずに丸く収める大和言葉を学びましょう。

—————————————————–
ひろしまきもの遊び・和ごころ講座
—————————————————–
【 人づきあいのたおやか大和言葉 】
—————————————————–


7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。
ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。