ビジネスパーソンのための快画塾

先週金曜日、4月7日は
「ビジネスパーソンのための快画塾」
でした。

「快画塾」は
ほぼ毎月1回、広島で開催されているのですが
今回は、敢えてビジネスパーソンを対象に企画。

初めて参加の方も多く、新鮮な展開で
楽しゅうございました。

わたし自身はもう5、6回参加しているのですが
今回、塾の最後に1分間で参加者の顔を描いていくのが
ものすごく気持ちよくて、脳が活性化されました。

1分間でモデルが変わるので
細かく描いてられず、
線だけで特徴を拾っていくのですが
わたしにはこういう描き方が一番合っているのでしょう。

わたしともう一人、ライターの参加者がいて
後で「描く」と「書く」の共通点と違いについて話したのですが
まず、全体の輪郭から描いて細部に移るわたしに対して
もっとも核になる部分から描いていくという彼女と
視点や捉え方の違いを知るのが面白かったです。

▼「書く」のが本業ですが、「描く」面白さを伝えるワークショップも開催