今週は、ビジネスメールンについての雑感です。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法    < メール徒然(2)>
◆─────────────────────────────────◆
                      企業に感じる対応の違い

 昨日紹介したのは、主に個人とのやり取りですが
 企業の場合も対応は様々です。

 例えば、
 取材先の企業が保有する広報用の画像を借りる場合も

 「USBをお持ちでしたら、すぐ取り込んでお渡ししますよ」
 「では、後ほど名刺のアドレスに画像をお送りしますね」
 という企業もあれば

 「CDに入れて、後で郵送します」
 というところ

 「ホームページから必要な画像を取ってもらえますか」
 というところまであり、いろいろ。

 さすがに、最後のケースは使えないので
 なぜ、使えないのか、説明するところから始まり、
 いざ、画像を借りようとしたら、
 制作会社が持っていて、自社にはない
 なんてことも……。

 同じ会社でも
 ある部門では、紙の資料をPDFにして添付でメール送信してもらったのに
 別の部門では、現物を「当社まで取りに来てください」と言われて
 対応の違いに戸惑ったこともあります。

 自社サイトに明記されている
 連絡用のメールアドレスにメール送信しても未達になってしまい、
 原稿確認をファクスでやりとりしたケースも。

 自社サイトを持ち、メールでやりとりする企業が大半ですが
 対応の中身は、企業によって差があり
 こちらが恐縮するほど進んでいるところもあれば、
 一から説明して、分かってもらいながら進めていく場合もあり

 一律の対応は望めないものだということを
 日々実感しています。

 会社間のやり取りで
 こうした対応の差を感じたことはありませんか?

◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

 仕事ができる人って
 そういう人だと思います。

 第267号 前提が大切2
 ————————————————–
  【 営業マン河村操はコミュニケーションする 】
 ————————————————–

 「営業活動に一番大切なもの」って何だろう・・・
 その答えが、このメルマガを読めば分かります。

 ★お申し込みはこちらから

 ▼河村さんのFacebookはこちら
 

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で2位に入賞しました!

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」2017年5月19日発売!

社内のビジネスメール教育にお役立てください!【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む