今週は、ビジネスメールンについての雑感です。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法    < メール徒然(3)
◆─────────────────────────────────◆
                  メールによる伝達は消滅するのか

 個人とのやり取りのほかに
 昨日は企業によっても
 メールやITによる対応は様々ということを
 書きました。

 前々回、前回と
 私が体験した事例を紹介したのは

 IT化が進んだ現在も
 地方だからとか
 企業規模の大小に関係なく

 目的や状況に応じて
 それぞれに異なる対応を求められることが多く
 一律な対応というのは
 ほぼないに等しい
 ということを伝えたかったのです。

 一方で、下記のような意見も
 目にし、耳にすることが増えています。

 業務上のコミュニケーションで
 メールを使う頻度がどんどん減っている
 という意見です。

 例えば
 Facebookグループなどを使うと
 必要なことをリアルタイムで写真や動画、位置情報として
 グループ全体で共有しやすく、

 スマートフォンからも処理できるので
 いつ、どこにいても対応でき
 仕事のやり取りや処理が格段にスピーディーにできる、
 と。

 だから
 ビジネスの場でメールが業務コミュニケーションの中心でなくなる
 もっといえば
 メールによる伝達は終焉を迎えるであろう
 という意見。

 私自身も数人のやり取りには
 Facebookグループを利用し、
 即、連絡したい相手には
 メッセンジャーをフル活用しています。

 でも、だからといって
 ビジネスをするうえで伝達手段としてのメールが
 Facebookグループやメッセンジャーに
 とってかわられ、消滅していく
 とも思えないのです。

 あなたは、
 ゆくゆくはビジネスメールでのやりとりは
 無くなっていく、と思いますか?

◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

 告知用のウェブサイトの絵、
 わたしが描いた絵を使ってもらってます。
 名付けて「カミガキ・モンロー」。何度、見ても笑える・・・

 ★———————————————————–★
  感性を刺激する体験の場。描いてクリエイティブな能力を育てる!
  ———————————————————–
      木村タカヒロの「快画塾」第13回』広島クラス
 ★———————————————————–★

  日 時 2017年5月13日(土) 17:00~20:00

  会 場 アステールプラザ 4階 美術工芸室
      (広島市中区中区加古町4-17)

  受講料 3500円 (税込)

  定 員 15名

 ★お申込みはこちら
 

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で2位に入賞しました!

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」2017年5月19日発売!

社内のビジネスメール教育にお役立てください!【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む
ICCT[rX dl̃[C@\ݎ󂯕t@VЈA[̏}i[ȊwKŊwׂICCT[rX