今週は、メールを書くときのひと工夫についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法 < メール文の工夫(5)
◆─────────────────────────────────◆
                     返信を確実にする結び工夫

 通常のメールのやりとりで
 件名、書き出し、本文、結びの言葉など
 定番化している文章に少し工夫を加えてみましょう
 という提案をしてきました。

 メールの最後は
 「それでは、よろしくお願いいたします」
 というフレーズで結ぶことが多いです。

 しかし、返信を要する場合は、
 その旨をきちんと伝える方が確実です。例えば……

 「それでは、ご返信をお待ちしております」

 「折り返しご連絡いただきますようお願いいたします」

 この日までに返信をしてほしいという場合は
 下記のように期日を明記しておきましょう。

 「6月12日(月)中にご返信をお願いいたします」

 返信期日までにあまり時間がないときは
 上記の一文の前に
 「恐れい入りますが、」
 「勝手を申しあげますが、」
 を添えます。

 必ず返信する必要はないが、
 何かあればいつでもどうぞ、という場合は

 「もし、不明な点がありましたら、お知らせください」

 という一文を使います。
 その際「お知らせください」の前に
 「遠慮なく」を添えてもよいでしょう。

 ビジネスメールには「定番のフレーズ」がありますが、
 状況に応じ、相手の都合も考慮したひと言を工夫することで
 相手は好印象を持つでしょう。

 紋切り型のフレーズで済ませず
 臨機応変にその場に応じた対応ができるとよいですね。

◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】 の お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

 広島の10の蔵元を紹介(取材を神垣が担当)した
 『 きもので酒さんぽ』 
 の発売を記念して
 抽選で、お2人の方にプレゼントいたします!

 ▼応募はこちら
 ———————————————-
  「きもので酒さんぽ」発売記念 読者プレゼント♪
 ———————————————-

 上記のページをクリックし
 【しごび】へのご意見・ご要望をお書きください(250文字以内)。

 本日、6月9日(金)23時59分が
 応募の締め切りです!

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で2位に入賞しました!

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」2017年5月19日発売!

社内のビジネスメール教育にお役立てください!【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

ICCT[rX dl̃[C@\ݎ󂯕t@VЈA[̏}i[ȊwKŊwׂICCT[rX