今週は、硬い文章をやわらかくする工夫についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法      < 漢字表記を読みやすく(3)
◆─────────────────────────────────◆
漢字で片づけない

今週は、漢字を仮名に開くと
文章の印象がどのように変わるかを
例を挙げながら紹介しています。

メールで相手に頼みごとをするようなとき
「依頼します」では硬いので
「お願いします」と書き換えることが多いのですが、

同様に
熟語のような漢字表記を仮名で開いてみましょう。例えば

・依頼する・懇請する → お願いする
例)先日、お願いしていた件

・措置 → 取り扱い
例)適切な取り扱い

・即応 → 即した、応じた、かなった
例)時代に即した、時流にかなった

・充当 → 充てる
例)建設費に充てる

・充填 → 詰める、満たす
例)隙間にセメントを詰める

・一環として → 一つとして
例)周年記念の一つとして

漢字の語句でまとめる方が文は短くて済みますが、
一文に漢字比率が多くなると
堅苦しい文章になりがちです。

適度に仮名で開いた語句を用いると
文の印象が和らぎます。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

「きもので酒さんぽ」著者 澤井律子さんの
ワークショップ【ふだんのきもの】の第4回のテーマは
「てぬぐい ふろしき」

▼詳細はこちら
「ふだんのきもの」ワークショップ

広島 蔦屋書店でも絶賛発売中!
『きもので酒さんぽ』 

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で2位に入賞しました!

「書く」と「描く」はどこかでつながっている「わたしの快画体験」

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」絶賛発売中!

社内のビジネスメール教育にお役立てください!【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む
ICCT[rX dl̃[C@\ݎ󂯕t@VЈA[̏}i[ȊwKŊwׂICCT[rX