今週は、気をつけたいメールの敬語の使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法 < うっかり敬語 >
◆─────────────────────────────────◆
                       「研修させていただく」

 現場で実地研修を受けた
 新入社員の研修レポートに

 「○○○で研修させていただきました」
 という一文がありました。

 ○○○はその会社が管理している施設名です。

 自社の研修を、会社が管理する施設で受けたことを
 丁寧に言おうとして
 「研修させていただく」を使っていますが、

 研修は会社が新人教育のために行うもので
 社員が研修を受けるのは当然のことでもあり、
 会社に提出するレポートで
 自分をへりくだって言う必要はありません。

 レポートに書くとしたら

 「○○○で研修がありました」
 「○○○の研修を受けました」

 と、事実を述べる文にして
 問題ありません。

 入社早々の新人からすると
 自分が会社の一員であるという認識より
 会社を自分より一段上に見てしまうために
 不要な敬語を使ってしまったのかもしれません。

 今週はこのように
 うっかり間違えて使いやすい敬語について
 取り上げていきます。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で2位に入賞しました!

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」絶賛発売中!

社内のビジネスメール教育にお役立てください!【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む
ICCT[rX dl̃[C@\ݎ󂯕t@VЈA[̏}i[ȊwKŊwׂICCT[rX