今週は、使い方により表記が異なる言葉を取り上げます。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法   < 表記の使い分け
◆─────────────────────────────────◆
                     「知れない」と「しれない」

 「知れない」と「しれない」。
 使い分けしていますか?

 「知れない」は、分からないという意味。
 動詞「知れる」の未然形「知れ」+打消の助動詞「ない」
 からなる言葉です。

  例)気が知れない 底知れない
    もう何年も行方が知れない。

 一方、
 「かもしれない」「したかしれない」「するかしれない」
 のように、前の言葉を補助する形で使うときは平仮名で表記します。

 確実ではないけれど、そうである可能性がある場合に使うのが
 「かもしれない」。
 「どんなに」と呼応して、予想がつかないほど甚だしい状態を
 「どんなに~かしれない」のように使います。

  例)間違いかもしれない 
    どんなに練習したかしれない
    部長が佐藤さんをどれほど必要としいるかしれない。

 「かも知れない」と表記しても間違いではありません。

 ただ、新聞の統一表記では、
 「知れない」と「しれない」を使い分けており、
 その方が意味の違いが分かりやすいので
 当メールマガジンではそれに準じています。

 ※「記者ハンドブック 第13版 新聞用字用語集」参照
   

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で2位に入賞しました!

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」絶賛発売中!

社内のビジネスメール教育にお役立てください!【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む