今週は、メールで使える気の利いた言い回しを紹介します。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法 < 仕事に使える大和言葉(2)>
◆─────────────────────────────────◆
                決して特別ではない、と伝えるときに
 
 「ご多分に漏れず」

 「例に漏れず」と言い換えることができるように、ほかと同様に、例外で
 なく、という意で使う言い回し。

 例えば、他社と同様の課題や問題を抱え、自社も同じ状況である、と伝え
 たい場合
 ————————————————–
 ご多分に漏れず、当社も人手不足に悩まされています。
 ————————————————–
 のように使います。

 自分の例を挙げ、それが特別なことではないと伝える場合も
 「ご多分に漏れず」を下記のように使うと説得力が増します。
 ——————————————————————
 私もご多分に漏れず、仕事のストレスから体調を崩した時期があります。
 ——————————————————————
 ————————————————————
 私もご多分に漏れず、メタボと診断されてから運動を始めました。
 ————————————————————

 「ご多分に漏れず」は、思わしくない状況が他と同様である
 というときに用いる言い回しです。

 「カープ人気の影響でご多分に漏れず、関連グッズがよく売れる」
 といった好調で、良い状況のときには使いません。

 また、表記するときは
 「ご多聞」ではなく「ご多分」と書くので、注意が必要です。

 ※参考
 ▼「ごたぶん」< 間違いやすい漢字(4)>VOL.1920
 

◇─────────────────────────────────◇
 あ と が き
◇─────────────────────────────────◇

 【仕事美人のメール作法】は、2005年1月10日に創刊しました。

 おかげさまで本日、13周年を迎えます。

 これもひとえに読者の皆様のおかげです。
 当メールマガジンをご愛読いただき、ありがとうございます。

 創刊時は938名の読者数が、今では7,328名に。

 でも、リアルにお目にかかった読者の方は
 ほんのひと握りに過ぎません。

 読者の集いを開催すると、参加者から必ず言われるのが
 「同じメルマガを読んでいるというだけで
  初対面なのに話ができる。なんだか通じるものを感じる」
 ということ。

 こんなふうに
 読者同士がわいわいとしている中に混ざって
 ヘラヘラしている状況が
 わたしの一番好きな風景でもあります。

 読んで楽しく、ためになるメールマガジンを目指して
 配信していきますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。
ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中
「まぐまぐ大賞 2017」ジャンル別賞の知識・ノウハウ部門で5位に入賞しました!

気持ちよく楽しく描いて、絵を描く本能を目覚めさせる「快画塾」
広島T-SITEにて3月31日(土)開催!

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

ICCT[rX dl̃[C@\ݎ󂯕t@VЈA[̏}i[ȊwKŊwׂICCT[rX