今週は、メールで使える気の利いた言い回しを紹介します。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法 < 仕事に使える大和言葉(4)>
◆─────────────────────────────────◆
                     目上の相手からもらうこと
 
 「賜る」

 人から何かをもらう場合、それが目上の相手からのときに使うのが「賜る」
 です。へりくだって相手を立てる謙譲語として用います。

 ————————————————
 この度は結構なお品を賜り、ありがとうございます。
 ————————————————
 
 このように贈答品のような形のあるものをもらったときに使うほか、
 目に見えないものをもうときも

 ——————————————–
 このような機会を賜り、心より感謝申しあげます。
 ——————————————–

 ——————————————–
 来賓の佐藤様からお言葉を賜りたいと存じます。
 ——————————————-

 このほか、客先に対しては「ご愛顧を賜り」、人との出会いには「ご縁を賜り」
 を使います。

 相手から自分には過ぎた言葉や心遣いをしてもらったときに、相手に対する
 敬意を込めて使うことの多い言葉です。式典や改まった席でも用います。

 上司の指示や客先からの依頼を引き受けるときにお受けする、という意味で
 「承る」は、目上の相手からの命令を「受け」て「いただく」という意の
 「受け賜る」から生じた言葉です。

 
 ※参考 「もらう」の謙譲語 など
 ▼「くれる」「もらう」「あげる」< 敬語の言い換え(4)> VOL.781
 
◇─────────────────────────────────◇
 あ と が き
◇─────────────────────────────────◇

 神垣7冊目の著書
 『仕事で差がつく言葉の選び方』
 1月7日に書店、Amazonなどのネット書店にて発売になりました。

 本書の特長は、
 大和言葉をベースに
 ビジネスメールや職場の電話対応に使える
 言い回しを紹介している点です。

 その数、250語余り。

 これまで、大和言葉ををテーマにした書籍の編集に携わり、
 わたし自身も大和言葉講座を開催してきて
 「気の利いた言い回しが使えるようになりたい」
 「人とはちょっと違う言葉遣いができるようになりたい」
 と望む人が多いことを実感してきました。

 現在、実施中の読者アンケートの回答にも
 興味のあるテーマとして
 「ビジネスに使える大和言葉」を挙げる方が全体の25%。

 読者の4人に1人という割合で
 「間違いやすい言葉」に次ぐ高い関心を集めています。

 わたし自身も40代に入って以降
 若者が使うような言葉や流行語を追うのは卒業して

 大人の女性にふさわしい品と教養が感じられる言葉づかいをする人
 への憧れが強くなりました。

 容姿は加齢とともに衰えていきますが、
 内面は幾つになってからでも向上できるし、
 豊かにしていくことができますもんね。

 大和言葉を
 特別なときに使う言葉としてではなく
 仕事や人づきあいなど、
 普段から使えるようになるための助けになれば、と企画したのが
 『仕事で差がつく言葉の選び方』
 です。

 本書の帯にもありますが

  感謝の気持ちはより際立ち、
  拒否や抗議は角が立たない……

 そんな言葉を集めた一冊です。

 大げさでなくお礼やお詫びの気持ちを伝えたいとき、
 紋切り型ではない表現で印象づけたいとき、
 ぜひ、ページをめくってみてください。

 よそ行きでなく
 日常の仕事のやり取りに使える
 きらりと光る言い回しが見つかると思います。

 神垣 あゆみ 著、山岸 弘子 監修
 『仕事で差がつく言葉の選び方』

 でも、思うんです。「出版、おめでとう」と言われているうちは、
 書き手としてまだまだだなぁ、と。
 「新刊、買うね」「買ったよ」と言われるようにならないと……。

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。
ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中
「まぐまぐ大賞 2017」ジャンル別賞の知識・ノウハウ部門で5位に入賞しました!

気持ちよく楽しく描いて、絵を描く本能を目覚めさせる「快画塾」
広島T-SITEにて3月31日(土)開催!

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

ICCT[rX dl̃[C@\ݎ󂯕t@VЈA[̏}i[ȊwKŊwׂICCT[rX