今週は、読者の方からの質問に答えます。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 Begin の メ ー ル 作 法            < 読者からの質問
◆─────────────────────────────────◆
「~いたします」の表記と使い方

<読者からの質問>—————————————————-

1)「~いたします」は漢字と平仮名とで使い分けがあるのでしょうか。
(例:ご連絡致しました。ご連絡いたしました。)

2)目上の方に「~いたします」ではなく「~します」と申し上げるのは失礼な
のでしょうか。
(例:よろしくお願い致します。よろしくお願いします。)
(読者 Y.Nさん)
———————————————————————-

1)の回答
私の場合ですが、「する」の謙譲語「いたす」として使う場合は平仮名表記に
しています。

共同通信社「記者ハンドブック」では、「致し方ない」「不徳の致すところ」
などの慣用句には「致す」を用いています。

漢字表記でも差し支えないのかもしれませんが、日常的に「~いたします」
「~いたしました」をよく使うため、字面が和らいで見える平仮名表記を使っ
ています。使用頻度の高い「ください」も同様に平仮名表記にしています。

2)の回答
「~いたします」とする方が「~します」よりも丁寧というだけで、「~しま
す」としても失礼ではないと思います。

例えば、メールでよくやり取りする直属の上司へは「~します」、重要な客先
の管理職や社内でもめったにやり取りすることのない役員に対してメールを送
るような場合は「~いたします」を使うという感じでしょうか。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

「書けるいい女」になる講座、第6回は明日、5月22日(火)。

テーマは、仕事のミスをフォローするときのひと言です。

————————————————-
大人のたしなみ「大和言葉で書く一筆箋」講座 第6回
——————————————–

★8冊目の著書「迷わず書けるメール術」5月20日発売!

読んだら旅に出たくなる本「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」5月13日刊行
神垣が企画・編集を担当しました。

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。
ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。

書けるいい女になりましょう。大和言葉で書く一筆箋講座「行書コース」開講

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中
「まぐまぐ大賞 2017」ジャンル別賞の知識・ノウハウ部門で5位に入賞しました!

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室