おはようございます。自称「晴れやかな気分の女」神垣です。

令和を迎えて最初、

そして、3300号目のメールマガジンをお届けします。

令和を迎えて初の配信が3300号。

平成17年にこのメールマガジンを創刊した当初、
まさか時代をまたいで配信することになろうとは思ってもいませんでした。
でも、なんだかうれしいものですね。

さて、長い連休、いかがお過ごしでしたか?
わたしは平成最後の4月30日と令和最初の5月1日に
神社に御朱印をいただきに行ってきました。

4月30日は比較的自宅から近い三輪神社、
5月1日は自宅に近い草津八幡宮、事務所に近い住吉神社へ。
行列ができなさそうな神社を選んで行ったので、すんなり。
良い記念になりました。

あとはもっぱら自宅か事務所で過ごし、
仕事机や本棚の整理をしていました(はかどらなかったけど)。
連休中に断舎離したという方、多いのではないでしょうか。

5月5日のこどもの日には、「快画塾」広島クラスを開催。
カープのデイゲームと同日、同時間帯でしたが
山口県光市からの参加者や、ご夫婦での参加者もあり
快画の花が咲きました。

快画講師を始めてから思うのは
場と人が変わると、反応も描かれる絵も
一つとして同じものはなく、多彩で多様なこと。
講師のわたし自身も見ていて面白いし、興味深いのです。

快画は「上手く描くこと」を目指しません。
絵の経験の有無、年齢に関係なく
どなたでも気軽に参加できるワークショップです。

次回の「快画塾」の予定はこちら

「快画塾」3時間コースは、関東・関西の各地で体験できます。

▼日程一覧はこちら

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3300あとがき より

▼「書く」のが本業ですが、「描く」面白さを伝えるワークショップも開催

▼最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む