おはようございます。自称「お店に行きたい女」神垣です。

今度上京するときは、恵比寿を目指します・・・

おすすめの映画があります。
「カンパイ! 日本酒に恋した女たち」というドキュメンタリー映画です。

日本酒を造る人 今田酒造本店の女性杜氏 今田美穂さん
日本酒を注ぐ人 東京・恵比寿の日本酒バー店長 千葉麻理絵さん
日本酒を広める人 ニュージーランド出身のレベッカ・ウィルソンライさん
という3人の女性を追っています。

「日本酒はちょっと……」と苦手な人ほど
観ていただきたい映画。

なぜなら、日本酒に対するイメージが一変するから。
そして、「日本酒、飲んでみようかな」という気持ちにきっとなるでしょう。

好きとか嫌いにかかわらず、
この映画を観れば、日本酒への興味がわくはず。

例えば、映画に登場する
日本酒バー「GEM by moto」店長の千葉麻理絵さんの
日本酒への思いと取り組み。

見た目フンワリ系の彼女ですが
大学では食品の物質工学を専攻し、元SEという
理系女子。

新宿の日本酒スタンドに転職後、利酒師の資格を取得し
日本各地の酒蔵へ通い(→その時の様子も映画で紹介)、
酒類総合研究所の研修で専門知識を身に付けた後
開店したのが日本酒バー「GEM by moto」です。

彼女の凄さは、日本酒を科学的なアプローチで捉え
何と日本酒を合わせると“起爆”するかを追求しているところ。
感覚だけでなく、裏づけがあるんです。
だから、多くの人を魅了し、説得できる。

そして、彼女の情熱は
「恋して」ないと、きっと生まれない。

まずは映画をご覧いただきたいのですが
上映する劇場、日程が限られています。

「観られない」という方はぜひ、麻理絵さんのこの本
読んでみてください。

千葉 麻里絵・宇都宮 仁 著
「最先端の日本酒ペアリング」

日本酒を知らない人生より、知っている人生の方が
ちょっとだけ世界は広がるはず。だって、自国のお酒ですもん。

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3180 あとがき より

▼「書く」のが本業ですが、「描く」面白さを伝えるワークショップも開催

▼最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む