広島クラスが2019年の最終開催です。
    2020年は福山クラスを1月に開催します。
   
    ※ 2020年1月から、参加費が下記に改訂されます。   
     大人:5000円(税込)  
     子供(中学生以下):2000円(税込)   
▼光クラス  11月10日(日)13:30~16:30  参加者の感想はこちら ▼大阪クラス  11月16日(土)13:30~16:30  参加者の感想はこちら ▼金沢クラス    11月17日(日)9:00~12:00  参加者の感想はこちら    ▼日貫クラス  11月23日(土)13:30~16:30  参加者の感想はこちら ▼米子クラス  11月24日(日)13:30~16:30   参加者の感想はこちら ▼広島クラス   12月7日(土)13:30~16:30 参加者の感想はこちら ▼福山クラス   1月25日(土)13:30~16:30

記事全文を読む

おはようございます。自称「整える女」神垣です。

「自律神経コントロール」シリーズ、第2弾です。

今回、この本を紹介するのは、
楠木建さんのTwitterの投稿で見かけたからです。
引用しますと・・・

【本】小林弘幸『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』。
この本が出たあとに小林先生の話を聞いて目から鱗が落ちた。
いまでもときどき読む。人にもよく薦めている。
自律神経パラダイムが明確なので説明に説得力があり応用も効く。
すなわちためになる。

このツイートを読んで、本を即買いしました。
本書にはこうあります。

自律神経についての正しい知識を持っていなかった頃の私の体調は最悪でした。
頭痛や不整脈に悩まされることも多く、年中風邪をひいていて、休んでも
なかなか疲れがとれず、精神的にも短気でつねにイライラしていました

どのような業界でも私のように仕事が好きで、ろくに休みもとらず、がんばって
いる人はたくさんいます。そのなかには、かつての私のように、さまざまな症状
に苦しみながら仕事をしている人もたくさんいると思います

目の前の仕事にやりがいがあり、なおかつその仕事が好きだと、人はついつい
仕事を優先して自分の体のことを後回しにしてしまいます。しかし、自分の
体をいたわることこそが、その大好きな仕事でより高い成果を出す最善の方法
だということがわかれば、優先順位はおのずと変わってきます

ま~さ~に~。

仕事のパフォーマンスを上げるには、体をいたわることが先決、ということに
わたしはなかなか気づけませんでした。

目の前のことを消化するのに追われ、体のことは後回し。
だから、うがい手洗いを徹底しても毎年風邪をひいていいたし、
仕事に追われるほど短気で、イライラすることがエスカレート……。

結果、仕事のパフォーマンスが落ちる、やる気が失せる、という状態が
50歳前あたりから続いていました。

最初は更年期かと思っていたのですが、
多分、私の場合は、自律神経のバランスが崩れていたからであろう
ということを本書を読んで得心しました。

そこで、
生活の中に自律神経のバランスを整える習慣を取り入れることで、
心身は見違えるほどいいコンディションを保つことができます
という本書に触発され、わたしが始めたことは……

・お酒を飲むときは同量の水を一緒に飲む
・朝一番にコップ一杯の水を飲む
・食後に眠くならない食べ方の実践(昼食前に300~500cc程度の水を飲み、
腹八分目で、ゆっくり時間をかけて食事をする)
・夕食後の最低30分の散歩
・自律神経のバランスを整え、自律神経のレベルを上げる4種類の準備運動

これらは主に「体の整え方」ですが、「心の整え方」も本書にはあります。

・意識的に口角を上げ、笑顔でいる
・「にっこり、ゆっくり」を意識する
・「その日ちばん失敗したこと」「その日いちばん感動したこと」
「明日の目標」を毎日書き留める

などですが、わたしが最も大事なことだなぁと赤線を引いたのが
「心に余裕をもたらす魔法の言葉『アフターユー』ということ。

では、「アフターユー」とは?

ぜひ、本書を読んでみてください。
きっとあなたが変わるきっかけになるはず。

小林弘幸 著「なぜ、『これ』は健康にいいのか?

小林先生、すごい数の著書がありますが、もう1冊の
「一流の人をつくる 整える習慣」もおすすめ。

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3343 あとがき より

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む