おはようございます。自称「ジンジャーな女」神垣です。

 ショウガってほんと、しょうがないなぁ・・・
 先日、「ジンジャーシロップ」のメーカーを取材しました。

 広島県福山市には、知る人ぞ知るショウガの産地があり
 そのメーカーでもシーズン中は地元のショウガをメインに使用。

 生産農家は土壌作りから丹念に取り組んでいて、
 出荷量に限りがあり、通年で収穫がかなわないとのこと。

 でも、消費者としては
 その限定感にそそられます。

 シロップづくりの工程も取材したのですが
 数人のスタッフがオール手作業で作っていて
 新商品の開発にも積極的。

 お惣菜として開発中という
 刻んで甘辛く煮たショウガ試食させてもらったのですが
 これがもう、ごはんにも合うけど、酒にも抜群に合う感じ。
 
 取材後、買って帰ったことは言うまでもありません。
 そして、毎朝、ごはんと一緒にいただいています。

 ショウガのジャムも購入したのですが
 これもパン以外にお肉やチーズにも合って旨し。

 ショウガの可能性を大いに感じた取材でした。

 ▼ジンジャーダイヤモンド
 


 冬季限定の「シナモンアップル」も注目。
 広島のマルシェで完売だったとか。

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3361 あとがき より

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】

記事全文を読む