おはようございます。自称「どこ見てるんだ? な女」神垣です。

 「モテる。絶対にモテるわ、この人」と思いました。

 8月18日放送の「情熱大陸」に
 国文学者の中西進さんが登場。
 普段は寝ている時間ですが、久しぶりに「情熱大陸」を見ました。

 御年89歳とのことですが
 見た目も言動も、まったく年齢を感じさせない
 清々しさ。

 好奇心と探求心が旺盛な人は
 年齢を感じさせないものですが
 中西さんもその典型。

 国文学者で、万葉集研究の第一人者でありながら
 知らないことがまだまだある
 と放送でも語っていました。

 思うに、
 精神の若さを際たせるのは
 夢中になる「なにか」を持つことなのかもしれません。

 見た目の若さを取り繕うより
 感性の豊かさとか柔軟性が
 人をつくる、特に50代以降は……
 という気がします。

 ええもん見させてもらったぁ、という30分でした。
 見逃した方、「見逃し配信」でまだご覧になれますよ~。

 ▼「情熱大陸」国文学者/中西進
 「令和」の考案者と目される万葉集の研究者
 その原点にある少年期の戦争体験を語る
 

 中西進さんは
 広島高等師範学校付属中(現広島大付属中・高)に
 2年間、在学。

 東京に転校後、広島に原爆が落とされ
 恩師や同級生が亡くなった、という記事が中国新聞に掲載されていました。

 ▼被爆死の恩師、令和に悼む 中西進さんら「万葉集語りたかった」

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3369あとがき より

▼「書く」のが本業ですが、「描く」面白さを伝えるワークショップも開催

▼最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】