まぐまぐニュースに過去のメルマガ記事が紹介されました。

https://www.mag2.com/p/news/415529
ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

まぐまぐニュースに過去のメルマガ記事が紹介されました。

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

9月2日の日曜日に広島で「快画塾」を開催しました。

いつも参加者へはお礼のメールを送るのですが、
さらに返信をくださった参加者のメッセーがうれしかったので
紹介します。

こちらこそ、楽しい時間をありがとうございました。
 私は、プロではないのだから、自分が気持ちよく、
 楽しく描ければいいのだったと、気づきました。

 左脳から、右脳にスイッチする快感を少し知ってしまいました。

 トレーニングして、右脳から生まれるものを楽しみにしたいと思います

この「左脳から右脳にスイッチする快感」を3時間のワークショップで
すぐに感じてしまう方がいる反面

スイッチが切り替わるのに時間がかるタイプもいます。
わたし自身がまさにそうでした。

頭で考えすぎる傾向が強いと、このスイッチがなかなか切り替わらない。
だから、わたしは講師になる前、
10回近く「快画塾」へ通っています(←しつこい)。

ワークショップの参加者から、こういう質問をいただくことがあります。

> 2回目以降は、初回と比べて、教え方や描く順番、方法も
違ってくるのでしょうか?

2回目以降も、ワークショップの内容は同じです。

だから、1回参加して
「左脳から右脳にスイッチする快感」を知ってしまい、
また参加したいという人

逆に、わたしのようにスイッチを見つけるためにまた参加する人
がいます。

さて、あなたはどちらのタイプでしょう?

神垣の「快画の旅」はまだまだ続きます。

▼金沢クラス
10月13日(日)13:30~16:30

▼福山クラス
10月19日(土)13:30~16:30

▼光クラス
11月10日(日)13:30~16:30

22日の広島クラスでは、
参加者の中にデザイン会社を経営している方がいたのですが
「快画って企業研修になりますね」と言ってくれたのが
うれしかったです。

また、ワークショップを通じて
十数年ぶりに再会できた方がいました。
広い島と書く広島ですが、実のところ「狭島」です。

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3392 あとがき より

▼「書く」のが本業ですが、「描く」面白さを伝えるワークショップも開催

▼最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

日 時   2019年9月22日(日)  13:00~16:00  

場 所    神垣あゆみ企画室 

参加者の感想

■ おもしろかった! です。見たままを描く、形でとらえると「描けるかも~」と思えるし「描けてる~」と思えました。(上手く、似てる、常識で描く)から離れると、絵はとても楽しいです。みんな「自分の絵」になっていて良いですね。

■  絵画ではなく快画なので、どういった内容なのか、とても楽しみにして来ましたが、思っていた以上に描くことって楽しい。無になって描くこと、こうすればいいのか、と知ることができてよかったです。上手くできなくていい。家でもやってみようと思います。

■  楽しかったです。家に帰って、何かまた描いてみたくなりました。発想の転換というか、思い込みのしばりからの解放というか、絵を描く苦手意識はなくなりました。

■  見ずに線を引く、逆さ描きをやってみようと思った。でも、見ずに線を引くのは、ちょっと何をやっていいのか迷った。いろんな方が集まっていて、みんな絵を習おうという人は感じの良い人が多いなと思った。

■  「目からウロコ!」自由に描く楽しさ、上手く描かなくてよい解放感を味わえました! 無心になるのはなかなか難しいけれど、日常の中でこういう時間を持つこともすばらしいですね。楽しかったです。

■  とても楽しく、あっという間の3時間でした。絵を描くことももっと気楽に取り組む楽しさを発見できました。とても楽しかったです。また是非、参加させていただければと思います。

■  最初は上手に描けるか心配だったけど、見た物そのままでいいときいて自信をもって描いてみたら、まあまあ上手に描けたので良かったです。(小4男子)

■  自分の知らない一面が見えたような気がしています。デザイナーとしてとか、良い絵を描くということだけでなく、楽しみながら絵を描いてみたい! というフタが開いたと感じてます。家でも息子と一緒に絵を描くのを楽しみたいと思います!!

■  あっという間の3時間。3枚目からは描いていることを忘れるくらい時間がきて「はっ」と我に返るような感じでした。上手く描くとか、そっくりに描くのではなく、 気持ちいい!  見たままを記録するって芸術じゃない! とか思ってしまいますが、「生まれたもの」を見ると、意図しないっもの=芸術らしきものになっていて、本当に私が描いたの? という気持ちよさとなりました。楽しい時間をありがとうございました。

記事全文を読む

先週、9月14日は福岡で「快画塾」を行いました。

福岡市内・近郊はもとより、熊本、北九州、長崎からの参加者もあり
うれしく、ありがたい限り。

中には、カップルやご家族での参加もあり
和やか、かつ楽しい3時間でした。

「快画」では上手いとかそっくりに描くことは目指しません。
最初の3枚はわたしを描いてもらうのですが
3枚とも描き方を変えていき、
「どんな絵が生まれるか」を
参加者全員で一緒に見ていきます。

描き終えた後、一人ひとりに
「描いたとき、どんな感じでしたか?」と尋ねるのですが
「ちょっと描くのを失敗しました」なんて声もあがります。

でも、それは失敗ではあません。

「上手く描く」という観点で描けば、失敗と映る線も
「快画」では、失敗ではなく「それもあり」。

描いた本人は「失敗」と思っても
その絵を見た人は、その線があるから面白いと捉えたりするからです。

自分で「失敗」とか「下手」と決めてしまうのではなく
絵を見る人の声に耳を傾けると
自分とは違う見方をしていることが分かり
自分の絵に対する見方も変わってゆく……。

「快画」の魅力は、そんな「場の力」でもあるのです。

自分の絵の変化、人の絵の変化を
「見る」時間を共有するのも、
きっと楽しく新鮮な体験になるはず。

にしても。今回の参加者は総じて素直。
戸惑いながらも
素直に聞いて、素直に描いていて屈託がない。

日頃から「素直でない」わたしは
そうありたいなぁと、しみじみ思ったのでした。

「快画」福岡クラスにご参加くださった皆さん
ありがとうございます。また、お会いしましょう。

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3388 あとがき より

▼「書く」のが本業ですが、「描く」面白さを伝えるワークショップも開催

▼最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

日 時   2019年9月14日(土)  13:30~16:30  

場 所    ツバキ会議室 

参加者の感想

■「上手く描かなきゃ」とか、人に上手いと見られたいといった意識がありましたが、枚数が進むにつれて「良く見られたい」といった気持ちが薄れていったようにいます。もっと続けたら、傑作ができるかもしれません。絵を描いてスッキリしたのは久しぶりです。

■3時間があっという間で、とてもとても楽しい3時間でした。普段、自分がどれだけがんじがらめの中にいるのかを実感しました。仕事の役にも立ちそうですし、本当に参加して良かったです。家でも逆さスケッチやってみます。新しい発見、楽しみです。

■大人になって絵を描けるようになりたい、と思った私は、いつの間にか“そっくりに描くこと=上手” という固定観念があったんだな、と思います。参加者の皆さんの絵を見ることができたのも、とても面白かったです。モチーフは1つなのに、18通りの個性ある絵を見て、こんな捉え方があるんだ! と発見がたくさんありました。

■今回、「自分」の目が見たままのものを描くためのヒントを得ることができた。対象の本質を着飾らずに描けるようになったかもしれない。顔だけでなく風景なども本日の学びを活かして描けるようになりたい。

■こりかたまった頭がしっかりほぐれて楽しかったです。自分のタッチのヒントが見つかった気がします。家でももっとたくさん描いてみたいと思います。新しい世界が見えた気がします。

■実線にするところとの区別が難しいですね。持ち帰って自分でも考えてみます。

■創造力とイメージで表現するのがお芝居で、今回のワークはその反対だと思いました。ただ「邪念を捨てる」ということは、演技でいうところの「力を抜く」ということかな? と共通性があるような気がしました。

■美術=創造と思っていましたが、描くほどに気が楽になりました。これからの人生もこんなふうに描く瞬間があったら、より面白くなると思いました。良い意味で自分らしさがとれました。楽しい時間をありがとうございました。

■他の方の作品を拝見できて楽しかったです。日々、物事を決めつける感覚、概念にとらわれがちですが、自分の気持ちが解放された感じでした。すごく面白かったです。
子どもたちと一緒の時間を楽しみながら共有できたのでよかったです。わが家は今後も各自の個性を活かしながら生きてゆこうと思います。

■面白かった。少し難しかった。反転は面白かったです。またのお越しをお待ちしております。

■固定観念にかたまっている自分がはっきりとわかりました。ちゃんと描くと思いすぎてるのかな。楽しかったです。また参加したいと思いました。

■最初は、どうなることかと思ていましたが、枚数を重ねるうちに楽しくなってきました。ちょっと絵の描き方に対する考え方が変わった気がします。

■最後の絵を描くとき「無で描く」「描き続ける」「それだけする」ができました。最近は、仕事、家事、育児と何かしながらも他のことを考えることが多く、ひとつのことをすることが久しぶりでした。何か気分転換する時にひたすら描くってしてみようと思います。

■とにかく初体験の描き方ばかりでとまどいましたが、一度枠からはずれて、無と楽しさと両方味わいました!! 逆さバージョン楽しかったです!!

■とにかく描くことが楽しくて、もっと自分の思いもよらない線をたくさん描いてみたいと思いました。

■初めてのことだらけで戸惑いつつも楽しみました。(紙を)見ずに描くという、きれいに描けなくて当然という状況だったので、恥ずかしいという感覚も捨てられたように思います。

■すごく楽しい3時間でした。よく見る、形そのものを見る、という単純な行為がなかなか難しい。家でもやってみます!

■楽しかったです意。やっぱり絵は上手ではないと思いますが、時々こうやって描いてみようと思います。

記事全文を読む