里山の一軒家で、至福の時を過ごしました。

 その場所の名は、島根県邑南町日貫(おおなんちょう・ひぬい)。

 赤瓦の古民家をリノベーションした
 一棟貸しの宿「日貫一日(ひぬいひとひ)」の
 安田邸 に宿泊しました

 土間のキッチン、
 畳の居間、
 板の間の寝室(クイーンサイズとツインサイズの2ベッドルーム)に
 ひのき風呂という間取り。

 ウッドデッキからは、夜は満天の星空、朝は山からのぞく日の出を
 眺めることができます。

 夜も朝も
 近くに流れる小川のせせらぎの音しか聞こえません。

 圧巻は、足を伸ばして入浴できる
 ひのきのお風呂。
 柚子を浮かべて、柚子風呂を楽しみました。
 タオルもふかふか。

 洗面やトイレなども
 シンプルだけど、質の高い材料を使った造り。

 ハンドソープやアロマディフューザー、消臭剤も
 専門家によるオリジナルの香りで
 とにかく一つひとつのしつらえに
 気配りが感じられるのです。

 わたしは一人で宿泊したのですが
 こういう人の心遣いを感じると
 全然寂しくなかったです。


 夕食は通常、郷土料理をアレンジしたお鍋などを
 作って味わうプランがあるようですが

 わたしは、その日は山崎家屋敷で開催された「座敷神楽」を観覧したので
 お座敷で日貫のお母さんたちによる
 心づくしのお弁当をwithビールでいただきました。

 朝食は、チェックインカウンターとコーヒーショップを兼ねる
 別棟の「一揖(いちゆう)」へ。
 
 玄米ご飯とお味噌汁
 とろろかけ豆腐、アラメの炊いたのとかきんぴら、
 卵焼き、ポテトサラダなどを少しずつたくさん、という献立。

 女性スタッフとおしゃべりしながら、もりもり
 朝ごはんをいただきました。


 難を一つだけ挙げれば
 コンビニも酒屋も周辺にないので
 アルコール類は自分で調達しておかないと
 呑みそびれます。

 宿の近くにJAの店舗があるのですが
 17時には閉店するので
 日貫に来る途中にビールとか、ワインとか日本酒とか
 調達必須(宿に趣味の良いグラスや酒器は完備されています)。

 でも、酔わずに一人過ごす里山の夜も良く、
 静かに存分にくつろぐことができました。


 最大6名まで宿泊できるので
 家族や仲間で楽しむもよし、
 合宿や研修に利用しても、すご~く有意義だと思います。

 日貫って、なんだか町全体が
 安野光雅の絵の世界なんです。

 安野さんは出身地の津和野を絵に描いていますが
 ホント、それに近い光景。
 「ザ・日本昔ばなし」の世界が広がっていて、田舎育ちのわたしですら
 なんだか郷愁を感じ、キュンとしました。
 

 外国人の宿泊客も多いそうです。
 あなたもぜひ、里山の一棟貸しの宿へ。

 ▼日貫一日
 
 ▼日貫一 Instagram
 
記事全文を読む

こんにちは。自称「乱れていた女」神垣です。

行動が変われば、気持ちも変わるんです・・・

自律神経を整えると、生活も思考も整うということを
この本を読んで知りました。

その本の名は
外科医の小林弘幸さんの「一流の人をつくる 整える習慣」。

本書にはこうあります。
「メンタルの問題を、メンタルで処理しようとしていけないのです。
そういうときこそ体の状態を整えることが一番。
『心・技・体』で最初に整えるべきは、心ではなく体なのです」

わたしはこれまで、ほとんどの場合
メンタルの問題をメンタルで処理しようとしていました。
だから、事実に対して感情や想像(妄想?)が発動して、
処理できない問題が多くありました。

本書には
・誰かに怒られたら、迷わず「階段を上り下り」
・気分が乗ってこないときほど手足を動かす
とあります。考えるより行動。体を動かすってことです。

ほかにも
「集中力が乱れているとは、『目の前の事柄以外を考えてしまっている』
という状態」だから
「『常に目の前のことだけを考える』という習慣づけをすることで、
集中力は高まってくる」とのこと。

ま~さ~に~。

では、集中力を高めるにはどうすればよいか。

日常生活で「今、行っている動作を意識する」ことから始めるのだそうです。
ごはんを食べるとき、水を飲むとき、歯磨きをするとき
いつでも丁寧に「今、○○をしている」と心の中で意識し、その行動に集中する。
これは外科医のトレーニングでもあるとか。

さらに本書には
「人間関係のストレスのうち、ほとんどが『相手に対する期待』から生じている」
とあります。

「大事なのは『Don’t believe anybody』の精神。(中略)
『すべては自分の責任である』という覚悟」

そうなんです。相手に期待するから、期待どおりの反応が返ってこないと
失望したり、腹を立てたり、嫌になる……
でも、これは自分の都合であって、相手には関係ないこと。
自分が感情過多なだけなのに、相手にも感情移入してしまう。これも改めないと……。

そして、本書を読んでいて、自分にもっとも足りなかったと痛感したのは
「一日を振り返り、『失敗』を『成功』のパターンに上書きする」こと。

失敗のダメージを引きずってばかりで、
改善パターンや理想パターンに“記憶の上書き”ができてませんでした。
反省するより、振り返って上書きすることが次の行動に結びつくというのに……

大人になっても「予習・復習」することって大事。
結局、これを習慣化して自律神経を整えることが
ベストパフォーマンスを導くのだと思います。

本書にはほかにも
・財布の整理を一日一回
・目的が言えない飲み会には参加しない
・次に何をやるのかを一個だけ決めておく
・(自分が)「怒りそうだな」と思ったら、とにかく黙る
・「こうする」と一度決めたら悩まない

4年前に刊行された本ですが、すぐに実践できることばかり。
わたしはこの本を読んで、「今度こそ自分を変えられる」と気づきました。

小林 弘幸 著「一流の人をつくる 整える習慣」

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3307 あとがき より

▼「書く」のが本業ですが、「描く」面白さを伝えるワークショップも開催

▼最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

おはようございます。自称「お店に行きたい女」神垣です。

今度上京するときは、恵比寿を目指します・・・

おすすめの映画があります。
「カンパイ! 日本酒に恋した女たち」というドキュメンタリー映画です。

日本酒を造る人 今田酒造本店の女性杜氏 今田美穂さん
日本酒を注ぐ人 東京・恵比寿の日本酒バー店長 千葉麻理絵さん
日本酒を広める人 ニュージーランド出身のレベッカ・ウィルソンライさん
という3人の女性を追っています。

「日本酒はちょっと……」と苦手な人ほど
観ていただきたい映画。

なぜなら、日本酒に対するイメージが一変するから。
そして、「日本酒、飲んでみようかな」という気持ちにきっとなるでしょう。

好きとか嫌いにかかわらず、
この映画を観れば、日本酒への興味がわくはず。

例えば、映画に登場する
日本酒バー「GEM by moto」店長の千葉麻理絵さんの
日本酒への思いと取り組み。

見た目フンワリ系の彼女ですが
大学では食品の物質工学を専攻し、元SEという
理系女子。

新宿の日本酒スタンドに転職後、利酒師の資格を取得し
日本各地の酒蔵へ通い(→その時の様子も映画で紹介)、
酒類総合研究所の研修で専門知識を身に付けた後
開店したのが日本酒バー「GEM by moto」です。

彼女の凄さは、日本酒を科学的なアプローチで捉え
何と日本酒を合わせると“起爆”するかを追求しているところ。
感覚だけでなく、裏づけがあるんです。
だから、多くの人を魅了し、説得できる。

そして、彼女の情熱は
「恋して」ないと、きっと生まれない。

まずは映画をご覧いただきたいのですが
上映する劇場、日程が限られています。

「観られない」という方はぜひ、麻理絵さんのこの本
読んでみてください。

千葉 麻里絵・宇都宮 仁 著
「最先端の日本酒ペアリング」

日本酒を知らない人生より、知っている人生の方が
ちょっとだけ世界は広がるはず。だって、自国のお酒ですもん。

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3180 あとがき より

▼「書く」のが本業ですが、「描く」面白さを伝えるワークショップも開催

▼最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

おはようございます。自称「気づいた女」神垣です。

最近の私のキーワードは

「戦わない」

です。

今日ご紹介する
「ビジネスに『戦略』なんていらない」を読み終え

次に読んでいるのが
ファッションジャーナリスト・大内順子さんの最新刊
「たたかわない生き方」。

この二冊、まったく異業種の男女が書いたもので
文字の大きさから、表現方法まで
天と地ほど違いがありながら
根底にあるものは同じと感じています。

キーワードは「戦わない」。

ビジネスにも、生き方にも必要なのは
人を出し抜いて「勝ち組」と称することでも
人より先んずるために、小賢しく立ち回ることでも
ないということ。

智恵を働かせる場面は
もっとほかにあるんじゃないの?
というメッセージを感じるのです。

「ビジネスに『戦略』なんていらない」に
次の一文があります。

報われない努力というものには意味があるということ、
ビジネスは果実を得るまでに多くの時間を要すること、
たとえ華々しい結果を現在得ることができていなくとも、
継続の中に「見えない資産」が蓄積されていることなどを理解できれば、
自らの立ち位置に新たな価値を見出すことも可能である。

「見えない資産」って何だと思います?

その答えを、ぜひ、本書で読み解いてみてほしいと思います。

平川 克美 著「ビジネスに『戦略』なんていらない」

すんなりとは読めない濃い内容ですが
第八章だけでも一読の価値あり!

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.935 あとがき より

▼「書く」のが本業ですが、「描く」面白さを伝えるワークショップも開催

▼最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

おはようございます。自称「読む女」神垣です。

先日、一気読みしました。

林真理子「アッコちゃんの時代」。

バブルの時代、マスコミに取りざたされた噂の女子大生
アッコちゃんと彼女を取り巻く男と女のお話。

年齢的にちょうど被るんです、主人公の女性と私。
でも、バブル期のリアルな思い出なんてほとんどありゃしない。

証券の友達から高級料亭でフグ三昧の話や
建設の友達から上司のお供でハワイ旅行の話を聞かされても
私が体験したのは、せいぜい
「タクシー難民」だったことくらい。
しかも、しらふで。だって仕事帰りだったんだもん。

確かに景気はよかったけど
お金を使う暇なく、頭の上を通り過ぎていった時代です。
私にとってのバブルって。

だから、この小説は「懐かしい」というより
時代が変わっても似たような生き方をしてる女性って
いるよ~と、読んで確認作業ができた感じ。

いいとか悪いとかじゃなく、
舞台が六本木でなくても地方にもいる。ある。
こういう話。
バブル期ほどのスケールではないにしろ、ね。

林真理子「アッコちゃんの時代」

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.203 あとがき より

▼「書く」のが本業ですが、「描く」面白さを伝えるワークショップも開催

▼最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む