今回は「嫌われるメール」についてです。
◆――――――――――――――――――――――――――――◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法  < 嫌われるメール >
◆――――――――――――――――――――――――――――◆
今日から3回にわたって、送ると嫌がられるメールについて考察していきます。

▼ 本題までが長い
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本題にはいるまでの前置きが長いメール。

たとえば、
「この修正、今週中に作業を完了していただけますか?」
という作業の進行状況確認のメール。

実際に受け取ったことのある、前置きが長い返信はこうでした。

「今のところ先週までのような混雑はないのですが、いくつか途中までの
仕事や新規の仕事が入っています。来月からは○○○、昨日新規で入っ
てきた○○○社の仕事もあり、ばたばたしていますが、今週中には完了
します」

長いですよね。

「少したて込んでいますが、今週中に完了するよう対処します」
と返せば1行ですみます。

▼ 読む側が知りたいのは?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

こうした前置きが長いメールは、女性に多く見受けられます。
特に筆が立つ人。

書くのが得意でない人は、文章自体が短くなりがちですが、得意な人ほど
思いに任せて一気に書いてしまうところがあります。

気持ちはわかるんです。

たて込んでいる状況をわかってもらおう、ちゃんと説明しておこうという
思いがあるからこそ、ですから。

でも、読む側が知りたいのは、理由よりいつ完了するか、ですよね。
忙しい理由をいくつも挙げたところで、相手には関係ないことでもあります。

▼ 結論を先に手短に
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

結論や伝えたい内容に行きつくまでの理由や説明が長すぎると、読むほう
は辟易してしまいます。

優先すべきは、自分の都合より相手の都合。

相手が知りたいことが何なのか を、まず考えてみましょう。
ビジネスメールでは、簡潔に用件を伝えることを心がけたいですね。

次回は、「嫌われるメール」についての2回目です。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で2位に入賞しました!

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」2017年5月19日発売!

社内のビジネスメール教育にお役立てください!【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む
ICCT[rX dl̃[C@\ݎ󂯕t@VЈA[̏}i[ȊwKŊwׂICCT[rX