今週は、 重複した言い回しについて取り上げます。 
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法       < 重ね言葉の言い換え >
◆─────────────────────────────────◆
                     「まず報告することが先決」

 「製造メーカー」
 「違和感を感じる」
 「お体にご自愛ください」

 といった意味が重なっている言葉。

 気づかずに使っていることも
 多くあります。

 例えば、
 「まず最初に」は
 「まず」と最初の「最」の意味が重複するため

 「まず初めに」または「最初に」と
 書き換える方がしっくりきます。

 同様に
 「まず報告することが先決です」
 という一文も

 「まず」は漢字で「先ず」と書くように
 先決の「先」と意味が重なるため、

 「まず報告することです」
 「報告することが先決です」
 とします。

 今週はこうした
 意味が重なっている言葉の書き換えを紹介していきます。


 冒頭の重ね言葉について取り上げたバックナンバーはこちら。

 ▼カタカナ重言< 重言注意!(3)>VOL.2307
 
 ▼「お体にご自愛」< 重ね言葉に注意! >VOL.2436
 

1年前から配信中! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン
【 仕事美人のメール作法 】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

仕事実績、著書、お問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む
今週は、注意したい敬語の使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法           < 気になる敬語(5)>
◆─────────────────────────────────◆
                        「ご希望にかなう」?


 前回に続き、気になる敬語の使い方について、
 読者の方からいただいた質問を紹介します。

 <読者からの質問>--------------------------------------------------

  質問です。
  希望通りの回答ができないときの一文に、

  「ご希望に添えず申し訳ございません」というのがありますが、
  「ご希望に叶う案内ができず申し訳ございません」はどうでしょう。

  また、「ご期待にお応えできず」は、
  「ご期待に添えず」でもどちらでも問題ないでしょうか?

  せっかく問い合せてもらったのに、
  思うような案内ができないときの一文について、
  お時間があるときで結構ですので、ご教示ください。
                          (読者 Y.Kさん)
 ------------------------------------------------------------------

 希望通りの回答ができず、という意味の一文としては
 質問にある
 「ご希望に叶う案内ができず申し訳ございません」
 よりも
 「ご要望に叶う案内ができず申し訳ございません」
 としてみてはいかがでしょう。

 ここで用いる「かなう」は、※敢えて平仮名で表記します。
 願いが「思いどおりに実現する、その通りになる」
 という意味合いよりも

 「条件にぴったり合う、適合する」という意味の方が
 しっくりきます。

 また、
 「希望にかなう」と書くより「希望がかなう」とする方が
 文としては自然です。

 したがって「かなう」を使うのなら
 「ご要望にかなうご案内」とする方が適切と考えます。


 また、思うように案内ができず残念だった
 という気持ちを伝える場合に

 「ご期待にお応えできず」「ご期待に添えず」のように
 「ご期待」という言葉を用いるのではなく、
 「ご要望」とし、

 「ご要望に添えず申し訳ございません」
 「ご要望にお応えできず申し訳ございません」

 とする方が適切ではないでしょうか。

 というのも
 相手は自分に対して期待をかけるというより、
 こうしてほしいという要望があったと
 考えるからです。

 おさらいすると

 「ご希望に添えず申し訳ございません」

 「ご要望にかなう案内ができず申し訳ございません」
 「ご要望に添えず申し訳ございません」
 「ご要望にお応えできず申し訳ございません」

 といった言い回しができます。


 ちなみに
 「かなう」を平仮名表記したのは、
 この場合は「叶う」より「適う」が適しているのですが、
 新聞表記では、いずれの場合も平仮名表記の統一されているためです。

 「添う」は、新聞表記では「沿う」が適切とされていますが、
 ここでは敢えて書き替えませんでした。



◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】 の お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

 予告ですが・・・

 神垣と一緒に、米子でカニを食べましょう!
 名付けて【 カニかに米子ツアー 】。

 一泊二日、米子の観光スポットを
 貸切の小型バスで巡り、
 夜は米子グルメを堪能(カニ含む)。

 温泉付きのリーズナブルなお宿に宿泊して楽しむ
 いわゆるひとつの
 大人の修学旅行ならぬ“遊楽旅行”を企画しました。

 ☆--------------------------------------------------------☆
  <ツアー概要>

  日 時 : 4月16日(土)・17日(日)
  集 合 : JR米子駅
  定 員 : 10人
  旅 費 : 3万円(貸切バス代・宿泊費・夕食代含む)

        ※米子駅までの交通費は各自ご負担ください。
         ちなみに、広島-米子の高速バスは、
         往復料金 7000円

 ☆--------------------------------------------------------☆

 足立美術館、八重垣神社
 大山寺、とっとり花回廊などを
 巡る予定です。

 夜だけじゃなく、もちろん
 バスの中でも飲みます!
 だって、運転手さんがいるんだもん♪

 詳細は改めて、お知らせしますが
 興味のある方は、下記のアンケートにご回答ください!
 訪れたい場所のリクエストも受付中。

 ▼4/16・17 神垣と行こう【 カニかに米子ツアー 】
 

◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】 の お 知 ら せ・その二
◆─────────────────────────────────◆

 私用のため、
 3月21日(祝)~25日(金)の
 メールマガジンの配信を休みます。

 次回の配信は、3月28日(月)です。
 お楽しみに!

11年前から配信中! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン
【 仕事美人のメール作法 】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

神垣あゆみ企画室

 

 

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
【 仕事美人のメール作法 】

社内のビジネスメール教育にお役立てください!【 仕事美人のメール研修 】

「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で
【仕事美人のメール作法】が2位に入賞しました!

オンラインでできるビジネスメールの研修【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む
今週は、注意したい敬語の使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法           < 気になる敬語(4)>
◆─────────────────────────────────◆
                「聞いてあげてください」の言い換え

 敬語の使い方で気になることについて
 読者の方からいただいた質問を紹介します。

 <読者からの質問>--------------------------------------------------

  普段やり取りしているメール文章で気になっていることがあるので、
  適切な言い方をご教授いただければと思います。
 
  それは、
  『メール相手に第三者への働きかけを促す言い回し』です。

  例えば、
  機器が壊れたお客様宅へ修理に行ってもらう業者へ
  訪問依頼の連絡を入れるとします。

  この時に
  “修理内容以外にも気になる箇所があるから、
   ついでに相談に乗ってもらえないか”という
  お客様からの申し出も併せて伝えたいのですが、

  「~聞いてあげてください。」「~してあげていただけますか?」
  だと、なんとなく慇懃な上から目線な印象を
  受けてしまう気がするのです。

  お客様にも依頼先の業者のかたへも敬意を表せればと思うのですが。
  失礼にならない依頼の仕方を教えていただけませんか?
                          (読者 S.Tさん)
 ------------------------------------------------------------------

 S.Tさん、分かります、その感じ。
 「~してあげる」という言い回しを使うことに抵抗を感じるのだと
 思います。

 S.Tさんが修理業者の方に伝えたいのは
 「聞いてもらえますか」
 「聞いてあげてくれますか」
 ということですが、

 ここで立てる相手は
 お客様のAさんです。

 この場合
 修理業者の方は
 S.Tさんの会社の修理担当として
 お客様を訪問するわけですから、

 修理業者の方にとって訪問先のAさんは
 「お客様」であることに変わりありません。

 S.Tさんにとって修理業者の方は ソトの人
 ですが
 S.Tさんと修理業者の方にとってAさんは ソトの人

 ということです。
 したがって、次のように伝えてみてはいかがでしょうか。

 -----------------------------------------------
 ○日のA様の訪問修理ですが
 A様から今回の○○の修理以外に気になる箇所がある
 とのご連絡をいただきました。

 ○○の修理の際、併せて
 A様のご要望をお尋ねいただけますか?
 -----------------------------------------------

 「聞いてもらう」を「尋ねる」という言葉に
 置き換えました。

 Aさんに「尋ねる」のは、修理業者の方なので、
 謙譲語の「お~いただく」を用い、
 「お尋ねいただく」
 とします。

 「お尋ねください」だと、
 メールでは命令調になるので

 「お尋ねいただけますか」
 と問いかける表現にすることで
 印象が和らぎます。



◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】 の お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

 第5回の講座は、来週
 4月5日(火)の開講です。

 テーマは、「ほめる」
 相手の良いところや魅力をたたえるときの大和言葉を
 学びましょう。
 
 -----------------------------------------------------
      ひろしまきもの遊び・和ごころ講座
 -----------------------------------------------------
      【 人づきあいのたおやか大和言葉 】
 -----------------------------------------------------

 少人数の和やかな講座です。男性の参加も大歓迎!

 ◆時 間/19:00~20:30(90分)

 ◆場 所/紅茶のお店「linden&chervil」プライベートルーム
     (広島市中区袋町5-5 袋町アレー2F)

 ◆受講料/単発受講 1回につき2,000円(テキスト代含む)

  ※別途、ドリンクのオーダーをお願いします


 ▼お申し込みは
 こちらのFacebookページへ 
 
 

記事全文を読む
今週は、注意したい敬語の使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法           < 気になる敬語(3)>
◆─────────────────────────────────◆
                     「抜粋させていただきます」

 ------------------------------------
  ○○○についてお調べしたところ、
  資料に詳しい説明がありましたので、
  下記に抜粋させていただきます。
 ------------------------------------

 上記の文は
 不明な事柄について調べがついたので、
 説明部分を抜粋してメールで送ります
 という内容です。

 「調べた」を「お調べした」
 「抜粋します」を「抜粋させていただきます」
 とそれぞれ謙譲語が使われています。

 一文に2カ所敬語が使われているとくどいので、
 この場合、最初の「お調べした」は
 「調べた」とする方がスッキリします。

 「抜粋させていただきます」は
 説明部分を「抜粋する」という行為より、
 抜粋して「送る」という行為に謙譲語を用いる方が
 自然と考えます。

 それに、説明部分を抜粋すること自体は
 自分で判断して行うことであり、
 相手に許可や了承を得る必要はないので
 「~させていただきます」を使う必要もありません。

 したがって、下記のように書き換えてみました。

 ------------------------------------
  ○○○について調べたところ、
  資料に詳しい説明がありました。
  下記に抜粋して、お送りいたします。
 ------------------------------------

 真ん中の文は「ありましたので」とつなげてもいいのですが、
 一度文を切った方がさらにスッキリするので、
 2つの文に分けました。

 このように不要な敬語を使わなくても、
 文を整えるだけで、
 意味の通る分かりやすい文章になります。



◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

 劣化しない理由に納得。


 第211号  プレゼンとは
 --------------------------------------------------
  【 営業マン河村操はコミュニケーションする 】
 --------------------------------------------------

 「営業活動に一番大切なもの」って何だろう・・・
 その答えが、このメルマガを読めば分かります。

 ★お申し込みはこちらから 

 ▼河村さんのFacebookはこちら
 読売テレビの「ジッブ」にも出演したらしい。
 

記事全文を読む

今週は、注意したい敬語の使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法      < 気になる敬語
◆─────────────────────────────────◆
                       「拝見させていただき

 —————————————–
  5年間、アシスタントとして
  プロの貴重なお仕事を拝見させていただき
  勉強させていただきました
 —————————————–

 上記の文は
 ある写真家のもとで5年間
 アシスタントをしてきた人が
 職場を離れるにあたり、送ったメールの一文です。

 写真家に対する敬意が表れた文章ですが
 敬語を使い過ぎていて
 空回りしている印象があります。

 気になるのが「拝見させていただき」の箇所です。

 この場合、伝えたいのは
 プロの写真家の仕事ぶりを間近に見させてもらった
 ことへの感謝の気持ち。

 そこで
 「見せていただき」をより丁寧に書こうとして
 「拝見させていただき」となったものと想像します。

 「拝見する」は「見る」の謙譲語で、
 それだけで「見せていただく」という意味になるため
 後の「させていただき」は不要です。

 余分な敬語を取り除いて、スッキリさせてみましょう。

 —————————————–
  5年間、アシスタントとして
  プロの仕事ぶりを間近で目にすることができ
  大変勉強になりました
 —————————————–

 「プロの仕事ぶりを間近で拝見でき」
 としてもよいのですが
 「間近で目にすることができ」と
 敢えて敬語を使わず、事実だけを述べるあっさりした表現に
 書き換えました。

 プロの下でアシスタントを5年経験し、
 勉強したのは自分自身で、
 相手に強制されたり、許可を得ながらしてきたことではないので、
 「勉強させていただく」ではなく
 「勉強になりました」とする方が適切です。

 このように今週は
 気になる敬語の使い方をピックアップして
 解説していきたいと思います。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
【 仕事美人のメール作法 】

「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で
【仕事美人のメール作法】が2位に入賞しました!

新しい発想やひらめきがスパーク! 4月7日(金)【ビジネスパーソンのための快画塾】開講

オンラインでできるビジネスメールの研修【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む
今週は、用件を的確に伝えるための手段についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法     < 文字以外の伝達方法(3)>
◆─────────────────────────────────◆
                     留守番電話のメッセージ

 文字で伝えきれない点を補ってくれる
 「文字以外の伝達手段」について、今週は取り上げています。

 前回は、メールの用件を電話で補完、
 あるいは、電話の用件をメールで補完して伝えることについて
 述べました。

 電話に関連して
 携帯電話で仕事のやり取りをする場合、
 留守番電話のメッセージも伝達手段として
 有効活用できるものではないでしょうか。

 携帯電話は相手にダイレクトにつながりますが、
 常に電話に出られるわけではないので、
 相手が電話に出られない状況のときはメッセージを残しておくと
 「何についての連絡か」が分かります。

 当然といえば、当然ですが
 メッセージを残さず、着信の履歴だけのこともあります。

 この場合は、
 自分から相手にかけ直す、
 あるいは、
 相手から再度電話があるのを待つ
 という2通りの対応があります。

 着信履歴に気づいた時点で、かけ直すのが基本かもしれませんが、
 ひと言、何についての連絡か、メッセージが残っていれば、
 急を要する用件か、そうでないかの判断がつきます。

 メッセージを残す際に伝えるべきポイントは
 用件の詳細より、
 用件の重要度です。

 電話でしか伝えられない用件だったり、急いでいるのであれば
 「(至急)返信ください」
 とメッセージを残し、相手の返信を待つ。

 あるいは
 「後ほどかけ直します」
 と再度連絡する。

 メールでも伝わる内容であれば
 「詳細はメールでお送りします」と
 メールの伝達に切り替える。

 留守電で用件が伝わる内容であれば
 メッセージを残し
 「返信は不要です」とでも添えておけば、
 やりとりは完結します。


 着信があったので、急いで電話をかけ直したら、
 メールでも済むような内容で、
 「留守電にメッセージを残してくれていたら、それで分かるのに…」
 と困惑した経験が少なからずあるので、

 わたしは、携帯電話のやり取りで
 相手が出ない場合は、
 基本的にメッセージを残し、
 上記のいずれかの対応をとることにしています。

 そのため、
 自分の携帯電話に
 留守電のメッセージがなく着信だけあった場合は、
 自分からかけ直さず、相手からの再連絡を待つことが多いです。

 メッセージがないということは、
 急ぎや重要度の高い用件ではないのだろう、
 と判断してしまうからです(相手にもよりますが…)。


 メールでも電話でも、
 コンタクトを取る以上は、
 二度手間三度手間にならないような配慮が
 必要ではないでしょうか。



◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

 気持ちが振る舞いに表れる
 ということだと思います。

 ちょっとしたことですが、
 してもらった人は忘れません。


 第210号  ノンバーバル・コミュニケーション
 --------------------------------------------------
  【 営業マン河村操はコミュニケーションする 】
 --------------------------------------------------

 「営業活動に一番大切なもの」って何だろう・・・
 その答えが、このメルマガを読めば分かります。

 ★お申し込みはこちらから


 ▼河村さんのブログ記事
 「何をしたいかわからなかったら、自分探しの旅にでるより、  自分発信しまくればいい。私の仕事はすべてそこから始まった」
  

記事全文を読む