今週は、気になる敬語の使い方について取り上げます。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法            < 気になる敬語 >
◆─────────────────────────────────◆
「さん」付けの謎

最近、とても気になる敬語の使い方があります。

それは「さん」付け。

彼女さん、彼氏さん。
農家さん、生産者さん、消費者さん。

会社や店舗の場所を示す図にも近所にある主な建物名として
「セブンイレブンさん」とか「吉野家さん」など、
「さん」付け表記がされています。

「さん」は人名や人を表す言葉に付いて、尊敬の意を表します。

人の名前を呼ぶとき、「田中さん」「佐藤さん」のように使うのが一般的
ですが、「お嬢さん」「お医者さん」のように親しみを込めて使われるこ
ともあります。

「山田さんの彼女さん」とか「白菜農家さん」というのは、親しみという
より、相手に対する敬意や丁寧に言おうとする気持ちから「さん」付けし
ていると思われます。

では、「山田さんの彼女」「白菜農家」という呼び方は、相手に対して失礼
なのでしょうか?

山田さんのガールフレンドの名前が分からなければ「山田さんの彼女」と
するしかなく、「白菜農家」という呼び方が丁寧さに欠けると思うのであれば
「白菜農家の方」「白菜の生産者」として差し支えないのでは?

店舗や建物は人名ではないので、「さん」を付けなかったからと言って
呼び捨てにしているわけではなく、呼称として当然のことと考えます。

「さん」を付ければ、とりあえず丁寧、「さん」を付けないと呼び捨てに
しているようで失礼、相手に悪い気がする、と人を指す言葉にやたらと
「さん」を付ける風潮に疑問を感じます。これも一種の過剰な敬語と思え
てなりません。

自分の娘や息子のことを人に言う時「娘ちゃん」「息子くん」と呼ぶのも
個人的に不思議に思っています。

人に対して自分の子のことは「娘」「息子」でよく、「ちゃん」「くん」
付けするのは本人を呼ぶときだけでよいのでは? と感じています。

今週は、こうした気になる敬語の使い方について取り上げていきます。

★8冊目の著書「迷わず書けるメール術」発売中!

読んだら旅に出たくなる本「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」
神垣が企画・編集を担当しました。

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。
ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中
「まぐまぐ大賞 2017」ジャンル別賞の知識・ノウハウ部門で5位に入賞しました!

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、ビジネスメールに使える大和言葉を紹介します。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法                        < 大和言葉の活用
◆─────────────────────────────────◆
                           「心ならずも」

人からの頼み事や誘いに応えたいけれども
事情があって、どうしても断らなければならない。

そんなときに用いるとよい大和言葉が
「心ならずも」
です。

例)せっかくお声掛けいただいたのですが、
心ならずもお断りした次第です。

相手の期待に応えられなかったときや
自分の思いに反して相手に迷惑をかけてしまったときに
「心ならずも」
のひと言を添えると
残念な気持ちを伝えることができます。

意味を同じくする言葉としては
「やむを得ず」
「やむなく」
があります。

似た言葉に
「図らずも」
がありますが、これは
思いがけず、あるいは意図せず
好結果がもたらされたようなときに用います。

例)図らずもその日にお目にかかることができました。

今週はこのように、
ビジネスメールにも使える
大和言葉の言い回しを紹介します。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中
「まぐまぐ大賞 2017」ジャンル別賞の知識・ノウハウ部門で5位に入賞しました!
しごびトーク・カフェ】スペシャル開催。ゲスト:木村タカヒロさん

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」絶賛発売中!

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、慣用句の意味について取り上げます。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法     < 本来の意味(5)
◆─────────────────────────────────◆
その他の間違いやすい慣用句

今週は、慣用句の本来の意味について
取り上げてきました。

文化庁の平成27年度「国語に関する世論調査」で
取り上げられていたその他の慣用句には

「確信犯」
「名前負け」
「愛嬌を振りまく」
「そうは問屋が卸さない」

があります。

「確信犯」についてはバックナンバーの
気になる言葉< 読者からの質問(4)>VOL.685 で取り上げています。

「名前負け」
○ 名前が立派すぎて、実物が見劣りすること
× 名まえを聞いただけで気後れしてしまうこと

「愛嬌を振りまく」
= 好感の持てる言動や表情をすること

「愛嬌」は、その人の身に備わっていて、言動や顔つきにも自然と現れる
親しみやすいかわいらしさを指します。
対して「愛想」は、人に良い感じを与えるために示す態度や動作のこと。
「振りまく」に呼応するのは「愛想」ではなく、「愛嬌」です。

「そうは問屋が卸さない」
= そんな安値では問屋が卸売りしない、
物事がそんなに具合よくいくものではないという例え

問屋(とんや)とは、卸売商のこと。
卸売りを専門にするのが問屋ですから
「そうは問屋が卸さない」という例えが生まれました。
そう考えると「そうは問屋が許さない」は間違いと分かります。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

まぐまぐニュースに今週前半のメルマガ記事が
紹介されています。

わたし自身も間違えたまま覚えていたので
取り上げてみました。

▼実は多くの人が知らない、「奇特」と「琴線」の正しい意味

2005年から配信中! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン
【 仕事美人のメール作法 】

楽天kobo版の電子書籍が出ました!
メールは1分で返しなさい!【電子書籍】[ 楽天kobo版 ]

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

仕事実績、著書、お問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

読者の皆様に
応援していただいた
「まぐまぐ大賞2015」の結果が
12月17日の夕方に発表されました。

気になる「ビジネス・キャリア部門」で
【仕事美人のメール作法】は・・・
ぎりぎりセーフの5位でした。

▼2015年まぐまぐ大賞の結果はこちら

今回の入賞メルマガの上位3位までは
読者数が万単位。

そんな競合揃いの中
よく健闘したものだと思います。

【しごび】を応援してくださった
皆さんのおかげです。
本当にありがとうございます。

なんだか今年は、まぐまぐの投票システムが変わっていて
推薦理由もコメント欄に書き込むのではなく
選択制でした。

読者のコメントを読むのを楽しみにしていたので
寂しいかぎり。

長年の読者の方の中には
推薦時にわざわざ
メールで応援メッセージをくださった方もいて
うれしゅうございました。

何はともあれ、今年、創刊10周年を迎え
こうしてなんとか平日日刊で配信を継続できているのは
読者の方々の顔が浮かぶからです。

小さな媒体ではありますが
メルマガを通してつながっている人たちがいることが
どれほど心強く、うれしいことか。

あなたとつながる媒体である
【しごび】
これからも大切に育て、守っていきますね。

有料メルマガが台頭する中、
頑張ってる無料メルマガの存在は励みになります!

mag2year2015_0000146166_300x100

記事全文を読む

今週は、読者の方からいただいた質問に回答します。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法 < 読者からの質問(2)
◆─────────────────────────────────◆
「終わる」の謙譲表現?

<読者からの質問>————————————————

先日、久しぶりにかなり手こずった敬語についての質問です。

「終わる」の謙譲表現は、どのようになりますでしょうか。

私が先日手こずった「終わる」の文脈は、
会社が行っているある製品のサポート業務を、
当社側の都合により終了することになった、という、
現在そのサポートをご利用のお客様に向けた文書の中の一文です。

他の人の書いたものの添削を行ったのですが、
もとの文は、
「2015年12月31日をもって終了させていただきます」

お客様から「終了」の許可をいただいたわけでもなく、
お客さまにとっては「終了」はむしろ不都合なことなのに
「させていただく」はないよな、と書きなおそうと思って
ハタと困りました。

「終わる」「終了する」の謙譲語って何だ?

結局「2015年12月31日ををもって終了いたします」としたのですが、
これだと一方的な通告のニュアンスに思えてしまい、
(実際、一方的な通告なのですが…)
気持ちとしては、
「私どもの勝手な都合で申し訳ない」
というニュアンスを入れたくて、
謙譲表現を探したのですが、見つからず…

「終わる」「終了する」の敬語としての表現は、
やはり「終わります」「終了いたします」
しかありませんか?

その場合、どのように謙譲の気持ちを表現したらよいか、
アドバイスをいただければ幸いです。
(読者 M.Sさん)
——————————————————————

「終わる」「終了する」の敬語ですが
M.Sさんが書いておられる通り
「終了させていただきます」は
お客様から「終了」の許可をいただいて行うことではないので
適していません。

この場合は
「する」の謙譲語「いたします」を用い
終了いたします
とするのが最適と考えます。

しかし、これでは
謙譲の気持ちを表現しきれていないのではないか
という心配があれば

「私どもの勝手な都合で申し訳ない」
というニュアンスの言葉を
添えるとよいのではないでしょうか。

例えば

「誠に勝手ながら、2015年12月31日をもちまして
△△のサポートを終了いたします」

のように、「終了いたします」の前文に
「誠に勝手ながら」
「誠に不本意ではございますが」
といったひと言を添えると、文章が和らぎます。

あるいは

「2015年12月31日をもちまして
△△のサポートを終了いたします。
長きにわたり弊社のサービスをご利用いただき
心からお礼申し上げます」

のようにお客様への感謝の言葉を添えても
よいかもしれません。

謙譲語「終了いたします」以外の表現としては
終了する運びとなりました
も考えられますが、少し弱いというか
他人事っぽくなってしまう気がします。

終了する、という事実を伝えたうえで
フォローする一文を前後に添える方が
丁寧で気持ちも伝わるのではないかと考えますが
いかがでしょうか。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

今週は、メールに書かない方がよいひと言についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法          < 余計なひと言(4)
◆─────────────────────────────────◆
ご存じないかもしれませんが

今週は、相手に嫌な感じを残すひと言を
取り上げています。

ご存じないかもしれませんが
という前置きで始まる一文。

用件に入る前から
相手はそのことについて知らないはず、専門外だから
と決めつけているのは感じのよいものではありません。

「○○についてご存じないかもしれませんが」と
丁寧な言い回しをしてはいても、実際は
「どうせ、○○のことなんて知らないのだろうから」
と書いているのと同じです。

このようなときは

「○○についてご存じですか(ご存じでしょうか)?

「○○についてお聞きに(ご覧に)なったことはありますか?

「○○をお使いになった(ご利用になった)ことはありますか?

と相手に確認するところから始めれば
角が立ちません。

「○○についてご存じのこととは思いますが
という言い回しも、否定形にしていないだけで
相手が知っているか否か、推測の状態なので
相手が知らない場合は気まずいことになります。

敢えて使うとしたら
「○○について、すでにご存じかもしれませんが」
という言い回しでしょうか。

「多分、そうであろう」という推測だけで
相手に確認せず、話を進めるのは
双方にとってすっきりしないものです。

一度に用件を伝えようとすると
「相手は知らないだろうから」とか
「相手は知っているだろうから」という
伝える側の都合で勝手に判断して書き進めてしまいがち。

決めつけずに、まずは
相手に確認するところから始めましょう。

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む