このたび、まぐまぐから有料メールマガジンを創刊する運びとなりました。

 タイトルは【 仕事のメール心得帖 】です。
 
 対象とする読者は、
 「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰にも教えてもらえない」
 という若手ビジネスパーソン。

 現在、就活真っ只中のうちの娘たちを見ていても、
 SNSによるコミュニケーショには長けていても、
 パソコンを使ってやり取りするメールについては
 大学や短大で教わっていないし、基本的なことも知りません。

 就活のエントリーをするときとか、その後 の採用担当者とのメール対応で
 何度「これでいいか確認して」とチェックさせられたことか。

 いわゆる“デジタルネイティブ”世代はSNSを使い、
 見知った人たちと会話するようにコミュニケーションをとるのは
 無意識にできるくらい達者ですが、

 会社という組織の中で、そのルールにのっとり
 社外の相手とパソコンのメールでやり取りするのに不慣れ。
 対応の仕方が分からず、苦手意識を持っている方
 多いのではないでしょうか。

 かといって、教える側の上司や先輩も自分の業務に忙しく、
 そんな時間もないし労力もかけられない、という状況だったりします。

 メール対応の研修やセミナーでも
 20代~30代前半の参加者から共通して挙がるのは
 「基本的なことを知らないので不安」
 「正解が何か分からない」
 という声です。

 2009年に刊行した
 「考えすぎて書けない人のための1分間メール術」
 がロングランで売れているのは、まさに
「考えすぎて時間ばかりかかるので、早く対応できるように、
 すぐ使える文例が知りたい」という若い世代のニーズがあるからです。

 早い話、神垣の著書を買って読んでもらうのが一番良いのですが、
 「本をいちいち読んでられない」
 「本じゃ、文例をコピペできないし……」
 という声も。

 そこで、
 ・毎週1回確実にメールで届き、
 ・必要に応じて文例をコピー&ペーストして使える
 ・読み続けると、誰に教わらなくても「基本的なメール対応」ができる
 メールマガジンで「仕事のメールの基本」をお伝えしようというものです。

 有料メールマガジン【 仕事のメール心得帖 】は
 毎週1回 金曜日 月4~5回の配信。
 週替りで下記のメニューでお伝えします。

 1週目:メール作法
 2週目:メールの敬語
 3週目:間違いやすい言葉
 4週目:ワンランク上の言い回し
 5週目:メール作法-2
 ※5週ある月は最終週に「メール作法-2」を配信します。

 1~5週の各メニューに、サブメニューとして
 「メールに関するQ&A」を添えてお届けします。

 【しごび】を読み慣れた方には、嫌になるくらい「特濃」級の文字量です。

 だけど、その分、1回の配信でワンテーマがしっかり頭に入ります。

 月 540円(税込)ですが、
 継続して読まなくても、バックナンバーの内容で興味のあるものだけ
 購読してもよいと思います。

 登録した最初の月は「無料」。
 さらに、創刊月の5月は、3回の配信ですが、追加で4回分配信します
 (つまり1~4週のメニューどおりの内容)。

 「メール対応の基本が分からずさまよっている」方はぜひ、購読を。
 今週の金曜、5月17日に配信します。

 ▼【 仕事のメール心得帖 】の登録はこちら
 
 メール対応に悩む部下や後輩の方々にも、ぜひともご紹介ください。
記事全文を読む

おはようございます。自称「帰る女」神垣です。

不思議な出来事は

後になって分かるもので・・・

通算2週間の尾道滞在時に、不思議な出来事が3つありました。

ひとつは「深夜の工事音 お囃子付き」。

詳しくは、1月22日配信のVOL.3233 のあとがきに書きましたが
深夜にゴーン、ゴーン、ゴーンという規則的な音がして
それが次第に近づいてくると共に、
ピーヒャラピーヒャラというお囃子のような付属音がした
という話(原因不明)。

2つ目は、他の滞在者から聞いた話なのですが
やはり深夜、滞在者が2階の共有スペースに全員集まり
話をしていたら……

1階の出入り口のオートロックが勝手に作動し
施錠が外れ、また施錠された事件。

結局、単なる誤作動だったらしいのですが
用心のため、オートロックの暗証番号が変わりました。

3つ目は、わたしが滞在中の出来事。
ガス給湯のスイッチがオフになっていた事件。

朝一番にわたしが洗面を使ったときは出ていたお湯が
2時間後に使ったときは湯が出ない。
おかしいなと思いつつ、
結局、その日は一日中湯が出ませんでした。

翌日、管理人さんがやって来て、曰く
「給湯が壊れたのかと思って、ガス屋さん呼んだんですが、
スイッチを誰かが切ってたみたいで……」
という話。

でも、わたしをはじめ滞在者は全員
スイッチの場所を知らず、オフにした覚えはない。

なんでかな~、なんでかな~、な、な、な、なんでかな~?

われわれが滞在した先は、尾道の名所
千光士の真下にあるゲストハウス。
かつて別荘だった古い邸宅です。

周囲にはほとんど民家がなく
建物裏手には、小さなお社の跡が……。

こういう不思議話って、そのときは気がつかないのですが
後で思い返すと怖くなるというか……。

一体、何だったのでしょうね?

ちなみに、わたしには霊感とかそういう能力は
1ミクロンもありません。

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3247あとがき より

▼「書く」のが本業ですが、「描く」面白さを伝えるワークショップも開催

▼最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

 自称「はりあう女」神垣です。

 絶対、独身だと思っていたら

 既婚で子持ち・・・

 そういう年下の男性が多いんです。

 仕事仲間、取引先、取材相手・・・
 仕事がらみで付き合いのある周りの男性に
 年下の人が増えてきました。

 大半30代。
 私からすれば、いわゆるひとつの
 “年下の男の子”です。

 み〜んな所帯じみてないというか
 生活臭を感じさせないタイプが多く
 てっきり独身かと思いきや…

 20歳過ぎくらいに早々に結婚していて
 子どももうちの子供と同学年かそれ以上ってケースが
 多いんです。

 私の結婚が遅く、彼らの結婚が早かったってだけなんですが
 私より年下で、高校生の子どもがいると聞くと
 「ま、負けた〜っっ」と思わずにいられません。

 自分より若いのに
 親として先輩、PTA歴が長い!
 と思うとちょっと悔しい…

 今更はりあっても仕方ないんですけどね。

ビジネスメールを書くときに役立つ 最新の記事が無料で読めます。 平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』
その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

 自称「離れられない女」神垣です。

 子を持つ身でありながら

 どうしても受け入れられなかった

 ものがあります。それは・・・

「アンパンマン」です。

 いかにもお子様向けアニメという感じが
 好きになれず、最初は、子どもと一緒に見るのも苦痛でした。

 でも、子どものハートをつかんで離さない
 魔力があるんですね、あのアニメには…

 あれだけ毛嫌いしていたのに
 慣れというのはおそろしいもので
 今ではアンパンマンの仲間たちの名前だって
 大半を言えるほどに私も成長しました。

 高知県には「アンパンマンミュージアム」という
 泣く子も黙るアンパンマンの殿堂があります。
 小さい子どものいる家族は
 広島からも一度は訪れます。
 (私の周りはみんなそうでした)

 とはいえ、うちの子ども達も小学生になり
 「アンパンマン」からはすっかり卒業。

 でも、私ときたら・・・
 未だにドキンちゃんのマウスパッドを使っています。

横浜にもあるけど、やっぱり高知でしょ!
アンパンマンミュージアム 

ビジネスメールを書くときに役立つ 最新の記事が無料で読めます。 平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』
その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】

記事全文を読む

おはようございます。自称「飲むと眠たくなる女」神垣です。

先日、広島市郊外の酒蔵で

蔵見学をしました。

そこに集まったのは…

30代〜50代の女性がざっと20名。

「お酒テラピー」という女性対象のイベントで
酒蔵見学の後は蔵元のお酒をいただきながらの懇親会でした。

この懇親会が素晴らしく
大皿に盛られたお刺し身&お寿司をつまみながら
酒談議という趣向です。

最初こそ、さしつさされつで飲んでましたが
間もなく方々で「あ、手酌でいきますから」宣言。

いきなり「ウコンの力」を一気飲みして体勢を整える30代、
自ら「熟女チーム」と名乗り盛り上がる40〜50代など
気持ちいいまでの飲みっぷり。

熟女チーム曰く
「家で一人で飲むとすぐ酔うていけん。
やっぱりみんなと一緒に飲むほうがええね~」

まさしく。
女性ばかりが集まって、思う存分飲める宴会って
かなり楽しいです!

広島県酒造組合のお酒テラピーについてはこちら。

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.523 あとがき より

▼「書く」のが本業ですが、「描く」面白さを伝えるワークショップも開催

▼最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

 自称「返せなかった女」神垣です。

 会食の後、渡されたタクシー代。

 後日、領収書とお釣りを会食の相手に返したことがきっかけで

 恋の花咲くことも……あるんですねぇ。

 かつて「ミスター文春」と呼ばれた男
 花田紀凱(現・月刊誌「Will」編集長)。

 その花田さん、結婚していました。
 再婚の新郎64歳、初婚の新婦38歳!

 お相手とは「マスコミの学校」の講師と生徒の間柄だったそう。

 「これからがんばります!」という彼女からの手紙と
 おごったはずのタクシー代の領収とお釣りを返されたことがきっかけで
 いつしか気になる存在に……そして結婚!

 む〜、その手があったか〜。

 会食の相手から渡されたタクシー代。
 その日に限って帰りの道がなぜか渋滞。

 渡されたタクシー代より
 はるかに運賃がかり、
 領収もお釣りも
 返すどころではなかった…

 という経験なら、私にもありますけど〜っ!

ビジネスメールを書くときに役立つ 最新の記事が無料で読めます。 平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』
その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む