このたび、まぐまぐから有料メールマガジンを創刊する運びとなりました。

 タイトルは【 仕事のメール心得帖 】です。
 
 対象とする読者は、
 「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰にも教えてもらえない」
 という若手ビジネスパーソン。

 現在、就活真っ只中のうちの娘たちを見ていても、
 SNSによるコミュニケーショには長けていても、
 パソコンを使ってやり取りするメールについては
 大学や短大で教わっていないし、基本的なことも知りません。

 就活のエントリーをするときとか、その後 の採用担当者とのメール対応で
 何度「これでいいか確認して」とチェックさせられたことか。

 いわゆる“デジタルネイティブ”世代はSNSを使い、
 見知った人たちと会話するようにコミュニケーションをとるのは
 無意識にできるくらい達者ですが、

 会社という組織の中で、そのルールにのっとり
 社外の相手とパソコンのメールでやり取りするのに不慣れ。
 対応の仕方が分からず、苦手意識を持っている方
 多いのではないでしょうか。

 かといって、教える側の上司や先輩も自分の業務に忙しく、
 そんな時間もないし労力もかけられない、という状況だったりします。

 メール対応の研修やセミナーでも
 20代~30代前半の参加者から共通して挙がるのは
 「基本的なことを知らないので不安」
 「正解が何か分からない」
 という声です。

 2009年に刊行した
 「考えすぎて書けない人のための1分間メール術」
 がロングランで売れているのは、まさに
「考えすぎて時間ばかりかかるので、早く対応できるように、
 すぐ使える文例が知りたい」という若い世代のニーズがあるからです。

 早い話、神垣の著書を買って読んでもらうのが一番良いのですが、
 「本をいちいち読んでられない」
 「本じゃ、文例をコピペできないし……」
 という声も。

 そこで、
 ・毎週1回確実にメールで届き、
 ・必要に応じて文例をコピー&ペーストして使える
 ・読み続けると、誰に教わらなくても「基本的なメール対応」ができる
 メールマガジンで「仕事のメールの基本」をお伝えしようというものです。

 有料メールマガジン【 仕事のメール心得帖 】は
 毎週1回 金曜日 月4~5回の配信。
 週替りで下記のメニューでお伝えします。

 1週目:メール作法
 2週目:メールの敬語
 3週目:間違いやすい言葉
 4週目:ワンランク上の言い回し
 5週目:メール作法-2
 ※5週ある月は最終週に「メール作法-2」を配信します。

 1~5週の各メニューに、サブメニューとして
 「メールに関するQ&A」を添えてお届けします。

 【しごび】を読み慣れた方には、嫌になるくらい「特濃」級の文字量です。

 だけど、その分、1回の配信でワンテーマがしっかり頭に入ります。

 月 540円(税込)ですが、
 継続して読まなくても、バックナンバーの内容で興味のあるものだけ
 購読してもよいと思います。

 登録した最初の月は「無料」。
 さらに、創刊月の5月は、3回の配信ですが、追加で4回分配信します
 (つまり1~4週のメニューどおりの内容)。

 「メール対応の基本が分からずさまよっている」方はぜひ、購読を。
 今週の金曜、5月17日に配信します。

 ▼【 仕事のメール心得帖 】の登録はこちら
 
 メール対応に悩む部下や後輩の方々にも、ぜひともご紹介ください。
記事全文を読む

 あなたの中学、高校時代の制服は
 どんな制服でしたか?

 わたしは中学、高校とも紺色のブレザーとスカート。
 中学の制服はプリーツスカートで、高校はボックスプリーツでした。

 高校時代は聖子ちゃんカット全盛期で
 クラスメイトの大半が同じ髪型。

 スカートもひざ丈が規定でしたが
 多くの女子がアゲをいっぱいまでおろして長くしていました。

 シャツも綿のちょっと大きめのダボっとしたのを着るのが流行りで
 規定のえんじ色のネクタイもちょっと緩めるのがお約束。
 (後ろがゴムのなんちゃってネクタイだったけど、美術部の先輩は
 本物のネクタイをちゃんと結びつつ、緩めていてとってもかっこよかったのだ)。

 そんな高校時代、わたしは
 クセ毛かつ寝ぐせ付きのショートカット
 規定の丈のスカート、
 「ブタカバン」と呼ばれていた普通の学生カバン(当時はみんな細くしていた)
 極めつけが、学校指定の胸に校章が刺繍されたカッターシャツを着ていました。

 そんな「ザ・学校指定」の制服姿の生徒は少なく
 ある日、現国の時間に、いきなり先生に立たされ
 「おい、みんなこれを見てみぃ。
  こういう制服の着方が一番ええんじゃ」
 とクラスメイトの前で言われたのでした。

 その現国のA先生は、風紀担当で
 とても厳しいことで知られていました。

 校則違反をした生徒には
 容赦なくビンタをくらわすことで知られる強面
 (実は4歳上のうちの夫も在学時はビンタ食らってます)。

 泣く子も黙るA先生に授業中にみんなの前で
 “模範生”として褒められたわたしですが
 全然うれしくなく、むしろ恥ずかしかった記憶しかありません。

 だって、そんな模範的な制服姿って
 生徒側から見たら「ダサさの見本」ってことですから。

 でも、当時のわたしは
 聖子ちゃんカットのブロウの仕方も
 スカートの丈の伸ばし方も
 カバンを細くする方法も
 全然知らなかったし、分からなかったんです。

 そんな30数年前の高校時代を思い出しながら
 制服の“産地”を取材した記事がアップされましたので
 ご一読ください。

 ▼昭和、平成、そして令和の制服トレンドは?
  学生服大手「トンボ」に聞いてみた

 

 でも、そのA先生
 白シャツ、赤いネクタイ、青いスラックスで
 セリーヌの馬車のバックルのベルトに
 白いエナメルの靴といういでたちでした。いつも……

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3313  あとがき より

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】

記事全文を読む


記事全文を読む

今朝、ネットでたまたま見つけたのですが
「甘党派の飲んべえ女子必見」
というタイトル。

「甘党派」っておかしくないですか?

酒類より、甘いものや菓子類を好む人を「甘党」と言います。
「党」は、共通するところのある人々が集団をつくること、あるいは、
その集団のこと。

「派」は、流儀や主義、思想、態度などを同じくすることによってできた
それぞれの集団・仲間のこと。

「党」と「派」は似たような意味ですが、
「甘党」が甘いもの好き人たちを指すので、
さらに同じような意味の「派」をつけると、意味が重なりますよね。

だから、上記のタイトルは
「甘党の飲んべえ女子必見」で良いと思うのですが……

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3210 あとがき より

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む
おはようございます。自称「使われる女」神垣です。

いつも

ドキッとさせられます・・・

「母さん!!!!」から始まる長女からのLINE。

何かとやらかしてくれる彼女からのLINEには
いつも肝を冷やします。

「何かあった?」と心配して即返信すると
「まだ家におる?」と長女。
「おりますが」と返すと

大学から教科書らしき本の画像が送信されてきて
「わたしの部屋の本棚にこの本ない?」
ときたもんだ。

探しても見あたらないので
「ない!」と返すと
長女「あれ、まじか。じゃあカバンの中は?」
わたし「ない!」
長女「リビングのわたしの席には?」
わたし「ない!」
というやり取りがしばらく続いた後、
LINE電話がかかってきました。

教科書はなんとか見つかり、
次の彼女からの司令は
「39ページから42ページまで写真撮って送って」
というもの。

どうやら宿題を持って行き忘れたらしく
該当ページをわたしが撮影して送信するはめに……

まったく。

彼女、大学3年生。
こんなんで大丈夫なんか~い。

宿題忘れても、写メで送ってしのげるんですから
いい時代になったものだなぁ。

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3209 あとがき より

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

ゴーン会長の逮捕に伴う、
日産の西川社長の記者会見の後
NHK総合で放送されていた
「プロフェッショナル 仕事の流儀」

プロレスラーの内藤哲也さんが取り上げられていました。

プロレスのことはよく知らないけれど
「ファンの熱狂」という点ではカープと一緒だなぁ
と思いながら見ていました。

プロレス大好き少年だった頃の「ファンの視点」を忘れず
プレイヤーとして臨む
内藤さんの姿勢が素敵でした。

プロレスというショー(ステージ)での
自分のポジションを常にファン目線で見つめ
より面白くするために
悪態をつき、相手を挑発し、受けて返し、返して受ける。

【週刊メルマガ】で紹介した樹木希林さんの役者論
「役者は、役に陶酔してはだめ。俯瞰していることが大事」
に通じるものを感じました。

全体の中の自分のポジション、役割を見極める目
って大切ですよね。

プロレスの本場、メキシコのレスラーたちの
むちゃくちゃぶりも面白かった。

年に一度は、そのメキシコのリングに上がるという
内藤さんの顔の清々しいことといったら……

自分のちっぽけなこだわりとか価値観なんて
一回ぶっ壊してしまったほうがいいのかも。

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3200 あとがき より

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む