今週は、誤解されやすい数字の書き方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法           < 注意したい数字表記(5)
◆─────────────────────────────────◆
                           数字表記の雑学

一週間の始まりは何曜日からでしょうか?

最近では、月曜から始まるカレンダーもあるので混乱しがちですが、通常、
日曜日に始まり、土曜日に終わります。

日曜日に出すメールで「今週」と書けば、「その日を含む土曜日までの一
週間」を指し、「来週」と書けば「次の日曜から始まる一週間」を指しま
す。

この場合も自分と相手とで取り違いが起こりやすいので、何月何日の何曜
日と明記するほうが確実です。

「早朝」「夕方」「夜」なども、何時から何時を指すというはっきりとし
た基準がありません。自分にとっては「早朝」でも、朝型の人にとっては
「朝」という感覚で、生活習慣によっても捉え方に違いがあります。

「では、今日の夕方にうかがいます」という書き方より
「では、今日の夕方5時ごろにうかがいます」と時間を添えるほうがわか
りやすいです。

ちなみに、共同通信社の「記者ハンドブック」によると

未明=午前0時~夜が明けきらない午前5時ごろまで
早朝=午前5時~午前7時
朝 =午前7時~午前9時
夕方=日没の前後それぞれ1時間ぐらい
夜 =日没後、暗くなってから午後10時まで
深夜=午後10時~午前0時前

という基準を設け、放送原稿に使用されているとか。
夜明けや日没の時間は地域によって異なるので、あくまで目安として参考に。

会社員時代は、電話や口頭で「おはようございます」を使うのは午前10時ま
でと教わりました。あなたはどのように使い分けていますか?

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 か ら の お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

読者からのコメントです。
——————————————————————
メールに関して知らなかったことをたくさん発見しました。
色々活用していきたいなと思っています。
(広島のまゆさん)
——————————————————————

おかげさまで刊行からもうすぐひと月が経ちます。
日々のメールのやり取りにお役に立ていただけるとうれしいです!

青春新書インテリジェンス『 仕事で差がつく できるメール術 』

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

今週は、誤解されやすい数字の書き方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 ‎の メ ー ル 作 法          < 注意したい数字表記(4)
◆─────────────────────────────────◆
                             月日の表記

先月、今月、昨日、今日、明日。
月日を表すときにメールでもよく使う表記です。

ですが、月の変わり目や日にちの変わり目に使うと間違いや混乱を招く可
能性もあります。

たとえば、今日3月1日の午前0時前後にメールを送った場合、「今月」と
表記していると2月を指すのか3月を指すのか、受け取る側が混乱すること
があります。

「今月の予定を変更して来月に…」と書くより
「3月の予定を変更して4月に…」とするほうが正確に相手に伝わります。

「今日」も同じで、「今日はお疲れ様でした」とメールを送信する場合に、
深夜のメールでは日付が変わって「今日」が「昨日」になっていても、メ
ールを送信する側は「今日」という感覚のまま送ってしまいがちです。

「今日はお疲れ様でした(でも、日付のうえではもう昨日ですね)」
なんて付け足して書くことが私もあります。

注意してよく読めば間違うこともありませんが、急いでいたり、一日に多
くのメールを処理しなければならない場合は、読み違いや読み飛ばしてし
まうことがあります。

月日や日時を表記するときは、何月何日の何曜日、時間は何時と意識して
具体的に表記しておくと、間違いがありません。

打ち合わせや訪問の時間を決めるとき、相手から
「明日の1時半はいかがでしょう」
というメールが送られてきた場合も、返信には
「承りました。では、明日3月2日(金)13:30 に伺います」
と改めて正確な日時を表記して返信するようにしています。

自分や相手への確認になりますし、メールに記録として残しておく役割も
あるからです。

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

今週は、誤解されやすい数字の書き方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法     < 注意したい数字表記(3)
◆─────────────────────────────────◆
含む、含まない

3歳未満

3歳以下

「3歳」を含むのはどちらでしょうか?

「3歳以下」ですね。「3歳未満」は3歳を含みません。

「以下」のほかに基準の数値を含む表記としては、「以上」「以内」
「以前」「以後」「まで」「から」があります。

日時を示すときの「まで」も基準の数値を含むので
3月10日まで不在にします。
→「3月10日も不在」という意味になります。

満3歳

は、誕生日を迎えたとき、生まれて丸々3年が経過した、という意味。
「娘は来月で満3歳です」のように書きます。

時の経過を表す「3年ぶり」も丸々3年経った、という意味です。
一方、「3年越し」「3年がかり」「3年来」はいずれも起算の年を含む
言い方です。

先生にお会いするのは3年ぶりです。
→「丸々3年会っていなかった」という意味

彼とは、3年越し(3年来)の付き合いです。
3年がかりで仕上げた作品です。
→「出会った年から3年が経過」「取り組んだ年から3年が経過」
という意味。

ちょっとしたことですが、表記するときにわからなくなることがあるので
書き留めておきました。

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

おはようございます。自称「もの足りない女」神垣です。

原付で走っていると

風にまぎれて

ほのかに沈丁花の香りが・・・

あちこちで梅も満開。
春はもうすぐ…です。

それにしても
この冬は凍てつくような寒さが少なく
拍子抜けするばかりでした。

朝な夕なに原付に乗るたび
寒さに対して「まだまだこんなもんじゃない!」と
さらなる寒さに身構えていたのに
それを体感しないまま春が来そうです。

毎年、バレンタインデー前後って
泣きたくなるような寒さで
雪が降る日もあったと記憶していますが
今年はチョコも解けそうな暖かさ。

「こんなんでいいの?」と繰り返し思いながら
過ごす冬というのも居心地悪いものです。

寒くても冬は冬らしいほうがやっぱりいいなぁ…

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.528 あとがき より

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

今週は、誤解されやすい数字の書き方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法     < 注意したい数字表記(2)
◆─────────────────────────────────◆
おおよその数

数千円で対応してくれます。

会合へは十数人が集まりました。

数字が確定できないとき、このように「数千円」「十数人」と「数」を使っ
て表すことがあります。

「たいした金額ではないですよ」という意味合いで二千円~三千円のつも
りで「数千円」と書いても、相手は五千~六千円くらいに予想しているか
もしれません。逆に、こちらが多めに見積もっていても、相手は安く捉え
ている可能性もあります。「十数人」という表記もしかり。

数値を確定できないときに使うと便利な表記ですが、人によって多くも少
なくも解釈できるので、使い方には注意を。多用すると誤解のもとです。

三十名余の人が協力してくれました。

九十個足らずですが、何とか揃いました。

おおよその数を示すとき「約」を使いますが、きりのいい数を上回るよう
なときは「余」、きりのいい数に若干足らないようなときは「足らず」を
使います。
ほかにも「九十個近くが安全でした」と「近く」を使うこともあります。

「約三十名余が参加」のように「約」と「余」は同時には使いません。
どちらも「おおよそ」を表す言葉なので、一文にどちらか一つを使えば十
分意味が通ります。「約」と「足らず」、「約」と「近く」も同様です。

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

今週は、誤解されやすい数字の書き方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法       < 注意したい数字表記
◆─────────────────────────────────◆
                          数値の幅を示す

 メールに限らず文章に数字を意識的に使うと説得力が増します。
 「多数の読者」と書くより「6500人の読者」
 「もうすぐできます」より「3日以内にできます」

 このように数字に置き換えることで、現状が把握できたり予測が可能にな
 ります。

 逆に、特定したり、確約したくない場合は数値を示さず、あいまいに表記
 しておくという方法もあります。

 日々のメールのやり取りで、意味のとり違いや誤解を招く数字の表記につ
 いて今週はとりあげます。

 ▼ 数字の幅を示すときは数字を省かない
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 いくつからいくつまでと数値の幅を示すときに「~」や「-」を使います。

 たとえば「20万円から30万円」と金額の幅を示す場合、
 「20万~30万円」「20万-30万円」と書くのが一般的です。

 しかし、これを「2-30万円」と書くと「2円から30万円」という意味にも
 取れます。

 同様に「250~255円」「250-255円」と表記するところを、
 共通する「2」の数字を省略して
 「250~55円」「250-55円」と表記すると誤解を招きやすいです。
 数字の幅を示すときは数字を省かず列挙するほうが正確に伝わります。

 話し言葉では「に、さんじゅうまんえん」として意味が通じるので、
 書き言葉でも「2、30万円」「二、三十万円」と表記しますが、
 上記と同様の理由で取り違えやすいので注意しましょう。

 洋数字を縦書きにした場合、漢数字を横書きにした場合とでは、
 見た目の印象が違って見え、意味の誤解を招く可能性もあるからです。

記事全文を読む