今週はオークション落札後のメールのやりとりについて考察します。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法 < オークションに見るメール作法(3)
◆─────────────────────────────────◆
                          うれしい気遣い

 落札した側にとって結構気になるのが送料です。オークションに出品され
 た商品ページには、大概、送付方法や送料について触れていますが…

 ▼ メールに落札者へのちょっとした気遣いを
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 出品者からのメールに送付方法と送料が何通りか書かれていると、落札者
 側でて指定できるので、ありがたいなと思います。

 例えば、郵送の場合で、実際にもらって好印象だったメールには
  1)定型外の場合
  2)ゆうパックの場合
  3)エクスパック(一律500円)の場合
  4)このうちいずれかで最も安い方法、
 が挙げてあり、落札者側の都合で選べるようになっていました。

 逆に、「郵便局が遠方にあるため、郵送による送付はできません」と明記
 されたメールをもらったこともあります。このひと言があれば、落札側も
 納得できますよね。

 送料に限らず、振込み方法も振込口座が郵便局や銀行など何通りか明記さ
 れているとうれしいですね。

 効率を重視した出品社側の都合による一律な対応より、少しでも落札者の
 都合に合わせて選ぶ余地を与えてくれている出品者の心遣いは印象に残り、
 リピートしたくなるものです。

◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】からお知らせ
◆─────────────────────────────────◆

 現在のところ
 東北地方と海外が同数です。
 どちらもコアな読者が多いのよね。

 ひたすら続く、クリックアンケート。
 ご協力お願いします。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆あなたはどこの地域で【しごび】を読んでいますか?
 http://clickenquete.com/a/q.php?M0001959Q0014683C2509

 ○結果を見る
 ┗ http://clickenquete.com/a/r.php?Q0014683C54c5
 ○コメントボード
 ┗ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0014683P00C4321

 締切:2006年05月28日23時00分
 協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

記事全文を読む

今週はオークション落札後のメールのやりとりについて考察します。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法 < オークションに見るメール作法(2)
◆─────────────────────────────────◆
                           返信時の心得

 落札後、取引がスタートしてから出品者に尋ねられる内容は、ほぼ決まっ
 ています。ですから、落札者は事前に返信用のフォーマットを作っておく
 とよいでしょう。

 ▼ 効率よく返信するためのフォーマット
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 私はこんな風にしています。

  ————————————————————–

  こんにちは。
  XXXXXXX(自分のID)こと、神垣あゆみと申します。
  このたびはお世話になります。

  早速ですが、必要事項をお知らせします。

   郵便番号
   住所
   名前とふりがな
   電話番号

  以上です。よろしくお願いいたします。

  ————————————————————–

 必要事項に関しては、商品名、希望する送付方法、入金方法を書き添える
 こともあります。

 件名に商品名が書いてあることが多いので、私は返信する際の件名は替え
 ずにそのままにしていることが多いですね。

 出品者が指定するフォームに合わせる場合は、上記の必要事項を箇条書き
 したものを「下書き」として保存しておき、その都度コピー&ペースト。

 あるいは、郵便番号、住所、名前をそれぞれ辞書登録しておいてもいいで
 しょう(この方法はネット懸賞やアンケートの記入の時にも便利です)。

◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】からお知らせ
◆─────────────────────────────────◆

 思いのほか、関東の読者が多いのにびっくり~!
 だって、感想メールの数はいつも少なめ。

 まだまだ続くよ、クリックアンケート。
 ご協力お願いします。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆あなたはどこの地域で【しごび】を読んでいますか?

 http://clickenquete.com/a/q.php?M0001959Q0014683C2509

 締切:2006年05月28日23時00分
 協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

記事全文を読む

今週はオークション落札後のメールのやりとりについて考察します。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法  < オークションに見るメール作法
◆─────────────────────────────────◆
                           落札後の心得

 ネットオークションにハマってはや半年。今週は、落札する側から見た出
 品者の対応メールについての気づきを書いていきます。

 ▼ メールだからできるこまめな提案と情報提供
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 落札後、出品者と取引についてのやりとりが始まります。
 ※落札後の基本の流れはこんな感じです。
  http://help.yahoo.co.jp/guide/jp/auct/tour/bid5.html

 出品者から落札者宛てにメールで連絡がいき、落札品の送付先、入金や発
 送の方法について具体的に確認していきます。

 出品者から落札者宛ての確認事項としては
  ・送付先(氏名、郵便番号、住所)
  ・電話番号
  ・送金方法

 そのほか、出品者が発送方法を幾通りか設定している場合、どの発送方法
 にするか、領収書発行の有無、評価の要・不要などが確認項目に加わるこ
 ともあります。

 オークションではIDしか表示されていないので、取引の第一歩はお互いの
 素性を明かすことから始まります。フルネームの氏名(出品者が店舗や会
 社の場合は店舗名・社名も)、住所、電話番号をお互いに表明します。

 いずれにしろ、見知らぬ相手との金銭のやりとりですから、メールは誠実・
 正確を期すことがポイントですね。

◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】からお知らせ
◆─────────────────────────────────◆

 以前から知りたいと思っていたのが
 【しごび】読者層の分布図。

 これまでいただいた感想メールの比率から
 おそらく関西方面が一番多いような気がしています。
 次いで関東、北海道かな~。
 地元の広島は案外少なかったりして…。

 ちょうどいいテーマが浮かんだので
 アンケートにご協力お願いします。

あなたはどこの地域で【しごび】を読んでいますか?
Powered By クリックアンケート

記事全文を読む

今週は先手必勝のメール作法をご紹介します。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法       < 先を制すメール(5)
◆─────────────────────────────────◆
                           メールで営業

 仕事のやりとりが長い相手であれば、ある程度、こちらに何を望んでいる
 か、今後取り上げるべきテーマは何か、ということについて察しがつくよ
 うになります。

 ▼ メールだからできるこまめな提案と情報提供
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 相手にとって有益な情報、次回のテーマとして参考になりそうな情報をキャ
 ッチした時は、進んで情報提供を。

「興味深い情報を見つけたので、ご参考までにお送りします」
「次回のテーマに関連する情報をまとめました。ご検討ください」
 と、ひと言添え、思い立った時にメールしておきます。

 実際に相手から反応があるのは5回に1回、10回に1回ということも多く、必
 ずしもすぐには採用になるとは限りません。

 ですが、こまめに提案を積み重ね、先回りして有益な情報を伝えることは、
 メールでできる営業活動でもあるのです。

◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】からお知らせ
◆─────────────────────────────────◆

 今より「書ける」ようになりたい人、待ってます。

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  「書くこと=起業」ではないけれど、「書けること」が起業の第一歩

          ■ メ ル マ ガ 起 業 塾 ■
     http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/45/P0004541.html

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
 先日も「今度、ブログを始めるから、恥ずかしくない文章書けるように勉
 強したい」と、ある経営者のかたがお申し込みくださり、すごくうれしかっ たです。

 なぜなら、手ごわい強敵のいる業界で孤軍奮闘しつつも「伝えたい」こと
 を持っている人だったから。

 最初からうまく書けなくていいんです。
 「伝わる文章」が書けるようになるために、私達が全面的にサポートします。

 ——————————————————————

 ■6月から毎週土曜日、月4回配信。添削・指導付き。

 ■創刊月の購読料は無料です。
  ※まぐまぐプレミアム「当月無料」について
   http://premium.mag2.com/aboutcampaign.html

 ■あべまゆみさん http://www.abe-mayumi.com/pulof.html
  と一緒にあなたの文章力向上に精いっぱい貢献します。

 詳しくはこちら

記事全文を読む

今週は先手必勝のメール作法をご紹介します。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法       < 先を制すメール(4)
◆─────────────────────────────────◆
                            依頼を断る

 「無料レポートを作りました」「今度、セミナーを開きます」といった
 類のお知らせメール。「つきましては…」と告知や購入を促すフレーズ
 が続きます。知っている人でもあるし、断りづらい。そんな時は…

 ▼ 協力できない理由をはっきりと
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 私も以前は、あまり深く考えることなく「いいですよ」と自分のメルマガ
 などで告知していました。

 ただ、あまりにこの手の依頼が増えてきて、特に自分のメルマガの読者に
 告知し続けることが苦痛になってきたので、お断りするようになりました。

 お断りする時は、同意しかねる気持ちと、相手を嫌っているのではないこ
 とを伝えるようにしています。例えば

「あなたとのお付き合いは大切にしたいのですが、情報商材の販売に関して
 は疑問に思うことが多く、残念ながらご協力できません。今後もこのよう
 なお誘いには対応しかねるので、お知らせは控えていただけますか」

 知っている仲だからと安請け合いしてしまうと、あとあとトラブルになり、
 相手との仲まで壊れてしまうことがあります。

 メルマガを通じて知り合った人はみんな、私の宝物ですが、利害が絡むこ
 とに関しては慎重に検討しています。できないことははっきりとお伝えす
 るのがお互いのためと思うからです。

記事全文を読む

今週は先手必勝のメール作法をご紹介します。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法       < 先を制すメール(3)
◆─────────────────────────────────◆
                            不在の通知

 出張や休暇でメールの対応ができない。そんなこともあります。事前に日
 程が分かっている場合は…

 ▼ 署名で事前に告知する
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 出張や休暇期間内はメールの対応が遅れる旨を署名に明記し、事前に告知
 しておくのも一つの方法。例えば

「出張のため○月○日まで不在のため、メールの返信が遅れます」
「○月○日~△日まで夏期休暇につき、メールの返信が□日以降となります」
 という一文を添えておくのです。

 長期研修で不在にする仕事仲間は、署名に「ご連絡」として
「誠に勝手ながら、研修のため○月は臨時休業いたします。お急ぎの場合は、
 メールまたは携帯電話にご連絡いただければ、研修の空き時間を利用して
 対応させていただきます」
 という一文を数週間前から添えていました。

 ポイントは早めに告知すること。告知ツールとして署名を上手に活用した
 いですね。

 不在にする日程が近づいてきたら、改めて、きちんとメールで知らせるこ
 ともお忘れなく

記事全文を読む