【本日の業務連絡】
バックナンバーがブログ化してる! こいつぁ~便利だ。
まぐまぐ! で【しごび】のバックナンバーを見ると…ほれ、このとおり!
http://blog.mag2.com/m/log/0000146166

今週は、表記の際の留意点についてです。
 
◆────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法         < 基準を持つ(4)
◆────────────────────────────◆
                まちがいやすい仮名遣いを紹介します。

 ▼ 「は」と「わ」、「お」と「う」の使い分け
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「こんにちは」と「こんにちわ」。

 うっかり「わ」にしていませんか? 「こんばんは」も同様ですね。一方、
 「雨は降るわ風は吹くわ」は「わ」。「は」ではありません。「来るわ来
 るわ」「出るわ出るわ」も同様です。

 「通る」をひらがなで書くと「とおる」「とうる」さて、どちらでし
 ょう。

 この場合は「お」。「とおる」です。試しに「とうる」と打って変換して
 みてください。「通る」は出てきません。「多い=おおい」「大きい=お
 おきい」「おおよそ」なども同様に「お」で表記します。

 では「放る」をひらがなで書くと? 

 この場合は「ほうる」。ほかにも「扇=おうぎ」「遊びほうける」などが
 「う」ですね。

 ▼ 紛らわしい仮名遣い
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 日常的な言葉ほど、意外と仮名遣いを間違っているものです。

 紛らわしい仮名遣いを挙げましたので、確認してみてください(「朝日新
 聞の用語の手引」を参照しました)。

 <は>
  いずれ こんにち こんばん 願わく

 <わ>
  来る来る 出る出る 雨は降る風は吹く

 <ぢ>
  こんまり

 <づ>
  ことける(言付ける) したづみ(舌鼓)

 <ず>
  つ(一つずつ、少しずつ) うなく(頷く) 黒くめ さしめ 

 <お>
  およそ とおる(通る) とどこる(滞る) おい(多い) 
  おきい(大きい)

 <う>
  ほる(放る) こむる(被る) 遊びほける おぎ(扇)

 「こぢんまり」を「こじんまり」、「ずつ」を「づつ」と間違いやすいの
 で注意しましょう。

続きを読む

記事全文を読む

今週は、表記の際の留意点についてです。

◆────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法         < 基準を持つ(3)
◆────────────────────────────◆
同訓異字・同音異議語の使い分け例を紹介します。

▼ 同じ読みで表記が違う言葉
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「会う」と「合う」の違い、ご存知ですか?

「会う」は、主に人と人とがあう場合に使い、「合う」は合致、調和、互
いに同じ動作をする時に使うと、「朝日新聞の用語の手引」にあります。

人にあう時は「会う」、人以外にあう時は「合う」と、私は覚えるように
しています。さらに、遭遇、偶然という意味での「遭う」もありますね。
このように、同じ読みでも漢字表記が異なる語が幾つもあります。

たとえば「制作」と「製作」。

「制作」は、主として芸術的、ソフト的なものをつくる時に使用し、「製
作」は主として具体的、実用的なもの、主に量産するものをつくる時に使
用(共同通信社の「記者ハンドブック」より)。

例としては、絵画・工芸品は「制作」、機械・器具は「製作」を使います。

混同しやすい言葉ですが、明確な区別はなく、映画、新聞、放送など、内
容によって使い分けられることが多いです。

放送番組は「制作、映画は「製作」とするのが一般的です。

ちなみに、私の名刺は「印刷物・出版物の制作」としています。

▼ 表記の基準を設ける
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「十分」と「充分」。

統一用語としては「十分」です。けれど、私が担当している社内報では、
社長が「充分」を好んで使うので、敢えて訂正せず、その社内報では「充
分」に統一して使用しています。

このように、「用字用語集」にがちがちに縛られるのではなく、同じ人が
書くメールや文書、同じ会社が出す印刷物などによって表記の基準を設け、
統一して使用するようにしています。

◆────────────────────────────◆
お す す め メ ル マ ガ
◆────────────────────────────◆
私が好きで読んでいるメールマガジン、おすすめしたいメールマガジンを
ここで順次紹介していきます。 ※今週は愛知県のメルマガ特集!

目にもさわやかな画像と共に送られてくるHTMLメルマガと言えば…

そう。毎週、日曜配信のアレです。

発行人は、どこから見てもさわやかな好青年、

野菜ソムリエのショウさんこと、いとうたかとしさん。

ピーマンの苦味の取り方を、このメルマガで教わりました。

キャベツとキュウリを食べあわせると…

このメルマガで、野菜の見方、食べ方が変わりますよ!
————————————————–

野菜ソムリエの「であいたび」

『野菜ソムリエ』のショウが、ちょっと気がつくだけで抜群の効果がある
野菜の食べ方や、裏話、裏技をお伝えします。
あなたも今日から【野菜美人】になって、ハッピーサプライズな毎日を
送りましょう!

★お申込は ⇒ http://www.mag2.com/m/0000136187.html

———————————————
【裏ショウさんのコーナー】も見逃せません!

ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン
【 仕事美人のメール作法 】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

仕事実績、著書、お問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

完徹らしい砂漠王に3時ごろメールしたら…
ちゃんと起きてて、パンも食べたあとだった。

今週は、表記の際の留意点についてです。
 
◆────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法        < 基準を持つ(2)
◆────────────────────────────◆
               注意を要する送り仮名の表記を紹介します。

 ▼ 送り仮名の原則を知る
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 送り仮名を付ける際の基準としては、1973年内閣告示の「送り仮名の付け
 方」があります。

 公用文書や新聞表記の基準にされており、昨日ご紹介した「朝日新聞の用
 語の手引」もこれに基づいています。では、迷いやすい表記を幾つか挙げ
 てみましょう。

 ◎活用のある語は活用語尾を送る
  例)表す 行う 断る 現れる 生きる
      ̄   ̄   ̄   ̄ ̄   ̄ ̄
 ◎動詞の活用形やそれに準ずるものを含む送り仮名
  例)終わる 聞こえる 向かう 押さえる 生まれる 積もる 起こる
     ̄ ̄   ̄ ̄    ̄ ̄   ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄   ̄ ̄
 ◎形容詞・形容動詞の語幹を含むもの
  例)確かめる 重たい 細かい 柔らかい
 ̄ ̄    ̄    ̄ ̄   ̄ ̄ ̄

 ▼ 「許容」「例外」も、ある
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 上記の例は「原則」であり、「許容」「例外」もあります。

 たとえば、「おわる」を例にとると…。

 「おわる」と「おえる」の区別のために「終わる」「終える」と活用語尾
 の前から仮名を送るのが原則。
 ですが、慣習となっていて意味が通じる場合は、送り仮名の一部を省いて
 「終る」とすることも許容されています。

 結局、どちらでもよく、メールで文字を入力する時も「終わる」「終る」
 両方が変換候補として出てきます。

 ただ、一つの文書に「終わる」と「終る」が混在するのも見苦しいので、
 迷った時は「原則」の表記を基準に書くと良いでしょう。そのためにも基
 準となる辞書や手引きを手元に置いておきたいですね。

 ※参考:
 ・送り仮名の付け方(昭和48年6月18日,昭和56年10月1日 一部改正)
  内閣告示・内閣訓令
 ・「朝日新聞の用語の手引 最新版」2002

 ※この記事のヒントをくれたのは…
  ミユポンさん http://www.meneki-up.net/mag2.htm

続きを読む

記事全文を読む

今週は、表記の際の留意点についてです。
 
◆────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法           < 基準を持つ
◆────────────────────────────◆
             言葉を綴る際に気をつけたいことを紹介します。

 ▼ その変換、正しいですか?
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「表わす」と「表す」。「製作」と「制作」。「こんにちわ」と「こんに
 ちは」。

 送り仮名や同音異義語、「わ」「は」や「じ」「ぢ」の使い分けなど、時
 として気になる言葉の表記。Wordなどのワードプロセッサソフトの普及に
 伴い、文字の確認を辞書で調べるという習慣が激減しました。

 パソコンを使用していれば、あたりまえのように打った文字が自動的に変
 換されるので、選ぶだけです。それだけに、変換ミスや表記を勘違いした
 まま使っている文章も多く目にします。

 スピードも要求されるビジネスメールのやりとりにおいて、いちいち文字
 の正しい表記や使い方を調べてなんていられない、という声も聞こえます。

 ですが、知っておいて損もないでしょう。よく使う言葉ほど、もう一度使
 い方を確認してみましょう。

 ▼ 文章を書く際の基準を持つ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
6/6

 私が文章を書くとき、常に手元においているのが、共同通信社の「記者ハンドブック」と「朝日新聞の用語の手引」です。

 駆け出し時代、上司から真っ先に購入するよう言われたのがこの2冊。い
 ずれも新聞で表記される用字用語の使い方が挙げられています。

 すべての文章をこの通りに書くということではなく、表記の際の基準に今
 でもしています。

 メールもメルマガも、一冊の本の編集を手がける時も、言葉の表記の基準
 を持つことが重要。書き手の個性を大切にしながら、表記に一貫性がある
 ことも文章を書くうえで意識しておきたいことです。

 今週は例を挙げながら、表記の基準を考察していきますね。

続きを読む

記事全文を読む

本日、いよいよ!
 >>>>>>> ★インーディーズTシャツショップ★ <<<<<<<
        「No More Tears」全国ツアーinヒロシマ
   http://www.originaltshirts.jp/worldtour.html

    ■6月3日(金)~12日(日)
    ■広島パルコ 新館1階・イベントスペース

    ■書家ヤマモトテルミ氏 書道Tシャツ実演販売 
     6月4日(土) 15:00~18:00

 カップルやご家族で、ぜひ好みのTシャツを探しに来てくださいね。
 4日は神垣も会場におります!

「気になる言葉」の完結編です。
 
◆────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法       < 読者からのおたより
◆────────────────────────────◆
          読者から寄せられた「気になる言葉」をご紹介します。

 先々週からご紹介している「気になる言葉」もいよいよ最終回。読者のか
 たから寄せられた気になる言葉をご紹介しましょう。

 ■「~したいと思います」 ——————————-

    話し言葉ではないのですが、「自身」という言葉を、自分自身とは
    分離して使う例が特にスポーツ関係のライターに目立ちます。これ
    もそのうち定着してしまうのだろうと諦めてます。

    また、最近の事故等に関連して当事者が「~したいと思います」と
    言ってから頭をいっせいに下げるシーが見受けられますが、これに
    は抵抗を感じます。「~します」と言えないものでしょうかね。

 ——————————————-(読者 Y.W様)

 「私自身」「彼自身」とせず、単独で「自身」。私もたまに単独で使って
 いたので、ドキッとしました。省略したり間違ったままの言葉の使い方が
 流行のようになり、定着していくことがあります。気をつけなくては…。

 「~したいと思います」は話し言葉に限らず書き言葉にもよく見受けられ
 ますよね。ついなんとなく使ってしまいがちですが、確かに“意志”の希
 薄な表現です。

 特に謝罪の際に、「~したいと思います」では悔い改め、二度と同じ過ち
 はおかさないという強い気持ちは伝わってきません。

 「~します」と言い切ることが信頼の一歩。ちょっとした違いですが、私
 も仕事のやりとりでは意識して「~します」を使うようにしています。

 ■「逆に言うとね」 ———————————–

    「逆に言うとね」ってよく言われるんですが、あんまり逆じゃない
    ことが多いんです。

 —————————————-(読者 N.I様)

 「要するに」「やっぱり」などと同様、本来の意味としてより、合の手の
 ように使われている言葉ですよね。実際に聞いてみたら、逆でもなんでも
 なかったということがよくあります。

 意味としては「ですが」「しかし」に近く、相手の意見に異を唱える際に
 使う言葉のひとつでしょう。無駄な合の手にならないよう、意味が通る使
 い方を心がけたいですね。

 私は会社員時代に「でも」「だって」が多い、と上司からよく注意されま
 した。反対意見を言うときは、途中で否定せず、まず相手の話を最後まで
 聞き、「おっしゃるとおりですね」「なるほど」「確かに」と受け入れて
 から、「こういう考えもあるのではないですか」「私はこのように考えた
 のですが…」と意見を述べるよう、教わりました。

続きを読む

記事全文を読む
ICCT[rX dl̃[C@\ݎ󂯕t@VЈA[̏}i[ȊwKŊwׂICCT[rX