今週のテーマは「気になる言葉」です。

◆────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法       < 気になる言葉(2)
◆────────────────────────────◆
今週は、メールで気になる言葉づかいについてです。

▼ 「ご返事」と「お返事」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
最近、使い方に疑問を持ったのが「ご返事」と「お返事」です。

メールの返信に私はずっと「お返事」を使っていました。けれど、年長者
からのメールに「ご返事ありがとうございます」とあり、それが何人か続
いたので疑問に思い、調べてみたところ…。

謙譲語の「お」と「ご」の使い分けの基準として、訓読みの和語の前につ
くのが「お」、音読みの漢語の前につくのが「ご」。このルールにのっと
ると、「返事をする」の謙譲語は「ご返事いたします」となることを知り
ました。

私は「お返事」のほうが語呂がいいような気がしていたのですが、ビジネ
スメールでは「ご返事」とするほうが多いようです。

幼児に「お返事は?」と聞くのと同様、「お返事」にはニュアンスとして
普段使いの言葉の色合いが強いのかもしれませんね。

▼ 違いを知って使い分け
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
必ずしも、漢語には「ご」、和語には「お」というルールどおりではない
言葉もあります。漢語でも「お」をつける例としては、「お礼状」「お加
減」「お時間」。和語でも「ご」をつける例では、「ご入り用」「ごゆっ
くり」などです。

時代とともに言葉の使い方も変化していきます。「ご返事」という改まっ
た言い方も、次第に「お返事」というカジュアルな言い方に変わっていく
のかもしれません。ですが、違いを知り、その場に応じて使い分けること
は必要と感じています。

記事全文を読む

【本日の業務連絡】
もう、読んだ? 鉄の料理法
これまた毛色の変わったビジネス系メルマガの登場です。
でもね、硬い話は一切なし。
やさしくたのしく鉄を語る料理人はこのお人! 
まあ、いっぺん読んでみんさい、はまるけぇ。

◆────────────────────────────◆
 は じ め に
◆────────────────────────────◆

 おはようございます。自称「とまどう女」神垣です。

 先週、携帯電話を機種変更しました。
 実に4年ぶり。まだ、操作にとまどっていますが
 海外でも使える国際ローミング機能付です。

                今週のテーマは「気になる言葉」です。
 

続きを読む

記事全文を読む

【本日の業務連絡】
昨日は9回目の結婚記念日でした。
ザ・ディナーはネコの手本舗のとろとろビーフシチュー! 
自然解凍してお鍋で温めていただいたんだけど、においだけでもぉ幸せな気分。
小山和牛のスネ肉、美味ですっ!
とろとろビーフシチュー 

◆────────────────────────────◆
 は じ め に
◆────────────────────────────◆

 おはようございます。自称「古代に思いを馳せる女」神垣です。

 ツタンカーメンの顔の模型写真を新聞で見ました。

 フランスの科学者チームがつくったという模型が

 なぜかリアル。なんか作りこみすぎてない? 

       本日の【しごび】は、久々に読者からの質問にお答えします。
 

続きを読む

記事全文を読む

またもや即時配信・・・
夕べから波乱万丈。
ゆれる小舟状態です。

◆────────────────────────◆
 は じ め に
◆────────────────────────◆

 おはようございます。自称「かみしめる女」神垣です。

 パソコンを使うのが日常化すると

 アナログなものにぐっとときめきます。

 久しぶりに手書きの封書をいただき、

 じんわりうれしさをかみしめました。

                 今週のテーマは「質問の仕方」です。
 
 

続きを読む

記事全文を読む

双子の読者さんてどのくらいおられるんだろう?
双子っていまだに憧れます。

◆────────────────────────────◆
 は じ め に
◆────────────────────────────◆

 おはようございます。自称「ナツメロ一直線の女」神垣です。

 むか~し、むかし

 リリーズっていう双子のアイドル歌手がいました。

 「好きよ、好きよ、キャプ~テン♪」なんて唄ってました。

 今朝、突然思い出したんで書いてみました。

                 今週のテーマは「質問の仕方」です。
 
 

続きを読む

記事全文を読む
ICCT[rX dl̃[C@\ݎ󂯕t@VЈA[̏}i[ȊwKŊwׂICCT[rX