【しごび】からのお知らせ
 ひと味違う、ボックスセミナー。あなたも気づける人になりませんか?

今週は、使い方を間違えやすい敬語をピックアップします。
 
◆────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法      < 間違いやすい敬語(3)
◆────────────────────────────◆
                           物にも尊敬語?
 ▼ 二通りある尊敬語
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 相手に対して敬意を示す言葉が「尊敬語」です。
 尊敬語には主に二通りあります。

 ・相手の動作や状態に、助動詞の「~れる」「~られる」、
  補助動詞の「お~になる」「ご~になる」をつけて使う場合

 ・「いらっしゃる」「めしあがる」のように言葉自体が尊敬語の場合

 聞く ⇒ 聞かれる、お聞きになる
 言う ⇒ 言われる、おっしゃる
 する ⇒ される、なさる
 あげる⇒ くださる
 見る ⇒ ご覧になる              
 
 などが一例です。

 ▼ 物に尊敬語は使わない
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 間違いやすいのが、物に尊敬語を使ってしまうこと。物は敬意の対象にな
 らないので尊敬語をつける必要はありません。例えば…

   本社は広島でいらっしゃいますか? ⇒ 本社は広島ですか?
   
   素敵なネクタイでいらっしゃいますね。 ⇒ 素敵なネクタイですね。
   
 謙譲語の「いたす」もくせもの。この場合も、物に対して「いたす」は使
 いません。

   この冊子を制作いたしました。 ⇒ この冊子を制作しました。

 「する」の尊敬語は「される」「なさる」、謙譲語は「いたす」「させて
 いただく」となります。相手の態度・状態を問う場合は…

  どちらにいたしますか? ⇒ どちらになさいますか?
                どちらにされますか?

  どういたしましたか?  ⇒ どうかなさいましたか?

 となります。

続きを読む

記事全文を読む

今週は、使い方を間違えやすい敬語をピックアップします。
 
◆────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法      < 間違いやすい敬語(2)
◆────────────────────────────◆
                       二重敬語に気をつけて!

 ▼ 丁寧も行き過ぎると不自然
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 敬語に敬語を重ねた二重敬語。案外、気づかず使っているものです。

 たとえば、「お○○○になる」に尊敬の「れる」「られる」を付けてしま
 うパターン。

  おっしゃられる  ⇒ おっしゃる

  召しあがられる  ⇒ 召しあがる

  おいでになられる ⇒ おいでになる いらっしゃる

  ご覧になられる  ⇒ ご覧になる 見られる

  お帰りになられる ⇒ お帰りになる 帰られる

 私はうっかり「召しあがられる」を使っていて、赤面。丁寧に書こうとし
 て、却って丁寧すぎて不自然に映ってしまうので要注意。敬語が重複する
 と、単純に聞きづらい、読みづらいものです。

 ▼ 「お」は和語に、「ご」は漢語に
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 二重敬語としては、やたらと「お」や「ご」「御」をつけるのもNG。

 「おごちそうさま」は「ご」で十分、丁寧を表しているのに、さらに「お」
 まで付けてしまっている二重敬語の例。

 「お」は和語(訓で読まれる語)に、「ご」は漢語(音で読まれる後)に
 付けるのが原則。外来語にも「お」「ご」はつけません。

 例えば…
  ○ ご馳走  お手洗い 
  × おビール おトイレ

続きを読む

記事全文を読む

今週は、使い方を間違えやすい敬語をピックアップします。
 
◆────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法       < 間違いやすい敬語
◆────────────────────────────◆
                   今、使っている言葉を疑ってみる。

 ▼ 「NIKKEIプラス1」の例より
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 7月2日の日経新聞の別冊「NIKKEIプラス1」4面に「その言葉遣い、待った
 !」という見出しで、普段なにげなく使っているビジネス用語の誤用につ
 いての記事がありました。

 チェック一覧があり、私も間違って使っていた言葉があったので挙げてみ
 ます。

  お名前をちょうだいできますか ⇒ お名前をお教え願えませんか

  了解しました ⇒ 承知しました

  参考になりました ⇒ 勉強になりました

 記事によると

  相手の話を聞き終わった後に口にする「大変参考になりました」。相手
  によっては「自分の話は参考程度にしかならないのか」と思わせてしま
  い、失礼な表現になることがある。

  「名前をちょうだいする」は、本来は歌舞伎の襲名などに使う言葉。
  「お聞かせいただく」「お教えいただく」と言い換えたい。

 と、あります。「参考になりました」は相手の受け取りようによっては、
 こちらの真意を誤解されることもあるということですね。気をつけなけれ
 ば…。

 ▼ 自分の言葉遣いを疑ってみる
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「了解しました」は「わかりました」と言うよりは丁寧だと思い、日常的
 に多用していましたが(特にメールで)、確かに「承知しました」「かし
 こまりました」のほうが感じがいいですよね。

 言葉は時代と共に変化していくものですが、その都度立ち止まり、自分の
 言葉遣いをチェックしてみる機会を持つようにしています。

 フリーランスになってから、言葉遣いのお手本になる上司や先輩が身近に
 いなくなり、自分で注意しておかないと誤ったまま平気で使っていた、な
 んて失敗があるからです。

 ですから、客先などで感じの良い対応や言葉遣いの人に接すると、真似す
 るようにしています。そういう人のことは忘れないものです。

 ※「NIKKEIプラス1」仕事常識
   

続きを読む

記事全文を読む

【本日の広島弁業務連絡】
ほいで、おかやんが広島に来るの知っとる? 
噂の【カラオケボックス@セミナー】in 広島じゃけえね。
7月16日土曜。行かにゃあいけまぁ、生で会えるんよ、本人に。
よう見てみんさい、ここに書いてあるけぇ。

今週は、メール作法とは一見関係なさそうな読書についてです。
いつもとちょっと短めのShort Version でお送りします。

◆────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法   <【しごび】流読書のススメ(5)
◆────────────────────────────◆
                            読書の醍醐味

 読む本の種類より、「どう読むか」のほうが重要だと思っています。

 たとえば、営業に強くなろうと思えば、営業のノウハウ本を読むより恋愛
 系のそれを読むほうが参考になるし、実践しやすいです。私の場合。
 “落とす”技術は恋愛もビジネスも共通するところがあると思うからです。

 男性に歴史小説ファンが多いのも、歴史小説から戦略、戦術、人事、経営
 など、ヒントを得ることができるからでしょう。

 本ではなくメールマガジンですが、「育児」のカテゴリーながら、ビジネ
 スにも通用するヒントをくれるメルマガがあります。おかやんこと、あべ
 まゆみさんの「妊娠50ヶ月 ~育児書で子育てするな~」。
  http://www.abe-mayumi.com/ninshin.html

 「人を育てる」ことはわが子に限らず職場や社会生活の中でも発生するこ
 と。「人を思いやる」心は育児から派生して大人になっても幹になる部分
 です。育児をしていくうえでの気づきもたくさんもらっていますが、同時
 に仕事に必要な気持ちの持ち方、人との接し方を私はこのメルマガから学
 んでいます。

 何を読むかより、どう読むか。

 ビジネスマンだから、ビジネスの棚にあるノウハウ本しか手を出さないと
 いうのはちょっと寂しい。逆に、女性が「自分磨き」や「自分探し」のコ
 ーナーの本しか手にとらないのももったいない。

 なぜなら、全然異なる分野の本に、今、求めているヒントが隠されている
 ことだってあるからです。それは冒険小説かもしれない、子育てエッセイ
 かもしれない、ボクサーを描いたノンフィクションかもしれない…。

 せめて、活字が印刷された紙の上だけは心に歯止めをかけず、思いっきり
 冒険してみませんか。

続きを読む

記事全文を読む

今週は、メール作法とは一見関係なさそうな読書についてです。
いつもとちょっと短めのShort Version でお送りします。
          
◆───────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法   <【しごび】流読書のススメ(4)
◆────────────────────────────◆
                     読書をススメるそのわけは…

 今回、なぜ「読書」をテーマにしようかと思ったか。

 それは、読書によって鍛えられる力がある、と信じているからです。その
 力とは「察する」「気づく」「推し量る」力です。

 子どもの時、本を読んでいて、そこからいろいろな想像をしませんでした
 か? 大人になっても、映画のワンシーンのように一行の描写が頭にイメ
 ージされたりはしませんか。小説だと特に…。

 活字で書かれた場面を頭の中のスクリーンに映し出してみる、もっと単純
 に言えば、活字を絵に置き換える作業、それが読書です。読書を続けるこ
 とは、感性が忙しく動き回る状態の連続ですから、想像力も筋肉のように
 鍛えらていきます。

 でも、想像するだけではダメ。

 頭でっかちな理屈たれで終わってしまいます。その想像力を、実生活に結
 びつけていくことが次のステップです。

 読書で養った想像力は、表情から人の気持ちを察したり、心の動きに気づ
 いたり、動作から意図を推し量る助けになります。

 「察する」「気づく」「推し量る」力が、すべて読書から養われるとは思
 いません。本なんか読まなくてもそれができる人はいるし、読んでいても
 できない人もいます。ですが、読書で鍛えた感性が体験に結びついた時、
 その人に深みを与えるのは確か。

 日々、仕事をする中で、人間関係や仕事の流れを円滑にするちょっとした
 気遣いや心配り。それは想像力の産物です。

 「想像力が足りない」ことが原因で起こるミスやトラブルも少なくありま
 せん。今どきの凶悪な事件も、「その結果、どうなるか」という想像力が
 働けば、起こることのなかったような事件が目につきます。

 想像力が足りないのは、単純に読書する機会が減っているから。それだけ
 は断言できます。

 あなたが最近読んだ本はなんですか? ビジネス系のノウハウ本だけで満
 足していませんか? 

 ほんの少しでも心を運動させ続け、感性を鈍らせないためにも読書をおす
 すめしたいです。“感じる心”は仕事や人と関わる上での原点になると思
 うから。

続きを読む

記事全文を読む
ICCT[rX dl̃[C@\ݎ󂯕t@VЈA[̏}i[ȊwKŊwׂICCT[rX