さあ、今週もメール作法を一緒に考えていきましょう。

◆――――――――――――――――――――――――――――◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法  < 考察「相互紹介の依頼文」 >
◆――――――――――――――――――――――――――――◆
         メールマガジンの相互紹介の依頼文に対する考察です。

 ▼ 心に残った依頼文
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「私は創刊前に中身の分からないメルマガを紹介することにとても抵抗が
  あり、神垣さんのメルマガを紹介しませんでした」

 「仕事美人のメール作法」の創刊間もないころ、いただいた相互紹介の依
 頼文にあった一節です。創刊後、購読してみて改めて相互紹介を依頼した
 い、という旨のメールでした。

 とてもうれしく、今も心に残っています。

 ▼ テクニックを越えて心を捉えるのは…
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 創刊前のスタートダッシュとして、既刊のメルマガへの紹介依頼は多く行
 われています。私自身も、そのおかげで「ウィークリーまぐまぐ」ビジネ
 ス版の新作メールマガジン発行部数ベスト10に入れました。

 本当にありがたかったので、創刊前にベスト10入りを狙っているメルマガ
 から依頼があれば、私も応援の紹介文を書きます。

 ですが、ベスト10入りを考えていなかったり知らなかったら…。もし、創
 刊前のメルマガ発行者から依頼文が来た時、冒頭の一節と同じ思いを私も
 抱いていたでしょう。

 だから、率直にその気持ちを伝えてくれた上記の発行者にとても好感を持
 ちました。本音だと思ったからです。

 素直な気持ちと勇気は、テクニックを越えて心を捉えて離しません。

       明日も引き続き、「相互紹介の依頼文」について考察します。

続きを読む

記事全文を読む

◆――――――――――――――――――――――――――――◆
 仕 事 美 人 へ の 道   < 映画「 ラブ・アクチュアリー 」
◆――――――――――――――――――――――――――――◆
 金曜日は「仕事美人への道」と題し、おすすめの映画や書籍を紹介します。
 今回は、映画「ラブ・アクチュアリー 」です。

 ▼ 電源が切れない
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 サラは、携帯電話の電源をオフにできない女。

 それがたとえ、2年7カ月も片想いし続けた彼と今まさに…の瞬間でも。
 電源切ってないんです。そして鳴るんです、携帯が。

 彼女が電源を切れない正当な理由はちゃんとあるのですが、携帯電話に限
 らずPCの電源が切れない、メールの送受信が気になって仕方ない私は、こ
 のシーンを見て思わず苦笑いしてしまいました。

 ▼ 「即レスには引く」
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 と言われて初めて、すっかり中毒になっている自分に気づきました。即座
 のレスポンスは誠意、とすら思っていたから。

 打ち合わせに出たり、取材に行くと、1時間にこんなにもたくさんのことが
 できるのかと思うときがあります。PCの前にいるときは無用に時間が過ぎ
 ていくのに。

 メールもネットも道具に過ぎないとわかっていながら、チェックせずには
 おれない体質にいつのまにやらなっていました。

 ▼ 適度な距離感が正常な関係を生む
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 道具も人も適度な距離感があってこそ、正常な関係が築けるというもの。
 密着度が高まるほどに肝心なものが見えなくなります。

 「そろそろ行動に起こす時期だと僕は、思うよ」

 サラの上司、ハリーがクリスマスを前に彼女に告白を促すシーンがありま
 す。私もそろそろ行動を起こしたほうが良さそうです。

 ▼「 ラブ・アクチュアリー 」(Love Actually)
 2003年製作のアメリカ・イギリス映画。監督・脚本はRichard Curtis。登
 場人物は19人。クリスマスシーズンの英国を舞台に、19人分の恋模様が絡
 み合いながら、ラストに向けて集結していきます。地味ながら芸達者揃い
 の配役。ヒュー・グラント、リーアム・ニーソンがナチュラルでいい。

 まだ残ってました! 公式サイト http://www.loveactually.jp/

          来週もまた一緒にメール作法を考えていきましょうね。

続きを読む

記事全文を読む

        とうとう、お雛さまが出せなかった・・・。
       娘達よ、許せ。母は締め切り地獄の真っ只中さ。

      それでは本題に移りましょうか。今日は「仕事美人列伝」です。

◆――――――――――――――――――――――――――――◆
 仕 事 美 人 列 伝  < ライター 斉藤文子さん >
◆――――――――――――――――――――――――――――◆
 毎週木曜日は「仕事美人列伝」と題し、リアルな“仕事美人”をご紹介し
 ます。第7回は、ライター仲間の 斉藤文子さんです。

 ▼ さらっとスパイシー
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 基本的に、辛口な女性(ひと)です。かれこれ、4~5年のつき合いですが、
 さらっとスパイシーな意見を言う人で、そこが私は好き。

 共通の友人を介し、地元情報番組の主婦ネタ収集を一緒にしていたのが、
 そもそもの出会い。当初からピリッとした意見を言う人だな~とは思って
 いました。元某住宅メーカーのインテリアコーディネーターと聞き、なる
 ほど納得。おそらく仕事のできるタイプだったはず。

 三人目の子どもを出産し、しばらくおとなしくしているのかと思いきや、
 いきなり地元のポータルサイトへライター・デビュー。面食らったけど、
 うれしかった。

 彼女とは、他の仲間達と一緒に「和食で元気党通信」というメルマガでも
 しばらく一緒に書いていたのですが、そこからまた一歩踏み出したな、と
 思ったからです。

 ▼ ビジネス仕様のメールで届いた決意
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「赤ん坊と見つめ合うだけで幸せを感じる私ではありませんし、40歳再出
  発を目標にしています」

 「何でも肥やしにしなければ、家に籠もっていては未来はナイと自分に言
  い聞かせる日々です」

 何度となく交わしたメールにこんな一文を見つけ、かつての私自身を見る
 ようでした。「このままで終わりたくない」という気持ち、すごくよくわ
 かる。会うとタメグチなのに、メールはいつもきっちりビジネス仕様なの
 も彼女らしい。

 でも、彼女自身は三人の子どもの本当に良きお母さん。仕事に盲目で主婦
 業・母親業は落第の私よりもずっと家族を大切にしています。

 仕事へのスタンスも、生活者として等身大の自分の視点で取り組んでいる
 点がいいと思います。これからも辛口文子スタイルで進んでいってほしい
 な、と老婆心全開で見守っています。

┏━━━━━━━━━━━━┓
┃★今日ご紹介した仕事美人┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
 
 ライター 斉藤文子さん
 
      MEGA EGG ドットコム「ガイドにおまかせ」インテリア
      http://guide.megaegg.com/interior/index.html

      メールマガジン「和食で元気党通信」(いりこ名で執筆)
      http://www.wa-planning.com/wasyoku/

      メールマガジン「高齢化社会のための住まい作り!」
      http://www.mag2.com/m/0000048195.htm
 
┏━━━━━━━━┓
┃神垣★チェック!┃
┗━━━━━━━━┛

 毎年、お手製のコスプレ衣装姿のお子達の写真付年賀状を送ってくれる斉
 藤さん。料理もこまめな創作系。人前でしゃべるのも苦にならないらしく、
 講師業もなんなくやってのける。結局、肝っ玉系なんだと思う。

続きを読む

記事全文を読む

◆――――――――――――――――――――――――――――◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法  <考察「返事はお暇なときに(3)」
◆――――――――――――――――――――――――――――◆
「返事はお暇なときで構いません」というメールに対する考察、最終回です。

 ▼ 具体的な基準を持つ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「返事はお暇なときで構いません」というメールをもらったときに感じた
 ちょっとした違和感をそのままテーマにしたわけですが、返信の仕方は、
 各自それぞれが基準を持って行えばよいと思います。

 ・即レスできる状態なら、すぐに返信してしまう。

 ・返信の期日を何日以内と決め、それまでに返信する。

 ・急がないとは言え、返事を求めらている以上何週間も放置しておくわけ
  にはいかないので、回答するのに時間を要すようであれば、一度、その
  旨伝え、改めて回答する
 
 といった具合です。

 相手からの指定された返信の期日指定があいまいでも、こちらから返信す
 る際の具体的な基準を持っておけば、戸惑うこともなくなります。

 ▼ 相手が受け取る時のことに思いを馳せる
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 大事なのは、その返信を相手が受け取る時に少し思いをめぐらせてみる
 こと。

 自分にとって手隙の時間が夜中の3時だったとしても、受け取った相手は
 「こんな時間に!?」と引いてしまうでしょう。

 おびただしいメールを受信している相手には、何度もやりとりしなくて済
 むように要点が簡潔にわかるメールにしたほうが親切。

 仕事だとすっぱり割り切れるのですが、大切な相手ほど、気をまわしすぎ
 て自爆と言うこともよくあります、私の場合。

 未だに失敗もしますが、具体的な表記、返信の時間も含め、相手の負担に
 ならないメールを送るように気をつけています。

       明日はリアルな仕事美人をご紹介する「仕事美人列伝」です。

続きを読む

記事全文を読む

◆――――――――――――――――――――――――――――◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法  <考察「返事はお暇なときに(2)」
◆――――――――――――――――――――――――――――◆
「返事はお暇なときで構いません」というメールに対する考察、2回目です。

 ▼ 裏を返せば…
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 「返事はお暇なときで構いません」。

 という表現、実はとても曲者、と昨日書きました。なぜなら、「いつまで」
 というはっきりした指定がなく、あいまいな表現だからです。

 期日の指定がない分、一見、気楽に見えますが、裏を返せばいつまでも待
 たれている。そう思うと、少し負担に感じます。

 「返事はお暇なときで構いません」とあると、たとえ最後に「お忙しいの
 に読んでいただいてありがとうございました」という結びの言葉があって
 も、それが色あせて見えるのです。

 相手が忙しい人とわかっているのに、再度、返事を求めているのと同じで
 暗に相手の時間を拘束しているようなもの。これは、結構、プレッシャー
 です。

 ▼ 相手を気遣ったつもりが負担をかけていることも
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 もし、相手がとても忙しい人だったら…。日に何十通もメールを受け取る
 ような人だったら…。相手を気遣ったつもりの「返事はお暇なときに」と
 いう言葉が却って相手を縛り、負担をかけることだってあるのではないか
 ──。そう思うことがあります。

 返事を求めるのであれば、「○○についてのご回答をお待ちしています」
 と何についてどう答えてほしいのか、具体的に書くほうが回答はしやすい
 です。

 不思議なもので、「返事はお暇なときで構いません」と書かれたメールほ
 ど、何をどう答えたらいいのか、返事に困るメールだったりもします。

 最近の発見は、忙しい相手ほどメールの内容が簡潔だということ。短く的
 確な答えがバシッと返って来ます。これこそ、忙しい中、返事を返してく
 れてありがとう! と感謝すると同時に、回答しやすい主旨のはっきりし
 たメールを送ろうと気がひきしまるのです。

          明日も引き続き、「返事はお暇なときに」の考察です。

続きを読む

記事全文を読む
ICCT[rX dl̃[C@\ݎ󂯕t@VЈA[̏}i[ȊwKŊwׂICCT[rX