今週は、間違いやすい言葉を取り上げます。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 ‎Begin の メ ー ル 作 法         < 紛らわしい言葉(3)
◆─────────────────────────────────◆
                         「移譲」と「委譲」

同じ読みなのに、表記が異なっていて意味も違う……
うっかりタイプミスしたまま、間違いに気づかず使いそうになる言葉を、
今週は取り上げています。

「移譲」と「委譲」。

「移譲」は、他に移し、譲ること。
「委譲」は、権限などを他にまかせて譲ること。

この2語、ほとんど意味は同じ。
しかし、次のような違いがあります。

「移譲」は、権限などを対等の間で移し、譲ること。
例)所有権を夫から妻に移譲する
土地を移譲する

「委譲」は、権限などを下級ものに任せ譲ること。
例)社長権限の一部を副社長に委譲する
執行権を委譲する

このように、
対等の立場の人から人、右から左へ権限を移すイメージが「移譲」
立場が異なる人の間で、上から下へ権限をゆだねるイメージが「委譲」
という感じでしょうか。

漢字が意味する
「移」と「委」から
想像して、使い分けるとよいと思います。

 

検索して、このブログへたどり着いたあなたへ

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

今週は、尊敬語と謙譲語の使い分けについてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 ‎Begin の メ ー ル 作 法         < 間違えやすい敬語(2)
◆─────────────────────────────────◆
                         「ご拝読いただき」

尊敬語を使うべき相手に謙譲語を使ってしまう
という間違いが多くあります。

例えば、得意先の担当者に対し、渡した資料について述べるとき
「資料をご拝読いただき、ありがとうございます」
と書くのは間違い。
本来、謙譲語である「拝読」を尊敬語と取り違えた例です。

「拝読」は「読む」の謙譲語です。
相手から受け取った資料を自分が読んで
「拝読しました」と書くのは差し支えありませんが、
相手の動作に「拝読」を使うのは適切ではありません。
「ご~いただき」も、この場合は不要です。

正しく書き換える場合は
「資料をご覧いただき、ありがとうございます」
「資料をお読みいただき(くださり)、ありがとうございます」
となります。

▼ 拝読いたしました?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ちなみに「拝読」「拝見」「拝聴」の「拝」そのものに
「謹んで~する」という謙譲の意味合いが含まれます。

ですから、謙譲語として「拝読」を使う場合
「拝読いたしました」と謙譲の「いたしました」を
「拝読」の後に付ける必要はありません。

「資料を拝読しました。ご送付いただき、ありがとうございます」
拝読したところ、2点ほど確認したいことがあります」
このように使用します。

 

検索して、このブログへたどり着いたあなたへ

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

今週は、同じ読みで意味が違う言葉についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法           < 言葉の違い(5)
◆─────────────────────────────────◆
「消却」と「償却」

今週は、間違いやすい同音異義語の意味や用法の違いを
今一度確認しています。

▼「消却」と「償却」
消却は文字通り「消してなくすこと」。
例) 自己株式の消却 参加者名簿から名前を消却する。

償却は「埋め合わせる、借金などを返す」ことを指します。
例)減価償却 3年間で償却する。

「しょうきゃく」にはもう一つ
「焼き捨てる」という意味の「焼却」もあります。
例)焼却炉 廃棄物を焼却する。

「却」には除き去るという意味があります。
「却」の前にくる漢字の意味で区別をするといいですね。

▼「主催」と「主宰」
主催は「中心になって催す」を意味します。
例)主催責任者 本社主催で行います。

主宰は、「上に立って物事を行う」ことを指します。
例)市民グループを主宰 彼が主宰するNPO

「主宰」は、団体・結社などを中心となって運営すること、
あるいはそれを運営する人を意味します。
「主催者」「主宰者」の違いを把握しておきましょう。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で2位に入賞しました!

「書く」と「描く」はどこかでつながっている「わたしの快画体験」

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」絶賛発売中!

社内のビジネスメール教育にお役立てください!【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、同じ読みで意味が違う言葉についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法            < 言葉の違い(2)
◆─────────────────────────────────◆
                        「標記」と「表記」

今週は、間違いやすい同音異義語を挙げ、
意味や用法の違いを今一度確認していきたいと思います。

▼「標記」と「表記」
標記は「表題」を意味します。
例)標記の件について

メールでも本文で件名のことを指して
「標記の件についてですが・・・」と使います。

表記は、文字通り「書き表す」ことを指します。
例)仮名表記 正しい表記をお願いします。

ちなみに、広島には「石井表記」というプリント基板製造装置などを
製造する会社があります。

▼「標札」と「表札」
「標札」も「表札」も、基本的にその建物の門や入り口に掲げる札を
指すのですが

標札は、「文部科学省」とか「広島市役所」のように
官公庁の玄関や門に掲げたその建物の名称を表示したもの指します。

一方、表札は個人の家に掲げる、その居住者の名を記した札のことです。

ですから、官公庁の場合は「標札」あるいは「門標」と表記し、
「表札」とは表記しません。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

★ 1分でメールを返信するために、知っておくと便利なフレーズを網羅!

******************************************************************
神垣あゆみ 最新刊

メールは1分で返しなさい
メールは1分で返しなさい

******************************************************************

★8冊目の著書「迷わず書けるメール術」5月20日発売!

読んだら旅に出たくなる本「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」5月13日刊行
神垣が企画・編集を担当しました。

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。
ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中
「まぐまぐ大賞 2017」ジャンル別賞の知識・ノウハウ部門で5位に入賞しました!

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、読者のかたからいただいた質問にお答えします
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法          < 読者からの質問(4)
◆─────────────────────────────────◆
                       「花」と「華」の違い

VOL.901「間違いやすい言葉(3)」に関連していただいた質問です。

<読者からの質問>————————————————

言葉ではなく、漢字があいまいでわからないところがあります。
下記の 「ハナ」という文字は 「花」でしょか「華」?

●彼女には ハナ がある → 華

●彼女が出席してくれると会場に ハナ を添える →  花

●上司に ハナ を持たせる → 華 ?
読者 A.N さん
——————————————————————

「花」と「華」の使い分けですが、
共同通信社記者ハンドブック
 朝日新聞の用語の手引
 によると

「花」は一般用語としてのはな、植物のはなを指しますが、
比喩表現にも使われるとあります。
例)生け花、花盛り、花道、言わぬが花、一花咲かせる

「華」は比喩として使われますが、形容表現として使われることが多い
ようです。
例)大会の華、華々しい、華やか、華やぐ

上記のことから判断するに、A.N さんの質問への回答は次のようになります。

●彼女には「」がある

●彼女の出席は会場に「」を添える

●上司に「」を持たせる

「彼女には華がある」の「華」は華やかさと同義としてよいと思います。

「花を添える」「花を持たせる」は、「記者ハンドブック」「朝日新聞の
用語の手引き」とも「花」の例文として挙げてありました。
比喩表現ではありますが、植物の「花」が元の意味としてあるからでしょう。

ちなみに「花を添える」は、美しいものの上にさらに美しさを加える
という意味。「お祝いの席に花を添える」のように使います。

「花を持たせる」は、勝利や名誉をゆずる、相手をたてることを指します。
「今回は後輩に花を持たせる」のように使います。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で2位に入賞しました!

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」2017年5月19日発売!

社内のビジネスメール教育にお役立てください!【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、うっかり間違いやすい言葉についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法        < 間違いやすい言葉(5)
◆─────────────────────────────────◆
「精根」と「精魂」

今週は、思い込みやうろ覚えのまま使ってしまいがちな
間違いやすい言葉を取りあげてきました。

時機を得た措置 ×
時期を得た措置 ×
時宜を得た措置 ○

「時宜(じぎ)」とは、ちょうどよい頃合いのこと。
その時にふさわしい、という意味で使われます。
字のイメージからも「時機」や「時期」と混同しがちですが、
正しくは「時宜」です。

精根込める ×
精魂込める ○

精魂尽きる ×
精根尽きる ○

どちらも「せいこん」と読みますが、「精根」は心身の精力と根気。
「精魂」は文字通り、たましいとか精神を意味します。
込めるのは「精魂」。尽きるのは「精根」です。

論を待たない ×
論をまたない ○

「またない」の漢字は「俟たない」と書きます(常用外漢字)。
「俟つ」とは、期待したり、頼ることを意味します。
この場合、論じるのを待つのではなく、論を期待しない、
つまり、ことさら論ずるまでもないことを表します。

ちなみに、下記の一文も間違いやすいのでご注意を。

論議を醸す ×
物議を呼ぶ ×
物議を醸す ○

★8冊目の著書「迷わず書けるメール術」5月20日発売!

読んだら旅に出たくなる本「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」5月13日刊行
神垣が企画・編集を担当しました。

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。
ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中
「まぐまぐ大賞 2017」ジャンル別賞の知識・ノウハウ部門で5位に入賞しました!

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む