昨日は、山口県岩国市で「快画」の出張ワークショップでした。

岩国は広島から車で1時間程度のところにあり
わたしも子どもが小さい頃は、毎年5月の子どもの日にある
米軍基地のフレンドシップデイに通ったものです。

久しぶりに訪れた岩国は
空港もでき、街の様子は随分変わっていました。

今回は、「小6の息子に絵を学ばせたくて」
という女性がお友達に声をかけてくださり
大人6人、小学生2人の8人で
ワークショップを開催しました。

▼岩国の出張ワークショップ 参加者の感想はこちら

「快画塾」では出張ワークショップも行っています。

6名以上の参加者があれば、日程調整のうえ会場に伺います。
会場のご指定・手配を依頼者にお願いしているのですが
今回は、地域の会館を手配してもらいました。

ワークショップでは
板書しながら説明するのですが
今回の会場にあったのは黒板。

30数年ぶりにチョークと黒板消しを使い
椅子も昔、学校にあったタイプの
スチールと木の椅子だったので、
ノスタルジックで、なんだか胸がキュンとしました。

お茶菓子や飲み物もご用意いただき
和やかな3時間でした。

ホワイトボードや黒板が会場にない場合は
わたしが模造紙を持参しますので、
気軽にお声がけください。

会場費・交通費を依頼者にご負担いただいていますが、
広島市および近郊の会場であれば
交通費は不要です。

来年から参加費が改定されますので
3500円で受講できるのは2019年内までです。

ぜひ、ご検討ください。

▼出張ワークショップのお問い合わせはこちらから

 

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3401あとがき より

▼「書く」のが本業ですが、「描く」面白さを伝えるワークショップも開催
記事全文を読む

日 時   2019年10月6日(日)  13:30~16:30  

場 所    車供用会館  

参加者の感想

■ 3時間あっという間でした。自分でも気に入る絵が描けたのは正直びっくりです。

■ 最初と最後での絵の描き方が全くちがってきてびっくりしました。力が抜けて描けたと思います。楽しい時間でした!!

■ 日頃、先入観を持って生活していることが多いことに気付くことが出来ました。どんな描き方をしても正解がないのが楽しかったです。

■ あっという間に時間が経ち、考えないで楽しんで描きたいと思えるようになりました。どこかに行ったときや頭を休めたい時にやってみたいです。

■ 右脳で描くとTシャツが増える。素敵♥

■ いままで気づいてこなかった新しい絵のかき方が分かり、とてもためになった時間でした。家に帰って描いてみたいです。(小6男子)

■ 実際に描いてみると最小ははずかしいと思っていたけれど、だんだんはずかしくなくなって、みんなといっしょに笑って描くことができた。 (小6男子)

■年齢を重ねれば重ねるほど左脳が働き、思ったまま見たままのものを描いたり、表現したりできなくなっているのを感じる日々で、右脳をしっかり働かせる本日の快画の体験は大変おもしろかったです。右脳をしっかり刺激して生活していきたいと思いました。

ご希望の場所でグループワークショップを出前します!
・6名以上の参加者があれば、日程調整のうえ会場に伺い、ワーク
 ショップを開催します。
・会場のご指定・手配をお願いいたします。
  例)地域の会館
    自社の会議室・研修室
    カフェやレストランの個室 など
・会場費・交通費を別途ご負担ください。
 ※広島市内の場合は、交通費不要

記事全文を読む