日 時   2019年8月12日(祝)  13:30~16:30  

場 所    呉市体育館  会議室101号

参加者の感想

■絵って色々な描き方があると勉強になりました。発想が面白い。

■先入観や固定観念をとりはらって描くユニークな方法を教わったので、自分でもやってみようと思います。自分の描いた絵は奇妙で、あまり気に入らなかったのですが、今後おもしろい絵が“生まれる”かも、と思うとワクワクします。

■先入観ってスゴい自分を縛っていると知りました。基本を学んでなくても素晴らしいものは作れる、というのは人間として当然のことのように思います。だからこそ、学校に行かなくても人とのつながりさえ持ち続けるなら、人は成長し、生きる喜びや幸せを実感できると思います。

■久々の快画、楽しかったです。一本の線を描く楽しさを味わえたと思います。受講する方々が違うと、また気持ちも変わって良かった。

■左脳をぶっつぶせー! で楽しく自由に絵が描けました。

■絵を描くこと自体、何十年ぶりでしたが、童心にかえり、楽しい時間を過ごすことができました。

■人を描くのは初めてでしたが、とても面白かったです。向かい合って相手の顔を描くワークでは、お母さんを描くことになって、ずっと笑いながら描いてました! 逆さのまま描くのも、戻したとき、思っていたのと違っていて驚きました。(中2女子)

記事全文を読む

昨日は、福山での「快画塾」を午後と夜間のダブルヘッダーで開催しました。

子どもの頃から絵を描くのが好きで、今でも
わが子にイラストを描いたりしている、という女性が

「でも、専門的に絵を学んだわけでなく、自分には基礎がない。
デッサンを習いに行ったこともあるけど、
わたしが習得したいのはこれではないという気がした。
なんだかモヤモヤしています」

と参加の理由を話してくれました。

絵を描くのが好きでも
「自分には基礎がないから」と
引け目に思う……

分かります。その気持ち。

確かに、
デッサンの技術を習得し、
正確に対象を捉え、写真のようにリアルに描くことは
画力の基礎になると言えるかもしれません。

でも、デッサンが上手い人が描いた絵だけが
本物なのか?

デッサン力がなければ、いい絵は描けないのか?

というと、そうではありません。

描き方のアプローチを変える
絵を見る力(観点)を変えてみることで
わずか3時間で“快作”が生まれることだってある

というのが「快画」のワークショップでお伝えしていることです。

写真のように描く精緻なデッサン力は
技術として素晴らしいですが、
それがあれば個性的な絵が描けるとは限りません。

見せ方を考え、効果を狙い、
技巧的に描く方法に対し

狙いも、計らいもなく
無心に描いた線に個性が宿ることだってある……

そんな体験を「快画」ワークショップで
してもらいたい、と思っています。

昨日の福山クラス参加者の感想はこちら
▼【快画】ワークショップ 福山クラス 2019.08.07

8月12日は、わたしの故郷、呉での開催(しかも、会場は体育館の会議室!)
▼【快画】ワークショップ 呉クラス 2019.08.12

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3366あとがき より

▼「書く」のが本業ですが、「描く」面白さを伝えるワークショップも開催

▼最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

日 時   2019年8月7日(水)  午後コース13:30~16:30  夜間コース18:00~21:00

場 所   松浦デザイン事務所 セミナールーム

参加者の感想

■初めは「どんな感じなんだろう」と不安でしたが、上手、下手ではなく“変化”を感じることが大切なのだと実感することができました。また、参加したいです★

■右脳の使い方というか、左脳が邪魔していることを実感できて楽しかったです。右脳を鍛えなくては。

■とても楽しかったです。左脳ばかり使っているのがよくわかりました。変化が見られ、おもしろかった。家に帰っても描いてみたい、と思いました。

■不自由だからこそ、自由なものが生まれる。今日は楽しく、心地よく、快画を受けることができました。“絵が苦手”という意識を取っ払えたような気がします。      

■母親からこの教室をすすめられ、自分自身も絵が好きなので、体験してみました。美術の授業では、このような感じで絵のことを詳しく教えられていないので、今回は良い機会でした。夏休みの思い出が1つ増えて良かったです。すごく楽しかったです。

記事全文を読む

7月26日のフライデーナイトに「夜快画」を開催しました。

「快画」には中毒性があります。

一度参加すると「もう一回、描いてみたい」とリピートする方が
一定数います。

今回の夜快画では2名、先日の大阪クラスでは
6時間コースを受けた後、3時間コースもという方が
2名いらっしゃいました。

一度体験すると、面白いし、他の参加者の絵の変化を見ていくのが楽しい。

自分が描く絵や、描く時間を共有した人との
「一期一会」が楽しかったから、と再度参加する人がいる一方

「一回じゃ、分からない」「復習したい」と参加する方もいます

一回目の参加で
「これは自分が描いた絵ではない」
「どうして、自分はこういう絵を描いたんだろう」
ということが気になって、二度、三度と参加してしまう……。

この状態を「快画沼」と呼んでいます。
まさに、わたし自身がそうでしたから。

快画に参加して
「自分の知らない自分」「自分で気づいてない自分」に出会えた
という感想をよくいただくのですが
自分で描く絵からそういう体験ができるのが
快画の面白さなのかもしれません。

だから、教える側になった今も
また参加者として描きたいな、と思います。

今回の「夜快画」には
講師養成講座の2期生も参加してくれました。

彼女が主催する「快画塾」に
参加できる日が来るといいな、と思っています。

▼大阪クラス 参加者の感想

▼広島 夜快画 参加者の感想

▼全国の「快画塾」日程一覧はこちら

「神垣あゆみメールマガジン」 VOL.3358 あとがき より

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの 著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。 【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

日 時   2019年7月26日(金)18:30~21:30

場 所   神垣あゆみ企画室

参加者の感想

■よく人が「絵心なくて」「いやでも、ちょっと特徴とらえてるよね」「大胆だねー」と言ってるような、上手いとは言えない思いきった絵が描けて楽しかったです! 線を描くのが楽しかった。

■複数回参加してみないと絶対、「快画」って「快画」とわからないんだなと気付きました。発見です。
モーガンが前回と違った仕上がりになって、今日は超happy!!

■久しぶりに快画で絵を描きましたが、やはり、とても面白かったです! ほかの方の絵に面白いところ、美しいところを色々見せてもらえて、楽しい時間を過ごせたな、と思いました。

■先生が初めに「どれも素敵な絵です」と言われ「う~ん」と思いました。でも、最後に皆様の絵を見て、本当にどれも心の入った絵だと感じました。

■普段、形など、ほとんど思い込みで描いていたことが分かった。よく対象を見て、えんぴつの先に集中したい。

記事全文を読む

日 時   2019年7月16日(火)18:30~21:30

場 所   TSUBAKI本町スペース       
     (大阪市中央区 安土町 3-2-3 )

参加者の感想

■とても笑える楽しい時間でした。こんなに個性が絵に出るもんなんだと驚きました。

■絵画教室はしきいが高かったですが、快画教室で“無”になれるコツをつかめたので、これからの生活に生かしたいです。

■自分の絵を見て「自分が描いたものではない!」と思いました。でも、楽しかったです。新しい自分に出会えた気持ちもしました。

■右脳=無 で描くということがこれほど難しいと思わなかった。でも、いろんな制約や禁止事項を作ることによって、思いもよらない絵が描けて面白かった。

■いかに左脳にヤイヤイ言われ、周りの目を気にしているかに気付かされました。またの機会があれば、ぜひ、参加したいですし、自宅でもどんどん右脳を使って“生まれてくる絵”を楽しんでいきたいと思いました。

■頭が少しスッキリした感があります。絵への苦手意識はまだ拭えていませんが、最後に描いたモーガンは少し好きになれそうです。

■6時間コースに続き、今回の3時間コースも時間があっという間に過ぎました。前回のもやっと感の左脳くんは、まだまだ全開ですが、楽しさも出てきたように思います。快画沼、楽しみます!

■(6時間コースに参加して)復習ができてよかったです。人間ってすぐ忘れてしまいますね。無になれる方法を発見できました。

■1枚目は緊張と迷いで悩みながら、2枚目は迷走迷走しながら描きました。が! 3枚目以降何かが吹っ切れ、逆にペンが進みすぎました。描くことにとまどいが無くなっていって、ビックリでした。久々に気持ちよく笑えて、ストレスも少し減りました。

■久しぶりに絵を描いてみて、まだまだ左脳が口出ししているなあ、と実感しました。もっと無邪気に描けるよう、家でも自由に描いてみます。

■(2度目の参加で)今日も自分の想像を超える絵が描けて、すごく楽しかったです。

記事全文を読む