5月13日(日)に刊行される
「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」

食をテーマに
4大陸13カ国を旅した
広島県初のシニア野菜ソムリエ(現 野菜ソムリエ上級プロ)の
花井綾美さんの旅行記です。

訪れた地は
モロッコ、マデイラ、南仏、シチリア、バルセロナ、スリランカ、ベトナム、
ペルー、ボリビア、メキシコ、キューバ、そして沖縄。

わたしもスリランカへ一緒に旅しましたが
花井さんは、遺跡とか一般的な観光名所はほぼスルーで
向かうは現地の市場や商店、農家。

食べたい、見たい、知りたいという
好奇心と行動力、食に対する探究心が
とにかく旺盛な人でフットワークも軽い。

小柄な本人がすっぽり収まってしまうのではないか
というほどの特大スーツケースを携え
東奔西走。

そんな花井さんの旅行記には
彼女が見聞した各地の食や人々の暮らし、
野菜を中心とする食べ物の写真も満載です。

本書の企画・編集を神垣が担当したのですが
出版社の担当者もデザイナーも
ゲラの段階で「この本、なんかワクワクするよね」
と意見が一致。

デザイナーは、本書の影響を受け
家族で旅に出たほどです。

読めば、思わず旅に出たくなること
請け合い。

発売は5月13日ですが、アマゾンで現在予約受付中。
現時点で「シェフの伝記」カテゴリで第4位。
「ロブション自伝」より上位にランキングされています。

旅が好きな方、食に関心がある方、その両方の方に
ぜひ読んでいただきたい1冊です。

花井 綾美 著「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」

花井さんは元コピーライター。文章も読ませます。
「スープ・ド・ポアゾン」など9カ国の料理レシピも掲載。

★8冊目の著書「迷わず書けるメール術」5月20日発売!

読んだら旅に出たくなる本「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」5月13日刊行
神垣が企画・編集を担当しました。

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。
ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。

書けるいい女になりましょう。大和言葉で書く一筆箋講座「行書コース」開講

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中
「まぐまぐ大賞 2017」ジャンル別賞の知識・ノウハウ部門で5位に入賞しました!

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、気になる敬語の使い方について取り上げます。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 Begin の メ ー ル 作 法           < 気になる敬語(5)>
◆─────────────────────────────────◆
                     「お客様もお立ち会いされ」

———————————————————————
試験にはお客様もお立ち会いされ、機器使用状況を実感され、ご好評でした。
———————————————————————

上記は受託試験の現場に顧客が立ち会ったときの様子を伝える一文です。

「お客様」に対する敬語風な言い回しとして「お立ち会いされ」「実感され」
「ご好評」が使われています。

しかし、
ここで伝えたいのは、第三者へ「立ち会ったお客様にも好評だった」というこ
とです。

「お客様」が試験に立ち会ったからといって、その客に対して敬語を使う必要
はなく、事実だけを述べればよいと考えたので、下記のように書き換えました

—————————————————————–
試験に立ち会ったお客様には、機器使用状況が実感できたと好評でした。
—————————————————————–

この一文は、他の客に対してアピールする場合に使えますが、
社内向けに書くとしたら

—————————————————————–
試験に立ち会った顧客には、機器使用状況が実感できる点が好評でした。
—————————————————————–

としてもよいでしょう。

「お客様」という言葉を使ったとしても、誰に向けて、何を伝えるかによって
必ずしも敬語表現にする必要はないと思います。

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。
ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。

読んだら旅に出たくなる本「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」5月13日刊行
神垣が企画・編集を担当しました。

書けるいい女になりましょう。大和言葉で書く一筆箋講座 5月22日開講

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中
「まぐまぐ大賞 2017」ジャンル別賞の知識・ノウハウ部門で5位に入賞しました!

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、ラオス旅行の様子を特別編としてお伝えします。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法                < ラオス旅行記-番外編 >
◆─────────────────────────────────◆
                          ラオスで読んだ本

旅行するときは、「旅先で読書だ」と張り切って本を持参するのですが、
大抵は読まずに持ち帰えってばかり。

旅先で読んでも、すぐ寝落ちして、
ろくに読まずに持ち帰ることが多いのですが
ラオスで完読した本があります。

橘玲の「80’s エイティーズ」

出発前に読み始めて、面白くて旅行中も時間を見つけては読んでいました。

橘玲って、お金の本書いている人というイメージしかなく
名前は知っていても、書籍を読むまでには至っていませんでした。

ところが、夫に薦められて読んだ「幸福の『資本』論」が
思いのほか刺さる内容で、興味がわき、その後買ったのが
「80’s エイティーズ」です。

1980年代はじめ、大学生だった橘さんが卒業後、出版業界に身を置き、
やがてフリーとなり、阪神大震災、オウム地下鉄サリン事件を経て、
過ごした1995年までをまとめたのが本書です。

橘さんが「作家になる前の、長い長い“80年代”の青春」を過ごし、
数多くの雑誌に携わっていた頃
わたしは広島でくすぶった青春をやり過ごし、
雑誌ばかり読んでは東京への憧れを募らせていました。

わたしがもっぱら「読む人」だった時代に、
少し年上の橘さんはすでに出版社や編プロで「書く人」で
雑誌を「作る人」だったわけです。

でも、
今や“「億万長者」になる方法を語る作家”となった橘さんにも
新雑誌の創刊に追われ、妻子の待つアパートに帰れず
やっと帰宅したら、生まれたばかりの赤ん坊を座布団の上に寝かせた妻から
「これからどうなるの?」
と訊かれる……年収120万円という時代があったとは。

本書には、当時の出版界、雑誌業界のにぎわい、
編集者やライターと呼ばれる人たちの仕事ぶりが
淡々とした筆致で描かれています。

「事実は小説より奇なり」と言いますが、
そんな事実がゴロゴロしていた時代。

 「バブルの時代」を回顧するときは、
 六本木のディスコや銀座のクラブ、地上げや株式会社の話になることが多いが、
 いまの時代とのいちばんのちがいは、
 「頑張って働けば結果が出る」という体験ではないだろうか。

という一節が本書にはあります。

わたしは社会人デビューが1989年で
わたしにとっての“青春”は90年代になるわけですが
バブル通過組として「頑張って働けば結果が出る」体験は、やはりあります。

でも、それは建設や金融業界の友人が高級料理店や海外で華やかに楽しんでいた
“体験”とは別で、仕事漬けで
お金はあっても使う暇がない、あるいは、使う暇がないからお金が貯まる
そんな日々。

深夜まで仕事をし、終電始発で会社に通い、
「なんだか芽が出ないなぁ」と自分にため息をつきながら
次から次へとくる企画ものの仕事に追われていました。

今で言えばブラック以外の何ものでもない職場だったのかもしれませんが
そこでは「頑張って働けば結果が出」ていて、
それは金銭面だけでなく、
その後の仕事の滋養になるような体験をたくさんしました。

今の自分を支えているのも、「頑張って働けば結果が出る」体験なのでしょう。

では、わが青春の「90年代」を振り返って
「80’s エイティーズ」のような
話を書けるかといえば、全く無理で

橘さんのようにクールに淡々とは
当時の自分をを振り返ることはできません。
そこが書き手としての一番の差でもあるわけですが
(橘さんと同列に自分を置くこと自体、おこがましい)。

橘さんの自伝的物語だけど
わたしと同世代、またはそれ以上の人は
当時の自分はどうだったか、置き換えながら読むと
色んな意味で味わい深く読めると思います。

人生はほろ苦いくらいがちょうどいいのだ。

橘 玲 著「80’s エイティーズ  ある80年代の物語」

装丁からしてかっこいいんです、この本。
手に取っただけで80年代の匂いがする感じ。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

読んだら旅に出たくなる本「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」5月13日刊行。
神垣が企画・編集を担当しました。

◇─────────────────────────────────◇
あ と が き
◇─────────────────────────────────◇

今回のラオス旅行で、個人的に印象的だったのは・・・

夕食後、メンバーと別れ、1人ホテルヘ向かう帰り道。
路地沿いのお寺の前を通りかかると
少年の僧がお経らしきものを1人で唱えていました。
お経というより歌のようで、1人で練習してるのか
そういうものなのか……
月夜に寺の階段に座り、オレンジ色の布をまとった少年僧の姿が
1枚の絵のようで、しばらく塀越しに見ていました。

もう一つは、メコン川クルーズ。
郊外にある絶壁に掘られた仏像を見に行くツアーの帰り
昼食後、川風に吹かれながらボートの席で昼寝。
これが実に気持ちよかったです。

次に長期旅行できるのは、いつの日か……。


「こんな時、どう書いたらいい?」と迷ったとき、役立つ1冊


4刷突入。ロングランで売れてます。ビジネスシーンでそのまま使える文例集


書籍と併せて活用を。iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】


2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中
「まぐまぐ大賞 2017」ジャンル別賞の知識・ノウハウ部門で5位に入賞しました!

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、ラオス旅行の様子を特別編としてお伝えします。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法             < ラオス旅行記-2 >
◆─────────────────────────────────◆
                          ルアンパバーン編

7泊9日のラオス旅行で、その大半を過ごしたのが
古都ルアンパバーンでした。
首都ヴィエンチャンの北、国内線で45分ほどのところにあります。

旅の最大の目的、LAODI訪問を果たしたわたしに、
ルアンパバーンでこれといった目的はなかったのですが

好奇心旺盛な旅のリーダー花井さんに付いて
朝市やナイトマーケット巡り、
メコン川クルーズや郊外のクワンシーの滝ツアー観光などで、
わちゃわちゃしているうちに、時はどんどん過ぎていくのでした。

ルアンパバーン滞在の最終日
とにかく一人ぼっちになる時間を確保したかったわたしは
メンバーにお願いして、1日だけほっといてもらうことに。

わたしが一人でしたかったこと
それは絵を描くことでした。

何か描こうと小さなスケッチブックと鉛筆、
それを削るナイフも持参していたのですが
ふらふら描くものを探してほっつき歩いているうちに

気がついたら
竹橋が架かる川の支流を望めるカフェでビール飲んでました。

席からは、
川の砂地で海パン姿で遊ぶ少年たちが数人
そのほとりで、小さなボートに乗って魚とりの網を投げる人
のどかで、懐かしい風景が見えました。

しか~し、わたしにそれを描写するだけの画力はなく(すでに飲んでるし)
トライするも失敗。
仕方がないので、座っている席の目の前にあった
デッキの飾りを描いて、スケッチ終了。

やはり慣れないことをするものではないと反省し、
最後にもう一度写真でも撮って席を立とうと
iPhoneを探すと、バッグごとない。

さっき、トイレに行ったときフックにバッグを掛けたままだったことに気づき
急いでトイレに行くと、もはやバッグの影も形もありませんでした。

青ざめて、店の人に確認しようとカウンターへ向かうと……

数人の若い男性の店員さん達が集まって
わたしのバッグを手に、何やら相談しているところでした。

あ~、良かった。

彼らもわたしが持ち主と気づき、事なきを得ました。

もう、ビール買って部屋で昼寝でもしよう、と
ホテルへ。

いつもナイトマーケットの帰りに立ち寄る商店には
よく冷えたロング缶のビア・ラオ(現地のビール)があるので
買いに行くと

30代前半の男性店主が
「あんた、夕べも来たけど、昼間も来るんかい」という
呆れたような笑顔でロング缶を渡してくれました。

ルアンパバーンで印象的な風景は幾つかありますが
何より印象的だったのは「人」。

最初は皆、怒っているように無愛想ですが
何度か顔を合わせ、慣れてくると
にこりと満面の笑みを返してくれます。

最初に笑顔がないのは怒っているわけでなく
はにかんでいるから、と知り
一気に親近感がわきました。

そうそう、そうだよね。

今となっては世界の誰一人として(家族さえも)
わたしが人見知りの激しいシャイガールだったことを信じる人はいませんが
元・はにかみ少女のわたしにはその感じ、とってもよく分かる。

はにかみの国ラオス。

店もマーケットでも、買え買えという押しが強くなく
どこかのんびり。

やる気がないといえばやる気がないのですが、
日中は暑いし、それでいいじゃん、とも思えます。

根がぐうたらなわたしには
そんな雰囲気も心地よく映ったのでした。

また行きたいな、ラオス。

旅の終わりに、空港の手荷物検査で足止めをくらいました。
鉛筆を削るために持参していたナイフをリュックに入れたままにしているの
忘れてました……。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

「書けるいい女」になりましょう。

————————————————-
大人のたしなみ「大和言葉で書く一筆箋」講座 
————————————————-

日 時 3月13日(火) 19:00~

場 所 書道サロン 優書会
(広島市中区本川町2丁目4-8 田室ビル303)

参加費 4000円(材料費込み)※持ち物不要

★前納の場合は 3000円

▼お申し込み方法は・・・

件名「一筆箋講座」として
お名前と当日連絡がつくメールアドレスを
kamigakiss@gmail.com
まで、お送りください。
こちらから申し込み受付のメールの送付で、正式受付完了です。

◇─────────────────────────────────◇
あ と が き
◇─────────────────────────────────◇

今回の旅のリーダー、花井綾美さんは
広島県下初のシニア野菜ソムリエ。

年に3度は海外ヘ飛び、
各地の市場巡りや現地の畑、食生活を探訪しています。

国の内外問わず、旅といえば朝からビール・ラバーで
さしてテーマもなくぶらぶらダラダラしている
わたしとは大違い。

そんな花井さん、実は元コピーライター。

広島の広告業界がもっとも華やかで勢いのあった時代に
トップランナーとして活躍していた
業界の大先輩なのです。

シニア野菜ソムリエとして
「食べ、作り、旅する女」である以前に
花井さんが「元祖・書ける女」であることを知っているわたしは
これまで彼女が食をテーマに訪れた世界各地のことを
ぜひとも本にしてほしいと思っていました。

その願いが今年5月にかない、出版されます。

実に3大陸、13カ国を訪問した食の旅行記。

5月13日、花井さんの誕生日に出版予定で
今、着々と完成に向かっていますので
おいおい詳細お知らせしますね。

お楽しみに。

花井綾美さん Webサイト

本の企画・編集を神垣が担当。
女性を口説いたのはこれが初めての経験でした。

★花井さんの書籍「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」2018年5月13日発売!

記事全文を読む

今週は、ラオス旅行の様子を特別編としてお伝えします。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法       < ラオス旅行記 >
◆─────────────────────────────────◆
                         ヴイエンチャン編

2月26日(月)、福岡空港からハノイ経由でラオスへ。
3月5日(月)まで7泊9日の旅行が始まりました。

今回のラオス旅行のわたしの最大の目的は
広島県福山市出身の井上育三さんがラオスで製造する
LAODIのラムを現地で飲んでみたい
その一点に尽きます。

現地の工場見学ツアーに参加する海外からの観光客(主にヨーロパ方面)の
中には、LAODIのラムをしこたま試飲して気に入り
自分用、自分の父親用、行きつけのバー用にLAODIを買って帰る人もいる
のだとか。

わたしも広島で試飲したLAODIの味が忘れられず、
現地の風に吹かれながら、工場横に設置されたバーカウンターで、
どうしてもLAODIを飲んでみたかったのです。

その願いが叶えられたのが、
ラオスの首都ヴィエンチャンに到着した翌日、2月27日(火)。

中心部から車で1時間ほどのところにあるLAODIの工場に14時ごろ到着すると、
Tシャツにキャップ、長靴姿の井上さんと、
インターンシップでLAODIで働いている学生のIさんが
さわやかな笑顔でわたし達一行を迎えてくれました。

工場横には、ラム酒の原料になるサトウキビ畑か見渡せる位置に
バーカウンターと大きなテーブルがあり、
そこで井上さんの話を聞きました。

 ◎  ◎  ◎

福山で友人たちと起業した理化学系の会社で、副社長をしていた井上さんが
ラオスでラム酒づくりに取り組むようになったきっかけ。

世界中で飲まれているバカルディなど、大量生産されるインダストリアル・
ラムに対し、アグリコール・ラムと呼ばれるLAODIのラムの違いと特長。

ラムに馴染みが薄い日本向けに製造販売するもうまくゆかず、
欧米人に「おいしい」」と言われるラムを追求。
フランスのラム酒専門誌に取り上げるられるまでに味、品質を高め、
そこから始まった新たな展開 など

12年間、紆余曲折がありながらも信念を持ち、
ラオスでラム酒づくりに心血を注ぐ井上さんの情熱が
LAODIのラムには凝縮されているのだと感じました。

けれど、LAODIは、そんな苦労の賜物でありながら、それを感じさせない
香り高く、優しさのある洗練されたラムです。

わたし達が訪れた日は、すでにラムの製造が終わり、
畑では現地の従業員が次の収穫に備え、畑を整えている最中でした。

20ヘクタールものサトウキビ畑の中に木々が生えた場所があり、
そこからは遠くに山が見えました。
「時々ここから山を眺めるんです。飛騨高山みたいだから」
と井上さんがぽつりとこぼしたひと言が心に残りました。

当初、井上さんを含む5人の日本人で投資し会社を設立。その後解散。
現在、ラオス人の共同経営者と2人でLAODIを運営しているとはいえ
日本人は井上さん、ただ1人。
12年間、この地でラム酒づくりに取り組む中でのご苦労を思いました。

ラオスで現地の従業員を教育しながらラム酒を製造するだけでも
骨が折れることなのに、海外のラムフェスへの出展、販促などで各地を訪ね
今でも年に数回しか福山へは戻られないとのこと。

年々、LAODIの評価は高まっていて、ベトナムや中国などから、
ぜひ、うちで扱いたいという商談があるにもかかわらず
先方が要求する量と、製造できる量の折り合いがつかず
見送らざるをえない、とも。

アグリコールラムの質を維持しながら製造していくには生産量に限界があり、
大きな商談を断らざるをえないジレンマも。

「悔しかったですね。でも、無理をしてもいいものはできないですから」
と井上さんは言います。
同じ課題を、日本各地の酒蔵も抱えているのではないでしょうか。

 ◎  ◎  ◎

旅の一行は、当然ながらLAODIを買いこみ、3時間ほど滞在した後
工場を後にしました。

その夜、夕食の後、ヴィエンチャン市内で
LAODIが飲めるメコン川沿いにある「LAODI BAR」を訪れる予定でしたが……

通りすがりにあった「どれすでん」とひらがなで書かれた看板のバーに
LAODIのボトルを発見。

聞けば、そこは井上さんもよく立ち寄るバーと知り、結局そこで飲むことに。

LAODIのソーダ割りのあと、ミントたっぷりのLAODIモヒートを飲み
昇天。

2月28日にはヴィエンチャンからウランバパーンへ移動。

現地名物のナイトマーケットで
2人のラオス青年が簡易・LAODI BARでLAODIを売っており、
うれしくなったわたしは、ウランバパーン滞在中はこのBARへ通いつめでは
ラムのソーダ割りを飲んでいました。

▼その様子をFacebookにアップしています。

ラオスでラム酒を製造するLAODI訪問。代表の井上さんのお話を聞きながらラム酒を試飲する幸せ。サトウキビ畑へも連れて行ってもらった。ホテルへ戻り、夕食後偶然尋ねたバー「どれすでん」にもLAODIのラムが!遠いラオスで人との縁の不思議を思った一日。#LAODI #lamb #laos #vientiane #bar #Dresden @ Vientiane Province

神垣 あゆみさんの投稿 2018年2月27日(火)

https://www.facebook.com/ayumi.kamigaki/posts/1692412110805514?pnref=story

遠いラオスで、広島のおっちゃん・井上さんが造るLAODIのラム。
縁ができた以上、わたしはこれからも
力いっぱい応援していきます。

LAODI
※工場見学の申込みはWEBからメールで可能。

Facebook

Instagram

LAODIのラムは日本の一部酒販店でも扱っています。
広島ではこちら。
リカーランドキムラ(店頭販売のみ)
※在庫の有無を電話で確認してから買いに行くとよいです。

今回のラオス行きで、工場以外にLAODIを購入できたのは……
・ヴィエンチャン空港 国際線の売店
・同 免税品店
※工場より価格は高め

バー どれすでん
※2階にHISが入居している建物の1階にあります。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

 小学館「Precious」Web版 にて記事が掲載されています。

 感謝の気持ちがより際立つ! 印象がワンランクアップ! 仕事で使うと周囲と差がつく「お礼&感謝の言葉」6選

 ▼広島で大和言葉講座も開催中
 

◇─────────────────────────────────◇
 あ と が き
◇─────────────────────────────────◇

 今回の旅のメンバーは女性4人。

 広島でシニア野菜ソムリエとして活躍する花井綾美さん(旅のリーダー)。
 
 花井さんの料理教室のアシスタントで、コンビニ勤務の関西人のSさん。
 このメルマガ読者で、尾道在住の会社員Eさん(突如志願して、参加)。
 そして、わたし。

 花井さんとは、2014年にスリランカ旅行を共にした仲。
 昨年11月に広島で、LAODI・井上さんのラオスでラム酒造りの話を
 一緒に聞きに行ったのがきっかけで、
 食をテーマに世界を旅する花井さんとのラオス行きが決まりました。

 ※ラオス行きの模様は花井さんのFacebookでも紹介されています。
 
 あまりお酒は飲まない花井さんに対して
 あとの3人は、「朝から飲んじゃうよ」タイプの酒好き揃いで、
 3人の頭文字をとり「SEK」を結成。

 空港で、機内で、ホテルで、現地の飲食店で……
 まぁ、よく飲みました(当然、おつまみを日本から持参)。

 やはり、同じレベルの飲み仲間がいると旅が何倍にも楽しくなります。

 ありがとう、SEKのみんな(って2人だけど)。
 わたしのことを嫌いになっても、
 SEKのことは嫌いにならないよ、わたし。

 しか~し、わたしは連日ビールばかり飲んでいたせいか
 熱中症になりかかりました。それでも飲んだけど……

記事全文を読む