今週は、同じ読みで意味が違う言葉についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法  < 言葉の違い(5)
◆─────────────────────────────────◆
「要件」と「用件」

今週は、間違いやすい同音異義語の意味や用法の違いを
とりあげてきました。

読者のかたが「気になる同音異義語」について
メールをくださったのでご紹介します。

<読者からのお便り>———————————————-

システム開発関連で、開発業者様との会話の中に「要件」という
用語がよく出てきますが、「用件」とどう違うのか調べてみました。

ようけん【要件】 必要な条件。欠くことのできない条件。
「必要な─を書き込む」

ようけん【用件】 伝えるべき事柄。なすべき事柄。用向き。
「─を話す」「─を済ます」

なるほどと納得しました。
(読者 M.Nさん)
——————————————————————

「メールのようけん」というときは
「用件」を使うことが多いですね。

M.Nさん、ありがとうございます。

このほかにも
「要」と「用」を使った同音異義語があるのでご紹介しておきましょう。

「要談」は、大切な話を意味します。(○○社の幹部と要談)
「用談」は、用向きの話のことです。(用談を済ませた)

「要務」は、大事な職務のこと。   (優先すべき要務)
「用務」は、なすべき仕事のことです。(会社の用務で)

いずれも「要」が付くほうが重要度が高くなると
覚えておくと、使い分けしやすいですね。

ちなみに、当メールマガジンにも参考事例があります。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
【 仕事美人のメール作法 】

「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で
【仕事美人のメール作法】が2位に入賞しました!

オンラインでできるビジネスメールの研修【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、同じ読みで意味が違う言葉についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法  < 言葉の違い >
◆─────────────────────────────────◆
「意志」と「意思」

今週は、間違いやすい同音異義語の意味や用法の違いを
確認していきたいと思います。

▼「意志」と「意思」

「いしが強い」というときの「いし」はどちらの漢字を使うでしょう?

「意志」ですね。
ものごとを成し遂げようとする心のことを「意志」
「持っている考えや思い」を指すのが「意思」です。

「~したい」と思う気持ちを表す「意志」は心理学用語に多く見られ、
「意志が強い」「意志を貫く」「意志薄弱」のように使います。

一方、一般的に「考え」を表す「意思」は法律用語に多くみられる言葉で
「意思の疎通」「辞任の意思」「意志表示」のように使います。

▼「異義」と「異議」

異なった“意味”を指すのが「異義」
異なった“意見”を指すのが「異議」です。

「同音異義」は、同じ音で異なる意味の言葉のことで
「異議申し立て」は異なる意見を申し立てること。

もうひとつ、
「有意義」の「意義」は
ものごとの価値や重要性を意味する言葉です。

漢字一字の違いで意味が変わってくるので
文字を入力する際に気をつけましょう。

11年前から配信中! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン
【 仕事美人のメール作法 】

オンラインでできるビジネスメールの研修
【 仕事美人のメール研修 】

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

9月に名古屋で「たおやか大和言葉講座」開講します!

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

仕事実績、著書、お問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、漢字の読みについて確認です。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法  < 読みの確認(5)
◆─────────────────────────────────◆
「末」

今週は、間違いやすい漢字の読みについて取り上げてきました。

「7月の末」

この「末」、一般的に「すえ」と読みますが
「まつ」という読み方もあります。

日数を表す際に「末」を「すえ」と読むか、「まつ」と読むかで
意味あいが微妙に異なります。

「7月の末(すえ)」というと
7月の終わりの数日を指します。
「下旬」に近い意味合いです。

これが「7月末(まつ)」となると
7月の末日、31日を指します。
9月末なら、9月30日のことです。

ただ、「年末」は同じ「まつ」の読みでも、意味合いとしては
12月31日の大みそかを特定するのではなく
12月の終わりの数日を指します。

「8月の末には伺うことができると思います」
「8月末に提出をお願いします」

上記の例文で、厳密に日程を特定しているのが「8月末」。
あいまいなのが「8月の末」。

期日を特定して相手に伝える場合は、
「末」の使い方に注意が必要です。

11年前から配信中! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン
【 仕事美人のメール作法 】

「まぐまぐ大賞 2016」に【 仕事美人のメール作法 】の推薦をお願いいたします!

オンラインでできるビジネスメールの研修
【 仕事美人のメール研修 】

楽天kobo版の電子書籍が出ました!
メールは1分で返しなさい!【電子書籍】[ 楽天kobo版 ]

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

カミガキのフェイスブック

THEプロフェッショナル広島

仕事実績、著書、お問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、休日モードで「言葉」についての四方山話です。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法              < 言葉の雑学
◆─────────────────────────────────◆
週末と週明け

「週末」は何曜日を指すと思いますか?

人や職場により週末を指す範囲はいろいろあるようです。例えば…
1)週末=土曜日
2)週末=土曜日と日曜日
3)週末=金曜日の夜から月曜の朝まで

私は「週末=土曜」と思っていましたが、
2)のように土曜と日曜をセットにして「週末」と捉える場合も
あります。

週休二日制が普及する前は「半どん」と言って、
土曜日は午前中まで仕事という会社も多くあったものですが、
最近は「半どん」という言葉を耳にすることもなくなりました。

では、一週間の始まりは何曜日からでしょうか?

仕事に重点を置く場合は「月曜日から」というのが
一般的と思われます。
週休二日制の普及で、土・日が休みで、週の始まりは月曜から
というのが自然な捉え方でしょう。

でも、カレンダーや手帳で日曜日から始まるものも見かけます。
NHKの放送でも「日曜日から土曜日まで」を一週間の区切りとして
いるようです。

このように「週末」も「週の始まり」も捉え方があいまいなため、
表記する時には注意が必要です。

「では、週末にお会いしましょう」と書くより
「では、今週の土曜日にお会いしましょう」
「では、あさっての日曜日にお会いしましょう」

と、いつの曜日か分かるように表記すると
誤解や思い違いがありません。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で2位に入賞しました!

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」2017年5月19日発売!

社内のビジネスメール教育にお役立てください!【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、同じ読みで意味が違う言葉についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法            < 言葉の違い(2)
◆─────────────────────────────────◆
                        「標記」と「表記」

今週は、間違いやすい同音異義語を挙げ、
意味や用法の違いを今一度確認していきたいと思います。

▼「標記」と「表記」
標記は「表題」を意味します。
例)標記の件について

メールでも本文で件名のことを指して
「標記の件についてですが・・・」と使います。

表記は、文字通り「書き表す」ことを指します。
例)仮名表記 正しい表記をお願いします。

ちなみに、広島には「石井表記」というプリント基板製造装置などを
製造する会社があります。

▼「標札」と「表札」
「標札」も「表札」も、基本的にその建物の門や入り口に掲げる札を
指すのですが

標札は、「文部科学省」とか「広島市役所」のように
官公庁の玄関や門に掲げたその建物の名称を表示したもの指します。

一方、表札は個人の家に掲げる、その居住者の名を記した札のことです。

ですから、官公庁の場合は「標札」あるいは「門標」と表記し、
「表札」とは表記しません。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

★ 1分でメールを返信するために、知っておくと便利なフレーズを網羅!

******************************************************************
神垣あゆみ 最新刊

メールは1分で返しなさい
メールは1分で返しなさい

******************************************************************

★8冊目の著書「迷わず書けるメール術」5月20日発売!

読んだら旅に出たくなる本「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」5月13日刊行
神垣が企画・編集を担当しました。

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。
ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中
「まぐまぐ大賞 2017」ジャンル別賞の知識・ノウハウ部門で5位に入賞しました!

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、同じ読みで意味が違う言葉についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法     < 言葉の違い
◆─────────────────────────────────◆
「用件」と「要件」

パソコンで文字を入力するのが習慣化すると、
画面に出てきた言葉をうのみにしてしまい、
同じ読みで意味が違う言葉を混同したり、間違ったまま使っていることが
少なくありません。

今週は、間違いやすい同音異義語を挙げ、
意味や用法の違いを今一度確認してみましょう。

▼「用件」と「要件」
用件は「用事、伝えるべき事柄」を意味します。
例)用件のみで失礼します。 どのようなご用件でしょうか。

要件は「必要な条件」を指します。
例)資格要件 要件を満たしている。

▼「要項」と「要綱」
要項は「必要な事柄」を意味します。
例)募集要項 実施要項は下記のとおりです。

要綱は「要約した大綱」を指します。
例)バリアフリー化推進要綱 取引要綱の改定

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
【 仕事美人のメール作法 】

「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で
【仕事美人のメール作法】が2位に入賞しました!

オンラインでできるビジネスメールの研修【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む