今週は、うっかり間違いやすい言葉についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法            < 間違いやすい言葉(5)
◆─────────────────────────────────◆
                          「精根」と「精魂」

今週は、思い込みやうろ覚えのまま使ってしまいがちな
間違いやすい言葉を取りあげてきました。

時機を得た措置 ×
時期を得た措置 ×
時宜を得た措置 ○

「時宜(じぎ)」とは、ちょうどよい頃合いのこと。
その時にふさわしい、という意味で使われます。
字のイメージからも「時機」や「時期」と混同しがちですが、
正しくは「時宜」です。

精根込める ×
精魂込める ○

精魂尽きる ×
精根尽きる ○

どちらも「せいこん」と読みますが、「精根」は心身の精力と根気。
「精魂」は文字通り、たましいとか精神を意味します。
込めるのは「精魂」。尽きるのは「精根」です。

論を待たない ×
論をまたない ○

「またない」の漢字は「俟たない」と書きます(常用外漢字)。
「俟つ」とは、期待したり、頼ることを意味します。
この場合、論じるのを待つのではなく、論を期待しない、
つまり、ことさら論ずるまでもないことを表します。

ちなみに、下記の一文も間違いやすいのでご注意を。

論議を醸す ×
物議を呼ぶ ×
物議を醸す ○

★8冊目の著書「迷わず書けるメール術」発売中!

読んだら旅に出たくなる本「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」
神垣が企画・編集を担当しました。

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。
ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中
「まぐまぐ大賞 2017」ジャンル別賞の知識・ノウハウ部門で5位に入賞しました!

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、うっかり間違いやすい言葉についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法             < 間違いやすい言葉
◆─────────────────────────────────◆
                    「極め付け」か「極め付き」か

思い込みやうろ覚えのまま、文字を入力してしまうことがあります。
パソコンで入力すると、それっぽい漢字や言葉に文字変換されるので、
気にも留めずそのまま使ってしまうことも多いです。
今週は、そんな間違えやすい言葉を取りあげていきたいと思います。

対応に遅れを取ってしまいました。 ×
対応に後れを取ってしまいました。 ○

「遅れ」は時間の早い・遅いを表すときに使い、
「後れ」は物事の後先を表すときに使用。
「後れを取る」とは、他に先んじられることを意味します。

極め付けの良書です。 ×
極め付きの良書です。 ○

本来は「極め付き」ですが、「極め付け」と混同して使われていること
が多いです。
「極め」とは、書画や刀剣にその価値を鑑定・証明する「極め書き」
「極札(きわめふだ)」のこと。
極めを付けることから転じ「定評があるもの、高い評価を受けている
もの」を「極め付き」と言います。

ですが、「極め」を「極み、極限」と捉え、
「その上、さらに」「挙句の果てに」という意味合いで使われて
いることが多く、次のような表現をよく目にします。
極め付きは豪華なお土産
散々だったうえ、極め付きに帰りは渋滞

剣もほろろな対応   ×
けんもほろろな対応  ○

「けん」は剣ではなく、本来の意味は雉(きじ)。
「ほろろ」はその鳴き声を指します。

「けん」を「慳貪(けんどん)」にかけ、頼みや相談などを冷淡に断る
さまを意味します。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

本でも、電子書籍でも、アプリでも!
お読みいただけます。

—————————————————
★『さらりと返せる、大人のメール表現334』Kindle版★
—————————————————

書籍は1337円ですが、Kindle版は972円です。
ぜひ、ご利用ください。

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

今週は、言葉についてのあれこれです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法            < 言葉の雑学(3)
◆─────────────────────────────────◆
                         間違いやすい表現

今週はいつものメール作法から少し離れて、言葉についての雑学を
あれこれ集めてご紹介しています。

今日は間違いやすい表現です。
歳末やお正月にちなんだ言葉で間違いやすいものを挙げてみました。

▼お歳暮
お歳暮のやりとりもひと段落したところでしょうか。
「お歳暮」とは年末の贈り物を指します。

ですから「お歳暮の贈り物」という表現は重言になります。
「お歳暮」または「年末の贈り物」と言います。

▼熱に・・・
インフルエンザが流行中。高熱に襲われたら「熱にうなされる」?
この場合「熱に浮かされる」が正しい表現。
悪い「夢にうなされる」ことはあっても、熱にはうなされません。

元旦
年賀状の最後に書き添える「元旦」。
「旦」は夜明けや朝を意味するので「元旦の夜に」とは言いません。
「一月一日の夜に」とします。

▼古式・・・
お正月の琴の音色。それを表して
「古式豊かに」としたいところですが、正しくは「古式ゆかしく」。
古来のやり方・風情を「ゆかしく」感じることから。

▼鏡開き
酒だるのふたを木づちで割る鏡開き。
このとき「鏡を割る」ではなく「鏡を抜く」と表現します。

鏡割りとも言いますが、「割る」を忌み言葉として
「開き」に言い換えているのです。

結婚式などの祝宴でも忌み言葉とされる「終わり」は使わず
「お開き」を使うことが多いですね。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

5月の「楽」が人気です。

******************************************************************
筆文字カレンダー2008 【 言の葉 】 ******************************************************************

購入したかたは、自分の誕生月がどんな字か
真っ先にチェックするみたいです。

 

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中
「まぐまぐ大賞 2017」ジャンル別賞の知識・ノウハウ部門で5位に入賞しました!

2018.01.26【仕事美人トーク・カフェ】スペシャル開催。ゲスト:木村タカヒロさん

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」絶賛発売中!

社内のビジネスメール教育にお役立てください!【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、読者のかたからいただいた質問にお答えします
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法   < 読者からの質問(4)
◆─────────────────────────────────◆
気になる言葉

<読者からの質問>————————————————

私が気になっている「間違えやすい使われ方のことば」のなかのひとつに
「悩ましい」があります。

本来は「色っぽい」とか「そそる」とか、
女性に対して男性から発せられる、
そういう言葉だったように思うのですが、どうなんでしょう?

テレビや年輩の上司や雑誌などでも目や耳にするようになってきたので
意味が変わったのか、もともとそれで正しいのかよくわかりません。

もうひとつ「確信犯」は未だに浸透しませんね。

間違っていても、大勢が使うようになれば正しいことになって
しまうのでしょうか?
仕方ないのですが割り切れないところもあります。

読者 C.S 様
——————————————————————

以前、「間違いやすい慣用句」のテーマでこのメルマガを書いたときに
いただいた質問です。

三省堂「大辞林」第二版によると…
「悩ましい」の意味として次の3つが記されています。

1)感覚に性的な刺激を受けて、心が落ち着かない。
2)気持ちがはれない。悩みが多い。
3)病気などで気分が悪い。

昔、「気絶するほど悩ましい」(阿久悠の作詞)という歌がありましたが、
歌のタイトルの「悩ましい」はまさにC.Sさんが書かれているのと同様で
1)の意味合いですよね。

このほかに 2)のような思い悩む状況を表すときにも「悩ましい」が
使われているようです。

「確信犯」は「道徳的・宗教的・政治的な信念に基づき、自らの行為を
正しいと信じてなされる犯罪」が本来の意味ですが
一方で「悪いことと知りながら犯罪を行う人(もしくはその行為)」
「結果を予想した上で計略を巡らす人」
という意味で使われている傾向があります。

取り違えた意味のまま浸透していく言葉があるのも否めませんが、
「これでいいの?」と疑問を持ち、言葉を見直してみることも大切
と感じます。

調べたり、話題として人に投げかけて一緒に考え、言葉への興味を持ち
続けていきたいものです。

11年前から配信中! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン
【 仕事美人のメール作法 】

オンラインでできるビジネスメールの研修
【 仕事美人のメール研修 】

楽天kobo版の電子書籍が出ました!
メールは1分で返しなさい!【電子書籍】[ 楽天kobo版 ]

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

仕事実績、著書、お問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、慣用句の誤用についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法       < 間違いやすい慣用句(2)
◆─────────────────────────────────◆
その他の誤用

昨日に引き続き、文化庁発表の2006年度「国語に関する世論調査」から、
慣用句などの誤用の実態調査にあった事例を紹介します。

次の例文に使われている慣用句の意味、あなたはどちらだと思いますか?

1)「その人は気が置けない人ですね。」の「気が置けない」
A)相手に気配りや遠慮をしなくてよいこと
B)相手に気配りや遠慮をしなくてはならないこと

2)「彼はやおら立ち上がった」の「やおら」
A)急に、いきなり
B)ゆっくりと

本来の意味は

1)気が置けない = A)相手に気配りや遠慮をしなくてよいこと

2)やおら = B)ゆっくりと

です。

調査の結果では、
「気が置けない」は48.2%の人が反対の意味のほうを(本来の意味で捉え
ていた人は 42.4%)、
「やおら」の意味も43.7%の人が反対のほうの意味(本来の意味で捉えて
いた人は 40.5%)で理解していたという数値が出ており、取り違えてい
た人がいずれの場合も若干多くなっています。

▼ 知っておいていい“本来の意味”
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
昨日、今日と例に挙げた慣用句は、日常生活、特にメールなどの書き言葉
で使うことは、実際のところあまりありません。

言葉は生き物、時代とともに意味や解釈も変わっていくという意見もあり
ますが、“本来の意味”は知っておいて損はないとも思います。

私自身もそうでしたが、意味を取り違えて使っていても、
「あれ? 本当はこういう意味なのか」と気づくきっかけがあれば、
言葉を見直し、意味を改めて調べることで語彙を増やすことができるので
はないでしょうか。言葉ってそうやって蓄積していくものように思います。

※参考 文化庁 平成18年度「国語に関する世論調査」の結果について
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/yoronchousa/h18/kekka.html

記事全文を読む

不定期の週末特別企画です。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法    < 間違いやすい言葉講座(4)
◆─────────────────────────────────◆
               「じ」「ぢ」、「ず」「づ」の使い分け

 メルマガやブログでよく目にする間違いに「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」
 の混同があります。メールでも果たしてどちらを使うべきか迷ったり、間
 違ったまま使用している場合があります。

 「じ」「ぢ」、「ず」「づ」の使い分けで間違いやすいものを挙げてみま
 しょう。

 ●「ずつ」 
 ×「づつ」
   例)少しずつ、一人ずつ

 ●「うなずく」「つまずく」「ひざまずく」
 ×「うなづく」「つまづく」「ひざまづく」

 ●「こぢんまり」
 ×「こじんまり」
  ※「小ぢんまり」とも。二つの語が連なっているため「ぢ」と表記

 ●「づくし」と「ずくめ」
  「づくし」=「尽くし」 列挙を意味する。   例) 牡蠣づくしのお膳、ないないづくし

  「ずくめ」 その物や事ばかり   例) 黒ずくめの服装、規則ずくめの会社

  ※「腕ずく」「納得ずく」も「ず」と表記

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
【 仕事美人のメール作法 】

「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で
【仕事美人のメール作法】が2位に入賞しました!

オンラインでできるビジネスメールの研修【 仕事美人のメール研修 】

2017年1月18日まで、Kindle版が半額キャンペーン実施中!

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

カミガキのフェイスブック

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む