今週は、相手に確実にメールを読んでもらう工夫についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法      < 読んでもらう工夫(3)
◆─────────────────────────────────◆
                       休み明けの送信を避ける

 相手に確実に自分のメールを読んでもらうには、
 件名を目立たせる工夫のほかに、
 送信するタイミングもあなどれません。

 最も避けたいのが、休み明け。
 月曜の朝や連休明けの朝です。

 休みの間に送信されたメール(迷惑メールも含む)が
 たまっているので、受信する側は注意がそれ、
 通常のメールでさえ見落としやすくなっています。

 休み明けのメール受信は、いわば、渋滞状態。
 大事な用件を伝えるなら、
 メールが集中する渋滞時期をはずすか、
 メール以外の伝達方法をとるのが無難でしょう。

 このメルマガも、月曜から金曜の5日間の配信のうち、
 月曜日は読者からの反応が一番少ないです。

 私自身も休み明けの朝はばたついていることが多いので、
 読者の皆さんも似たような状況なのかも…と想像しています。

 送信したのに読んでもらっていなかった
 という状況を避けるためにも
 送信するタイミングを見計らうことが大切です。

記事全文を読む