ビジネスメールを書くときのコツを7000人以上が愛読。
2005年から配信してい る無料メールマガジン
【仕事のメール心得帖】登録はこちらから

今週は、漢字表記とひらがな表記の違いと区別についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法  < 漢字とひらがなの使い分け(2)
◆─────────────────────────────────◆
大事なのは表記の統一

漢字表記にするか、ひらがな表記にするか。

結論から言うと
どちらでもいいのです。

一般的に
難しい漢字を使わず、ひらがなで表記したり、
わかりやすく言いかえたりする傾向にあるので、

今後もメールに限らず、
比較的、漢字表記が多いと思われる社内文書や通達文も
ひらがなが占める割合が増えていくでしょう。

ただ、そこで気をつけなければならないのが
同じ文書の中で、表記を統一する
ということです。

例えば
「宜しく」と「よろしく」という表記を
同じ文書の中で混在させず
どちらかに統一します。

これはひらがなで書いた方が適切だと
自分で判断したならば
同じ文書内でそれを徹底させることです。

ビジネスメールなどによく見られるのが
「できる」と「出来る」の混在
「お礼」と「御礼」の混在
「~すること」と「~する事」の混在
「~のため」と「~の為」の混在
「~のように」と「~の様に」の混在

などです。

注意したいのが、
自分では無意識のまま
パソコンの文字変換に任せて入力しているケース。

自分で表記の統一を意識しておかないと
上記のような混在が起こりがちです。

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

iv>

記事全文を読む