今週は、間違いやすい敬語の使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法  < 敬語の勘違い
◆─────────────────────────────────◆
謙譲の「ご~して」

今週は、間違えて使いやすい敬語表現について取り上げます。

「ご安心してお使いください」

上記の一文は、謙譲表現の「ご~する」を相手に用いている例です。

言いたいことは「安心して使ってください」ということですから
「お使いください」の
「お~ください」は相手を敬う尊敬表現として適切です。

ですが、「ご安心して」の「ご~して」は
本来、自分の行為に付けて相手を敬う謙譲表現なので
相手の行為に用いるのは適切ではありません。

※謙譲の「ご~する」の使用例
「○○についてご説明します」
「会場にご案内します」

ですから、この場合

「安心してお使いください」

と、「安心」の前に「ご」を付けなくても失礼にはなりません。
同じ意味合いを伝える表現としては

「どうぞ、お気になさらずお使いください」

という書き方もできます。
(「お気になさらず」は「気にしないで」の尊敬表現)