ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

ビジネスメールを書くときのコツを7000人以上が愛読。
2005年から配信してい る無料メールマガジン
【仕事のメール心得帖】登録はこちらから

今週は、うっかりタイプミスしやすい言葉を取り上げます。
◆─────────────────────────────────◆
  仕 事 の メ ー ル 作 法              < 間違いやすい言葉 >
◆─────────────────────────────────◆
                                                                                                  「申し分けない」?

パソコンや携帯電話が普及して
手書きの文字を書く、手で辞書を引く
という経験が激しく減少しています。

わが子を見ていても
まだ、文字は手書きしていますが、

自ら辞書を引く、百科事典で調べる
という行為は、自分の子供のころに比べて
ずいぶん減ってきていると感じます。

手書きでは書けない難しい文字が書け、
読めない漢字もコピー&ペーストでそれらしく使ってしまえる
のがパソコンでの文書作成の長所でもあり、短所でもあります。

パソコンの文字変換機能に頼ってしまうと
文字の間違いを見過ごしてしまいがちです。

今週は、そんな打ち間違いや勘違いしやすい言葉を
取り上げていきたいと思います。

例えば・・・
「完璧」と「完壁」
「弊社」と「幣社」
「曖昧」と「曖味」

などは、文字が似ているために手書きで間違いやすい表記です。
ですが、パソコンではきちんと変換されるので
間違うことはほとんどありません。

でも、
「申し訳ない」を「申し分けない」に誤変換してしまうことはあります。

一度に「もうしわけ」と入力せず、
「もうし」「わけ」と区切ってしまったような場合に発生するミスです。

「申し訳」の本来の意味を知らなければ、見過ごしてしまうでしょう。

※参考 

こうしたちょっとしたことで変換ミスに気づかず
やり過ごすこともあるので、注意が必要です。

*****

ここからは余談です。個人的な感想ですが…

基本的に、手で書かなければ
漢字も言葉も脳に定着していかないと思っています。

生まれた時からパソコンがや携帯があり
キーボードで文字を入力することが当たり前になっている
わが子を見ていて
「これでいいのか」と不安になります。

語彙力をつけていくうえで
本を読む、手で辞書を引く、手で書く
という行為は省略できない三大要素と思うからです。

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

記事全文を読む