ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

ビジネスメールを書くときのコツを7000人以上が愛読。
2005年から配信してい る無料メールマガジン
【仕事のメール心得帖】登録はこちらから

今週は、過剰に使いすぎている敬語について取りあげます。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 の メ ー ル 作 法               < 過度の敬語(3)
◆─────────────────────────────────◆
                  「~させていただきます」に注意!

「添付の資料について、ご説明させていただきます」

上記の「ご説明させていただきます」の
「~させていただきます」はNGな敬語として
これまで、当メールマガジンで何度も取り上げてきました。

相手に許可を得て行動したり、
それにより自分が恩恵を受ける気持ちがあったりするわけでなければ
「~させていただきます」を使わなくても、
「~いたします」として差し支えありません。
この場合は、添付した資料について自分から説明するので

「添付の資料について、ご説明いたします」

です。
相手が社内の人であれば

「添付の資料について、説明します」

として十分です。

私見ですが、「~させていただきます」のまん延は
テレビやラジオの影響が大きいのではないでしょうか。

テレビ番組やラジオ番組で
パーソナリティーやアナウンサー、タレントの多くが
「~させていただきます」をやたらと使っています。

話し言葉は聞き流して終わりですが
何度も耳にする機会があれば、
文章を書くときにも影響を受けてしまいます。

日常生活で話し言葉と書き言葉の違いを意識することも
必要に思うのです。

▼「~させていただきます」についてのバックナンバー

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

入社後のメール対応で困ったら…

 

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】


記事全文を読む

今週は、過剰に使いすぎている敬語について取りあげます。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法    < 過度の敬語(2)
◆─────────────────────────────────◆
二重敬語に注意!

「常務は昨日、本社にお帰りになられました」

上記の「お帰りになられる」は
「帰る」の尊敬語「帰られる」と、
尊敬の「お~になる」が重ねて使われている
二重敬語です。

この場合の尊敬表現は
「お帰りになる」か「帰られる」のどちらか一方とすればよく
下記のように表現します。

「常務は昨日、本社にお帰りになりました」
「常務は昨日、本社に帰られました」

同様の二重敬語の間違いとしては
「ご覧になられる」
があります。

見るの尊敬語「ご覧になる」と
尊敬の「~られる」を二重に使用したもので

正しくは「ご覧になる」です。

× このWebサイトを初めてご覧になられる方へ
○ このWebサイトを初めてご覧になる方へ

そのほかにも
「おっしゃられる」 →「おっしゃる」
「おいでになられる」→「おいでになる」
「お越しになられる」→「お越しになる」
なども注意しましょう。

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

ビジネスメールを書くときのコツを7000人以上が愛読。
2005年から配信してい る無料メールマガジン
【仕事のメール心得帖】登録はこちらから

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む
ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

ビジネスメールを書くときのコツを7000人以上が愛読。
2005年から配信してい る無料メールマガジン
【仕事のメール心得帖】登録はこちらから

今週は、過剰に使いすぎている敬語について取りあげます。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 ‎Begin の メ ー ル 作 法    < 過度の敬語
◆─────────────────────────────────◆
敬語の使いすぎに注意!

敬語は、数多く使うほど丁寧になると思いこんでいませんか?

一文に幾つも「お」や「ご」を使ったり、
「ご覧になられる」のように敬語を二重に使ってしまったり、
というケースをビジネスメールでもよく目にします。

ビジネスメールは用件を簡潔にまとめ、
相手に伝達するのが目的のツールなので、

「です」「ます」調の敬体での表記を基本に
相手に失礼のない言葉づかいで書かれていればよく
敬語を詰め込めばよいというものではありません。

例えば
「部長がご出席になられた前回の会議」という一文は
「部長が出席された前回の会議」
として、相手に失礼にはなりません。

敬語を使いすぎて慇懃無礼な印象を与えるより
すっきりと簡素化した文を目指しましょう。

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 か ら の お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

研修出版発行の月刊誌「OLマニュアル」4月号にて
『仕事で成功するための「Eメール」必勝テクニック』
という記事で紹介されました。

年間購読の雑誌ですが
オフィスで役立つ幅広い情報が満載でおススメです!

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

記事全文を読む
今週は、読者のかたからいただいた質問にお答えします
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法    < 読者からの質問(4)
◆─────────────────────────────────◆
                       「ご無理」は正しい?

 <読者からの質問>————————————————

 「ご無理を申しあげます」のように
 「無理」の前に「ご」を使うのは正しいのでしょうか?
                (読者 R.K 様)
 ——————————————————————

 「無理を言う」というのは
 自分から相手に対する行為です。

 自分の動作やものごとが「向かう先(つまり、相手)」を
 立てる場合は、謙譲の「ご」や「お」を付けます。

 この場合も「無理を言う」のは自分で
 その行為が向かう相手を立てるので
 「ご無理」として問題ありません。

 ただし、
 「それはご無理です」
 という表現は間違っています。

 自分側の動作やものごとで、
 相手側や第三者に直接かかわらない場合には
 「ご」や「お」を付けないからです

 例)「私のご理解」「私のお考え」

記事全文を読む

今週は、読者のかたからいただいた質問にお答えします
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 の メ ー ル 作 法             < 読者からの質問(3)
◆─────────────────────────────────◆
                       「標題」か「表題」か?

<読者からの質問>————————————————

仕事でメールを書いていてふと気になったことがあったので、
神垣さんにお聞きしようと思い、メールを書きました。

「標題」「表題」をどのように使い分けるのか、気になっています。

仕事のメールで、メールの件名を指すときの表現で
「ヒョウ題の件について」と書くことがあるのですが、

このときの「ヒョウ題」は「表題」? 「標題」?
どちらにすべきなのでしょうか。

(中略)

メールの件名を指すのは、どちらが正しいのでしょうか?

(読者 M.T 様)
——————————————————————

M.Tさんの勤務先では
「表題」「標題」どちらも使われていて
統一されていないとのこと。

また、M.Tさん自身もいろいろ調べたところ
結論が出なかったということで質問をいただきました。

朝日新聞の「用語の手引き」では
「標題」は「標題音楽」と使う場合を除いては
「表題」に表記が統一されています。

共同通信社の「記者ハンドブック」でも
「標題」は特別用語として挙げられており、

書名や演説などの題目という意味合の
一般用語としては、「表題」としています。

ですから、メールの件名を指す場合も
「表題」としてよいと思います。

ちなみに、同じ意味合いでも
「ヒョウキ」と表現する場合は
「標記」とするのが一般的です。

▼参考バックナンバー
「標記」と「表記」< 言葉の違い(2)>VOL.1038

「標記」か「表題」か< 読者からの質問 >VOL.1061

ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

ビジネスメールを書くときのコツを7000人以上が愛読。
2005年から配信してい る無料メールマガジン
【仕事のメール心得帖】登録はこちらから

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

今週は、読者のかたからいただいた質問にお答えします
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 ‎の メ ー ル 作 法                    < 読者からの質問(2)
◆─────────────────────────────────◆
                             招集メール

<読者からの質問>————————————————

社内の人に招集メールを送ることが多いのですが、
以下の文章について、どのように思いますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下のとおり打ち合わせを行いますので
お集まりいただきたく、よろしくお願いいたします。

日時   ◯月×日(火) 15時~16時
場所   第1会議室

以上、よろしくお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~いただきたく。で終わってしまうと、中途半端で失礼な印象、
とのことなので“よろしくお願いいたします”をつけているのですが
いかがなものかと思います。

また、以下・以上が短いメールの中にあるのは
あまりよろしくないでしょうか?
よろしくお願いします、も続いています・・・。

秘書の仕事をしているため、上司からの指示で目上の方への招集が多く、
素敵な印象のメールが送れたらいいな、と思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下のとおり打ち合わせを行いますので
お集まりいただけますでしょうか?

日時   ◯月×日(火) 15時~16時
場所   第1会議室

以上、よろしくお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このほうが、スッキリしていますか?
一度悩みだすと、止まりません。どうかこの疑問をすっきりさせる
ご回答、どうぞよろしくお願いいたします。
(読者 Y.K 様)
——————————————————————

Y.Kさんが書き直した2つめの文例の方が
最初の文例よりすっきりとして、いい感じです。

ただ、「お集まりいただけますでしょうか?」
はこの状況で使うには、少し丁寧すぎる気がします。

この場合、社内で仕事の打ち合わせの召集であれば
「お集まりください」
と端的に表現してもよいと思います。

それが素っ気なく感じられるようでしたら
「ご出席(参加)お願いします」
と表現してもよいでしょう。

「~いただけますでしょうか?」は
社外の相手に頼みごとをするようなときに
使うと好印象を与えると思います。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

白地に赤が効いた表紙のデザインが好評です!

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で2位に入賞しました!

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」2017年5月19日発売!

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む