ビジネスメールを書くときのコツを7000人以上が愛読。
2005年から配信してい る無料メールマガジン
【仕事のメール心得帖】登録はこちらから

今週は、メールの数字表記についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法        < メールの数字
◆─────────────────────────────────◆
日付けの表記

メールでの数字の表記については、以前に取り上げたことがあるのですが

※ 参照 <数字の書き方>((1)~(5)が逆に表示されています)

今一度、メールの数字表記について考えていきたいと思います。

メールは横書きなので、基本的にはメールに書く数字も
算用数字が基本となります。

例えば…
世紀、暦年、日付、時間は下記のように算用数字で表記しますね。

21世紀 平成23年 2011年
9月5日 365日
9時30分 9:30

これはご覧の通り「二十一世紀」「九月五日」のように
漢数字で表記するより、横書きのメールでは算用数字の方が
圧倒的に読みやすく、分かりやすいからです。

ですが、漢数字でしか表せない言葉もあります。

一日中、一両日、一日駅長、二日酔い
三日坊主、四十九日の法要

慣用的に使われる“熟した言葉”と言われるものです。

このように算用数字では表記できない言葉があることも
知っておきましょう。

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

記事全文を読む