今週は、メールの数字表記についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 の メ ー ル 作 法             < メールの数字(2)
◆─────────────────────────────────◆
                            月数の表記

年数を表記する時もメールでは
10年 20年 30年
と算用数字を用います。

では、月数は?

「1かげつ」とパソコンに入力すると
数字が全角の
「1か月」「1カ月」「1ヵ月」「1ヶ月」「1ケ月」「1箇月」「1個月」
次に、数字が半角の
「1か月」「1カ月」「1ヵ月」「1ヶ月」「1ケ月」「1箇月」「1個月」
が変換候補として挙がります。

数字を全角にするか、半角にするか。
これは、どちらでもよいのですが、メール文中で全角と半角が混在しないよう
どちらかに統一しましょう。

次に「か」の表記ですが
新聞では、カタカナの「カ」が統一表記となっています。

一方、講談社校閲局編の「日本語の正しい表記と用語の辞典」では
小文字の「ヵ」となっています。

これも、どれが正しいということではなく
一つのメール文の中で同じ表記に統一されていることがポイントです。

ちなみに私は、新聞表記に準じて「1カ月」(半角数字・カタカナのカ)
で統一するようにしています。

月数を「ひとつき」「ふたつき」と表記する場合
漢数字の「一月」「二月」を用いても
算用数字で「1月」「2月」と書いて
「ひとつき」「ふたつき」と読むことにしてもよいのですが、
算用数字の場合、
「1月(いちがつ)」「2月(にがつ)」との区別がつきにくい
難点があります。

そのため、区別をつけやすくするために
「1カ月」「2カ月」と表記することをお勧めします。

私は「ひと月」「ふた月」と敢えてひらがな表記にして、
ひと目で読めるようにすることもあります。

「五月病」のような慣用的な言葉は漢数字で表記することを
覚えておきましょう。

<追記>

「三が日」「百か日」の「が」「か」も
平仮名書きです。

※参考
記者ハンドブック 第14版: 新聞用字用語集

日本語の正しい表記と用語の辞典 第三版

 
ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で2位に入賞しました!

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」2017年5月19日発売!

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む