今週は、メールの数字表記についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法     < メールの数字(3)
◆─────────────────────────────────◆
                           人数の表記

 メールで「数」として人数を表記する場合は
  1人 2人 3人
  10人 23人 35人
  100人 150人
 と算用数字を用います。

 ただ、「ひとり」については
 「一人」「独り」と漢字で表記する場合もあります。

・「1人だけ」に重点を置く語は「一人」を使用。
 「一人ずつ」「一人っ子」「一人息子」「一人娘」「一人勝ち」

・単独、独占、独断の意味合いがある場合は「独り」を使用。
 「独り言」「独り占め」「独り身」「独り合点」「独りよがり」

 次の言葉は、漢字の違いで意味が変わってきます。
 
 ひとりあるき
 「一人歩き」=一人で歩くこと 例)一人歩きは危険だ
 「独り歩き」=勝手に動くこと 例)言葉の独り歩き

 ひとりぐらし(ずまい)
 「一人暮らし(住まい)」=人数としての1人
              例)気楽な一人暮らし
 「独り暮らし(住まい)」=孤独なという意味を持つ場合
              例)独り暮らしの老人対策

 「ひとりひとり」という時は
 新聞表記では「一人一人」と漢数字の表記に統一されていますが
 文面によっては「一人ひとり」とすることもあります。

 このほか、慣用的に人数を表す次のような言葉は
 算用数字ではなく漢数字を用います。
 「二人三脚」「三者三様」「十人十色」「十人並み」「百人力」

記事全文を読む