今週は、相手からメールの返信がない時の対処法についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法   < メールの返信がない時(4)
◆─────────────────────────────────◆
返信を促す文面に

相手が自分からのメールを読んで
「べつに返信するまでもない」と
読み流される内容になってはいませんか?

昨日は、そう書いて終わりました

相手に「返信」というアクションを起こさせる
文面になっていないと、あなたのメールは読み流されて
終わりです。

自分の用件を伝えるだけなら、それでよいとしても
伝えた用件に対する、相手からの返事や意見、反応がほしい時は
その旨を書いて伝えなければ、返信はありません。

返信がないことに不安を募らせ、おろおろする前に
自分が送ったメールが、相手からの「返信を促す」文面になっているか
確かめてみましょう。

「いつでもいいのでご回答ください」
「急ぎませんので、お手すきの時にでも」
こういった文面は、読み流されやすい典型的な例。

「何について」「いつまでに」返信がほしいのか
を明記することが大切です。

逆に、そこまで求めていないのなら
相手の返信がないことを気に病まないことです。

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む